病院で受診されているゲンタシン軟膏は通販で購入することはできる?

季節の変わり目による肌荒れや切り傷、擦り傷といった皮膚トラブルに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ゲンタシン軟膏はさまざまな皮膚症状を緩和してくれるため、常備したいと考える人も多いことでしょう。

ゲンタシンには患部に塗りやすく、ベタつきにくいクリームタイプもある一方で、軟膏は汗に流れにくいことが特徴です。ゲンタシン軟膏は医師による処方箋の発行が原則であるため、医療機関を受診しなければなりません。

しかし、仕事の影響で医療機関の受付時間内に間に合わないケースも考えられます。このような時でも「零売」を利用すると、処方箋がなくても購入することが可能です。

ゲンタシン軟膏はドラッグストアや通販で購入できない

風邪薬や漢方薬といった一部の医薬品はOTC医薬品として認可され、ドラッグストアや通販で手軽に購入できます。しかし、ゲンタシン軟膏はドラッグストアや通販で購入できないのが現状です。

通販が可能なのは類似医薬品のみ

PL顆粒やオイラックス軟膏といった薬はOTC医薬品として認可されている一方で、ゲンタシン軟膏はOTC医薬品として認可されていません。

類似薬としてはクロマイ−N軟膏、ベトネベートN軟膏AS、フルコートfなどは通販で購入可能ですが、成分量や効能効果が異なるため、病院で処方されたゲンタシン軟膏が欲しい場合、医療機関の受診が原則となります。

ゲンタシン軟膏は処方箋なしで購入することは可能

ゲンタシン軟膏は医療用医薬品のため、医療機関の受診が原則です。しかし、忙しく働くビジネスマンにとっては病院での受診が難しいという声も少なくありません。

そういった方のために一部の医療用医薬品を処方箋がなくても購入する「零売」という販売方法が存在します。

零売とは

零売とは医療用医薬品を処方箋なしに、容器から取り出して必要量だけ購入することが可能で、分割販売とも呼ばれています。ただし、すべての医療用医薬品が購入可能なわけではなく、「購入者本人の使用目的のみ販売可能」など条件を満たす必要があります。

零売についての詳しい詳細な購入可能な医薬品については「零売」の基礎知識|購入可能な医薬品や販売時のルールについて解説で紹介しています。

東京都内で零売を行う健康日本堂調剤薬局赤坂点

2019年6月に赤坂に第1号店をオープンさせた「健康日本堂調剤薬局」は、現代人のライフスタイルに合わせた新しいスタイルの薬局として注目を集めています。 また、健康日本堂調剤薬局赤坂店では、購入者に「零売を正しく認識していただく」、「医薬品を安心して服用していただく」ために、次のことを実践しています。

  • 医療機関への受診を推奨している
  • 使用は本人のみとしている
  • お薬によってご購入できる量を制限させていただくことがある。
  • ほかに飲んでいるお薬があるかなどカウンセリングを行っている。
  • 定められた用法用量を守っていただくようお薬の説明を行っている。

健康日本堂調剤薬局赤坂店の取り組み

健康日本堂調剤薬局は、零売はもちろん、全国処方箋受付、漢方薬の調剤、サプリメントの販売と、医薬品に関するさまざまなニーズにワンストップで対応できるようになっています。このような薬局は全国的にも珍しいといえます。

また、医薬品の専門家である薬剤師が、さまざまな相談に応じています。「処方された医薬品についてくわしく知りたい」「効き目が強い」「効き目が弱い」「副作用が心配」「飲み合わせが心配」など、医師に直接聞きにくいことでも、薬剤師であれば聞きやすいこともあるでしょう。

なお、相談をしたり、医薬品を購入するときは、お薬手帳を用意しておくとスムーズです。

健康日本堂調剤薬局赤坂店の詳細

  • 住所:東京都港区赤坂3-14-3 渡林赤坂ビル1階
  • TEL:0120-060-203
  • FAX:03-5797-8713
  • 営業日・時間:月~金9:00〜20:00 / 土:9:00~17:00
  • 定休日:日・祝
  • アクセス:東京メトロ千代田線「赤坂駅」から徒歩2分 Google Map

アプリ「速薬」を使えば店頭受取りがもっと便利に

専用アプリ「速薬(そくやく)」なら、オンラインで予約から決済までが可能です。 また、受け取り時間を指定することができるので、医薬品の受け取りをスムーズに行うことが可能です。