通販で医療用のアレグラは購入可能?処方箋がなくても購入可能な霊媒についても解説

2014年に環境省が公表した「花粉症環境保健マニュアル2014」によると、全国で4人に1人が花粉症であることがわかっています。花粉症シーズンになるとくしゃみや鼻水といった症状によって日常生活に影響が出やすいため、多くの人が医療機関を訪れています。

そのため、仕事が忙しい人は「なかなか病院に行く時間が取れない」という悩みを抱えています。 ただし、医療機関で処方されるアレグラは受診が原則であるため、ドラッグストアや通販では購入できないのが現状です。

通販で購入できるアレグラはOTC医薬品に限られる

アレグラをはじめ、一般的にドラッグストアや通販で購入できるのはOTC医薬品に分類されています。一方で、医療機関で処方されるアレグラは医療用医薬品に分類されています。

アレグラの分類による違い

OTC医薬品とは、病院やクリニックを受診しなくてもドラッグストアや通販で購入できる医薬品のことを指しています。要指導医薬品と一般用医薬品の2種類に分類されており、アレグラは一般用医薬品に分類されています。

一方の医療用医薬品とは医療機関を受診し、医師による処方箋の発行を必要とする医薬品のことを指しています。処方箋をもとに薬剤師が調剤し、医療機関または保険薬局で受け取れます。

分類効能効果
OTC医薬品のアレグラ・くしゃみや鼻水といった花粉症をはじめとするアレルギー症状の緩和・ハウスダストによるアレルギー症状の緩和
医療用医薬品のアレグラ・花粉症をはじめとするアレルギー症状の緩和・蕁麻疹や皮膚炎による痒みの軽減

アレグラの効能効果による違い

アレグラの場合、OTC医薬品と医療用医薬品のどちらも配合されている成分量は変わりません。ただし、OTC医薬品のアレグラは、くしゃみや鼻水といった花粉症をはじめとするアレルギー症状の緩和が期待できます。

一方で医療用医薬品のアレグラでは、花粉症をはじめとするアレルギー症状の他に、蕁麻疹や皮膚炎による痒みを軽減する効果が期待できます。

どうしても病院に行けない場合は零売という選択肢も

医療用医薬品のアレグラは通販で購入はできませんが、「零売」という方法なら医師の処方箋なしで購入することが可能です。

零売は分割販売とも呼ばれ、自分の症状が把握できている場合、医薬品の専門家である薬剤師がカウンセリングをしたうえで、必要最低限の医療用医薬品を処方箋なしで販売することができます。

健康日本堂調剤薬局赤坂店ではこういった零売などの方法を用いて、忙しくて病院に行くことができない方のサポートを行っています。

通販の場合だと1箱や1瓶といったように容量が決まっていますが、零売の場合は購入者の症状に合わせてカスタマイズが可能です。例えば、花粉症の場合はフルチカゾン点鼻液やパタノール点眼液といった病院で処方されている点鼻液や点眼液も一緒に受け取ることが可能です。

ただし、病院への受診が大前提であり、けっして病院に行く必要がなくなっているわけではありません。

医薬品の販売時に伝えていること

健康日本堂調剤薬局赤坂店では、購入者に「零売を正しく認識していただく」、「医薬品を安心して服用していただく」ために、次のことを実践しています。

  • 医療機関への受診を推奨している
  • 使用は本人のみとしている
  • お薬によってご購入できる量を制限させていただくことがある。
  • ほかに飲んでいるお薬があるかなどカウンセリングを行っている。
  • 定められた用法用量を守っていただくようお薬の説明を行っている。

健康日本堂調剤薬局 赤坂店の基本情報

  • 住所:東京都港区赤坂3-14-3 渡林赤坂ビル1階
  • TEL:03-5797-8712
  • FAX:03-5797-8713
  • 営業日・時間:月~金9:00〜20:00 / 土:9:00~17:00
  • 定休日:日・祝

中見出し:専用アプリ「速薬」を使えば店頭受取りがもっと便利に

専用アプリ「速薬(そくやく)」なら、オンラインで予約から決済までが可能です。

また、受け取り時間を指定することができるので、医薬品の受け取りをスムーズに行うことが可能です。

「速薬」(Apple Store)

「速薬」(Google Play)