薬局での薬代が高いと感じたら|調剤報酬のしくみと薬局の選び方

病院で処方箋を出してもらったらどの調剤薬局に行っても薬代は変わらないと思っている方も多いのではないのでしょうか?

実は、調剤薬局に支払う料金は、薬局の立地や規模、サービスなどによって違いがあります。

調剤報酬のしくみ

調剤報酬は、次の表のように4つで構成され、それぞれの価格は点数(1点=10円)で表されます。

調剤基本料(調剤技術料)薬局における基本的な調剤体制を評価したもので、調剤薬局を利用する基本料金のようなものです。処方箋の受付回数によって点数が異なり、また、薬局の運営体制や取り扱っている後発医薬品(ジェネリック)の調剤割合などによって点数が加算されます。
調剤料(調剤技術料)医薬品を揃えたり、調合したりする料金です。内服薬、屯服薬、浸煎薬、湯薬、注射薬、外用薬といった医薬品の種類によって、それぞれ点数が異なります
薬学管理料患者の薬歴を記録したり、服薬指導、情報提供、在宅医療に取り組んだときの料金です。通常は「薬剤服用歴管理指導料」で算定されますが、患者が特定の薬剤師をかかりつけ薬剤師として指名すると「かかりつけ薬剤師指導料」に変わります。
薬剤料医薬品そのものの料金です。医薬品の価格は、国によって「薬価基準」で決められています。
特定保険医療材料料自宅で自分で注射をしたり、在宅医療で点滴をしたりするときの医療器具の料金です。糖尿病の方のインスリン注射や在宅医療で使用される点滴などが該当します。

この調剤報酬の仕組みは2年1回見直しされます。

参考:厚生労働省「保険調剤の理解のために(令和元年度)」(PDF)

調剤明細書を確認してみよう

このように、調剤薬局に支払うお金は、「調剤技術料」「薬学管理料」「薬剤料」「特定保険医療材料料」の4つを合計したものです。

このうち「薬剤料」と「特定保健医療材料料」は、どこの薬局でも同じ金額ですが、「調剤技術料」と「薬学管理料」は、薬局によって金額が異なります。

「調剤基本料」の分類

まず、調剤明細書の「調剤基本料」の部分が「調剤基本料1」となっているのか、あるいは「調剤基本料2」などになっているのかを見てみましょう。これを見ると、利用している薬局の立地や規模など、その位置づけが分かります。

「調剤基本料」は、薬局の処方箋の受付回数や立地、特定の医療機関からの処方箋の受付の集中率によって、次の表のように4つに分類され、それぞれの点数が算定されます(2019年10月1日現在)。

項目薬局点数3割負担の場合の自己負担額
調剤基本料1街中にある薬局(面対応薬局)42点126円
調剤基本料2病院の前で営業している薬局(門前薬局)や大手チェーン薬局26点78円
調剤基本料3病院の前で営業している薬局(門前薬局)や大手チェーン薬局21点/16点63円/48円
特別調剤基本料病院の敷地内にある薬局(門内薬局)11点33円

「調剤基本料」の加算について

面対応薬局より、門前薬局や大手チェーン薬局を選べば薬代が必ず安くなるのかというと、実はそうとも言えません。 なぜなら、「調剤基本料」には、一定の条件を満たすと点数が加算される仕組みがあるからです。

そのひとつは「後発医薬品調剤体制加算」です。その薬局での後発医薬品(ジェネリック)の調剤数量の割合が一定以上の場合、3つに分類され、それぞれ点数が加算されます。

もうひとつは「地域支援体制加算」です。夜間・休日に対応しているなど、地域医療に貢献できる体制ができている薬局に点数が加算されます。

項目要件(ジェネリックの調剤数量の割合)点数3割負担の場合の自己負担額
後発医薬品調剤体制加算175%以上18点54円
後発医薬品調剤体制加算280%以上22点66円
後発医薬品調剤体制加算385%以上26点78円
地域支援体制加算35点105円

その結果、門前薬局や大手チェーン薬局よりも、小規模でありながら地域に密着した取り組みができる面対応薬局のほうが、金額が安くなるということもあるのです。

薬局によっての取り組みは様々なので、料金以外にも、「薬局での待ち時間」、「相談できる薬剤師がいるか」なども考慮して、薬局を選ぶことも大切です。

他にもお薬代が変わってくるケースがある

お薬手帳と病院処方の薬

これまで述べてきた「調剤基本料」のほかにも、お薬代が変わってくるケースはいくつかあります。こういったことは金銭的負担を軽くするだけでなく、健康管理に役立つこともありますので、確認していきましょう。

お薬手帳を持参する

「調剤基本料1」の面対応薬局に、6か月以内にお薬手帳を持参して再度利用すると、持参しなかったときより、1回あたり36円(3割負担の場合)安くなります。

項目要件点数3割負担の場合の自己負担額
薬剤服用歴管理指導料1「調剤基本料1」の薬局に6か月以内に再来局かつ手帳による情報提供あり41点123円
薬剤服用歴管理指導料21と3以外53点159円
薬剤服用歴管理指導料3特別養護老人ホーム入所者41点123円

お薬手帳を持参すると負担額が安くなるだけでなく、薬剤師さんが他の薬の服用履歴や過去に処方した薬についても正確に把握することができます。

ジェネリックを使用する

年々増加する医療費を抑えるために、国はジェネリックの使用を推進しています。そのため、ジェネリックを多く調剤する薬局には「後発医薬品調剤体制加算」がつきます。

しかし、ジェネリックの薬剤料は、新薬の約2~7割といわれています。患者にとっては加算がついたとしても、薬代の負担を軽くすることができるのです。

どのくらい薬代が節約できるかは、自治体や会社の健康保険組合などから年数回「医療費のお知らせ」とともに届けられる「ジェネリック医薬品差額通知書」でも確認できます。

ジェネリックのメリットは、薬代が安くなるだけではありません。 新薬と同等の効果や安全性があるだけでなく、小型化したり、苦みを抑えるコーティングをするなど、より飲みやすくなる工夫・改良が施されているところもあります。

ジェネリックに不安や疑問がある場合は、医師や薬剤師に相談してみましょう。いきなりジェネリックを使うのが不安であれば、「分割調剤」という方法で一部を試すこともできます。

時間外・休日の利用は高くなる

営業時間外の「時間外」や、営業日外の「休日」に調剤してもらったり、通常の営業時間内でも「夜間」や「休日」に調剤してもらうと、次の表のような料金が加算されます。

項目要件点数3割負担の場合の自己負担額
時間外加算開局時間外で6:00~8:00、18:00~22:00に調剤を行った場合基礎額の100%基礎額の30%
休日加算開局日外で日・祝日、12月29~31日、1月2・3日に調剤を行った場合基礎額の140%基礎額の42%
深夜加算開局時間外で22:00~翌6:00に調剤を行った場合基礎額の200%基礎額の60%
夜間・休日等加算開局時間内の19:00(土曜日は13:00)~翌8:00 または 休日に調剤を行った場合(処方箋受付1回につき)40点120円

※基礎額=調剤基本料+調剤料+施設基準関係加算

処方薬が余ったら薬剤師に相談する

項目要件点数3割負担の場合の自己負担額
重複投薬・相互作用等防止加算残薬以外40点120円
重複投薬・相互作用等防止加算残薬の場合30点90円
一包化加算42日分以下の場合34点/7日分102円
一包化加算43日分以上の場合240点720円

病院の前から地域の中に移り行く調剤薬局

診察を受けた病院で処方箋をもらい、調剤薬局で処方薬を受け取ることを院外処方、診察を受けた病院の薬局で処方薬を受け取ることを院内処方といいます。

以前は院内処方が多かったのですが、1974年の診療報酬改定、2006年の医療法改正による調剤薬局の医療提供施設への位置づけなどにより医薬分業が進み、今では院外処方も多くなりました。

院内処方から院外処方へと変わっていった理由のひとつが「待ち時間」でした。院外処方が普及した今でも、大きな病院の近くにある門前薬局には多くの患者さんが集中してしまい、院内処方が主流だった時代ほどではないにしても、長時間待つことはめずらしいことではありません。

そういった点で、病院からはすこし離れた町中の薬局の方が薬局内での待ち時間は比較的少くないことが多く、お薬や体のことを相談しやすいといったメリットがあります。

さまざまな患者のニーズに 対応する「健康日本堂調剤薬局赤坂店」

2019年6月に赤坂に第1号店をオープンさせた「健康日本堂調剤薬局」は、現代人のライフスタイルに合わせた新しいスタイルの薬局として注目を集めています。その取り組みを紹介します。

アプリ「速薬」からの予約で待ち時間を短縮できる

健康日本堂調剤薬局の専用スマホアプリ「速薬(そくやく)」から処方箋の写真を登録し、受取日時の指定が可能です。

例えば、仕事の前に病院の受診だけを済ませ、アプリで予約をすれば、お昼の時間やスキマ時間を利用しての受け取りが可能です。 アプリ予約では最短5分~15分で受取可能です。

処方箋がなくても一部の医療用医薬品が購入可能

健康日本堂調剤薬局は、全国の病院の処方箋を受付しているだけでなく、東京都内にはまだ数軒の薬局しか対応していない零売(処方箋なしで一定の条件のもと一部の医療用医薬品を販売すること)に対応しています。

零売に関する詳細は「零売」の基礎知識|購入可能な医薬品や販売時のルールについて解説で解説しています。

薬剤師に気軽に相談ができる

医薬品の専門家である薬剤師が、さまざまな相談に応えています。

「新しく処方された薬についてくわしく知りたい」「効き目が強い・弱い」「副作用や飲み合わせが心配」「薬を飲んでいるときに避けたほうがいい食べ物・飲み物があるのか」など、医師に聞きにくいこと、聞き忘れてしまったことはありませんか。

そのような場合でも、待ち時間が少ないため、ゆっくりと落ち着いた雰囲気で薬剤師に質問したり、相談ができるので安心です。

  • 住所:東京都港区赤坂3-14-3 渡林赤坂ビル1階
  • TEL:0120-060-203
  • FAX:03-5797-8713
  • 営業日・時間:月~金9:00〜20:00 / 土:9:00~17:00
  • 定休日:日・祝
  • アクセス:東京メトロ千代田線「赤坂駅」から徒歩2分 Google Map