漢方薬で冷え性を改善したい!体質に合うものはどうやって探す?

冷え性は手足の末端といった体の一部や全身の温度が下がり、体が冷たく感じる症状です。このような症状は女性の多いと言われており、2018年に江崎グリコ株式会社が実施した「冷え性に関する調査」によると、女性の約70%が冷え性だと自覚していることがわかっています。

冷え性が原因で仕事や家事に集中できないと感じている女性も多いものの、3人に1人が治療していないのが現状です。冷え性の改善に効果が期待できる方法はさまざまですが、薬を使った治療も検討してみてはいかがでしょうか。例えば一部の漢方薬には、冷え性を改善する効果が期待できる成分が配合されています。

冷え性の原因は何?

一言で冷え性を表しても、その原因は人によってさまざまです。例えば内臓の冷え、寝不足や自律神経の乱れなど多岐に渡ります。まずは冷え性の原因を探り、自分がどのタイプであるかを把握しましょう。

日常生活に冷え性の原因が潜んでいる

冷え性の原因は遺伝といった体質だけでなく、環境や食事といった生活環境にも原因があると考えられています。

例えばストレス社会と戦う現代人にとって、日常生活におけるさまざまなストレスは冷え性の原因となり得ると言えるでしょう。その他には、以下のような生活習慣が冷え性の原因だと考えられています。

  • 栄養バランスが偏った食生活
  • 体をきつく締める下着や洋服
  • 効き過ぎる冷房
  • 女性ホルモンの乱れ

このように、私たちの身近には冷え性の原因が数多く潜んでいます。改善しないと血行不良や自律神経の乱れに繋がり、最終的には冷え性となってしまいます。思い当たる項目がある人は、日常生活が冷え性を引き起こしている可能性が考えられます。

冷え性を改善するためには

冷え性の原因はさまざまで、人によって異なります。冷え性を改善するためには温かい飲み物や食べ物を積極的に摂取したり、運動で体を温めるのが有効だと言われています。この他には、以下の項目が冷え性の改善に繋がると考えられています。

  • 入浴による血行促進
  • 温熱シートやカイロで体を保温
  • ストレスを溜めない

冷え性を悪化させないためにも、ショウガやネギ、根菜をたっぷり使ったメニューを摂り入れたり、ウォーキングやストレッチで体を温めるといったことを日々心がけることが大切です。

冷え性に漢方薬が良い理由

栄養バランスが偏った食生活が原因の場合は十全大補湯、ストレスが原因の場合は半夏厚朴湯など、体質や原因に合わせて漢方薬を選ぶことが大切です。自分の体質や冷え性の原因に合った漢方薬がわからない場合、薬剤師に相談すると良いでしょう。

薬に対する知識が豊富な薬剤師に相談すると、一人ひとりの悩みや症状に合った漢方薬を勧めてくれるので安心です。

健康日本堂調剤薬局赤坂店の取り組み

健康日本堂調剤薬局では冷え性をはじめとした女性の悩みに対して、漢方薬でのアプローチを提案してくれます。

さまざまな生薬の組み合わせによって、その人の体質に適した漢方を処方しています。

また、カウンセリング専用のカウンターを設置しており、普段飲んでいる薬のことや体の悩みの相談も可能です。

冷え性で代表的な漢方薬

健康日本堂調剤薬局赤坂店で取り扱う女性の冷え性に効果的な漢方の一つに当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)があります。

冷え性の中でも体の水分量のバランスが崩れ、水分がたまってしまう「水毒」、血の巡りが悪くなり、熱が運ばれにくくなる「お血」を改善するのに効果的な漢方です。

健康日本堂調剤薬局の詳細

健康日本堂調剤薬局は、東京都港区赤坂にある薬局です。忙しい現代人の悩みに寄り添い、待ち時間ゼロを目指しています。

処方箋の受付だけでなく、一部の医療用医薬品を処方箋なしで購入できる零売や漢方薬の販売も行っています。スタッフは全員女性であるため、気軽に相談しやすい環境です。

  • 住所:東京都港区赤坂3-14-3 渡林赤坂ビル1階
  • TEL:0120-060-203
  • FAX:03-5797-8713
  • 営業日・時間:月~金9:00〜20:00 / 土:9:00~17:00
  • 定休日:日・祝
  • アクセス:東京メトロ千代田線「赤坂駅」から徒歩2分 Google Ma