病院で処方されるドレニゾンテープは通販で購入可能?

火傷によるケロイドやアトピー性皮膚炎でお悩みの方は、ドレニゾンテープを 病院で処方してもらい、常用している人も多いのではないでしょうか。

しかし、仕事が忙しいと医療機関をなかなか受診できず、症状が現れた時に使用できない可能性も考えられます。この記事ではドレニゾンテープを通販できるのか、通販以外で手に入れる方法について解説していきます。

ドレニゾンテープはどんな医薬品?

ドレニゾンテープは、湿疹や肥厚性瘢痕、ケロイドなどの皮膚の炎症の治療薬です。 抗炎症作用があるステロイドが配合されているため、皮膚の表面で起こった炎症を鎮める効果が期待できます。テープ部分は透明で皮膚によく付着し、剥がれにくく目立ちにくいので日常生活でも使用しやすいことが特徴です。

ドレニゾンテープはネットでの通販を行っていない

これまでに医療用医薬品のドレニゾンテープを使用している場合、通販でも同じものを購入できればよいですが、ドレニゾンテープは医療用医薬品であるため、医療機関の受診が原則です。

ドレニゾンテープといったステロイド薬は、以下のように効果の強さに応じて5段階に分類されています。

分類ウィークマイルドストロングベリーストロングストロンゲスト
効果の強さ弱いおだやか強い非常に強い最も強い

このうち、OTC医薬品としてドラッグストアで販売されていたり、通販で購入が可能なものはウィークからストロングまでの3種類です。ただし、ドレニゾンテープについてはストロングに分類されているものの、OTC医薬品として販売されていないのが現状です。

また、ステロイドは高い効果が期待できる反面、副作用のリスクも存在します。そのため、医師や薬剤師の判断を仰ぎ、適切に使用するようにしましょう。

どうしても病院に行けない場合は処方箋がなくても購入することは可能

ドレニゾンテープは原則として通販で購入はできませんが、どうしても病院で処方されたものが使いたいという場合、「零売」という方法なら医師の処方箋なしで購入することが可能です。

零売は分割販売とも呼ばれ、自分の症状が把握できている場合、医薬品の専門家である薬剤師がカウンセリングをしたうえで、必要最低限の医療用医薬品を処方箋なしで販売することができます。
零売に関する販売ルールなどの詳しい解説は 「零売」の基礎知識|購入可能な医薬品や販売時のルールについて解説をご覧ください。

ただし、病院への受診が大前提であり、けっして病院に行く必要がなくなっているわけではありません。

ドレニゾンテープの零売をおこなう健康日本堂調剤薬局赤坂店

健康日本堂調剤薬局赤坂店では、購入者に「零売を正しく認識していただく」、「医薬品を安心して服用していただく」ために、次のことを実践しています。

  • 医療機関への受診を推奨している
  • 使用は本人のみとしている
  • お薬によってご購入できる量を制限させていただくことがある。
  • ほかに飲んでいるお薬があるかなどカウンセリングを行っている。
  • 定められた用法用量を守っていただくようお薬の説明を行っている。

健康日本堂調剤薬局 赤坂店の基本情報

  • 住所:東京都港区赤坂3-14-3 渡林赤坂ビル1階
  • TEL:03-5797-8712
  • FAX:03-5797-8713
  • 営業日・時間:月~金9:00〜20:00 / 土:9:00~17:00
  • 定休日:日・祝

中見出し:専用アプリ「速薬」を使えば店頭受取りがもっと便利に

専用アプリ「速薬(そくやく)」なら、オンラインで予約から決済までが可能です。 また、受け取り時間を指定することができるので、医薬品の受け取りをスムーズに行うことが可能です。