SOKUYAKUメディカルコラム
  1. トップページ
  2. メディカルコラム
  3. 医薬品
  4. 虫刺され・あせもに効果的なリンデロンVGは通販可能?リンデロンVGに含まれる薬効成分や効能効果について解説
医薬品

虫刺され・あせもに効果的なリンデロンVGは通販可能?リンデロンVGに含まれる薬効成分や効能効果について解説

2020年11月30日
リンデロンVGはステロイドと抗生物質の2種類の成分が含まれた配合剤の医療用医薬品です。かゆみ、赤み、湿疹、腫れなどの皮膚の炎症症状を改善する塗り薬です。かゆみ・赤みなどの日常生活の中での炎症症状のみではなく、乾癬の治療、やけどなどの外傷や手術後の感染の治療目的にも用いられます。

一般的に外用薬には軟膏、クリームなど様々な剤形があります。リンデロンVGには軟膏、クリーム、ローションの3種類があり、患部の状態や症状に応じて剤型を選択することができます。リンデロンVGは皮膚症状に対して使用する外用の医薬品なので主に皮膚科から処方されますが、長年の使用実績から有効性・安全性の高い医薬品であるという点は医師・薬剤師には広く知られているため、皮膚科以外にも様々な診療科から処方されることが多い医薬品の1つでもあります。

リンデロンVGとはどんな薬?湿疹や虫刺されに効果的?

リンデロンVGはステロイドと抗生物質の2種類の成分が含まれた配合剤の医療用医薬品です。かゆみ、赤み、湿疹、腫れなどの皮膚の炎症症状を改善する塗り薬です。かゆみ・赤みなどの日常生活の中での炎症症状のみではなく、乾癬の治療、やけどなどの外傷や手術後の感染の治療目的にも用いられます。

一般的に外用薬には軟膏、クリームなど様々な剤形があります。リンデロンVGには軟膏、クリーム、ローションの3種類があり、患部の状態や症状に応じて剤型を選択することができます。リンデロンVGは皮膚症状に対して使用する外用の医薬品なので主に皮膚科から処方されますが、長年の使用実績から有効性・安全性の高い医薬品であるという点は医師・薬剤師には広く知られているため、皮膚科以外にも様々な診療科から処方されることが多い医薬品の1つでもあります。

リンデロンVGにはどんな薬効成分が含まれる?湿疹などの皮膚炎以外にも感染症に効く?

先ほども述べたようにリンデロンVGはステロイド(ベタメタゾン吉草酸エステル)と抗生物質(ゲンタマイシン)という2種類の成分を含んでいます。

ベタメタゾンはステロイドであり、かゆみ、赤み、腫れなどの症状を改善する抗炎症作用を持っています。外用ステロイドには速効性のある有効な抗炎症効果を示す一方、免疫力を下げるという副作用があります。免疫力が下がった状態で傷口から細菌などが入ると感染しやすくなるため、ゲンタマイシンの持つ抗菌作用でその症状を改善、予防します。

リンデロンVGはどんな症状に効果的?ステロイドって安全なの?

医薬品が有効に働く症状を紹介する上で、医薬品の有効成分がどのようなものか理解する必要があります。そもそも「ステロイド」とは何なのでしょうか。ステロイド(副腎皮質ホルモン)とは体内の副腎という臓器で作られているホルモンで、体の中で様々な働きをしています。その働きの一部である抗炎症作用や免疫抑制作用に注目して人工的に作られた成分を有効成分として含有する医薬品のことをステロイド薬(合成副腎皮質ホルモン薬)といいます。

ステロイドの塗り薬はその強さで5つの段階に分け、塗る部位、年齢、症状の重症度などに応じて薬を使い分けています。私たち人間の体は部位によって皮膚の厚さが異なるため、薬の吸収に差が生じてしまいます。そのため塗る場所に応じて薬の強さを選択しなければならないのです。例えば顔は体などの場所に比べて皮膚が薄く、その中でも特に目の周りの皮膚は薄いため塗り薬を使う際には注意が必要です。ちリンデロンVGに含有されているベタメタゾンは5つの段階の中で真ん中のストロングにあたります。

またリンデロン外用剤にはVGの他に、ベタメタゾンよりも強いベタメタゾンジプロピオン酸エステルが含まれているリンデロンDPや、ベタメタゾンのみのリンデロンV等の製剤も販売されています。いずれもリンデロンVG同様に軟膏・クリームなど複数の剤形があります。これらの複数のリンデロン製剤は症状の重症度や状態に応じて使い分けていますが、特にリンデロンVGの一番の特徴はステロイドに加えて、抗生剤も含まれているという点です。それをふまえると、細菌などに感染して化膿してしまった患部などに使用する際は抗生物質が含まれるリンデロンVGがより効果的です。

また他にも乾癬という疾患に対して治療目的で使われることがあります。その場合は必ず皮膚科専門の病院へ受診する必要があります。

リンデロンVGを使用する上で注意点や副作用はある?

リンデロンVGは外用の医薬品なので使用方法に難しいポイントはなく、基本的に患部に指示された通りに薬を塗布するだけです。通常の用法用量は1日数回患部に薬を塗りますが、症状等により変化する可能性もありますので必ず医師または薬剤師に指示された使用方法に従ってください。

先ほど述べたようにリンデロンVGにはリンデロンVG軟膏0.12%、リンデロンVGクリーム0.12%、リンデロンVGローションの3つの剤型が有ります。0.12%と言うのが含まれているステロイドの量を示しており、すべての剤型において同じ量含まれています。特徴として軟膏は刺激が弱く保護効果がある一方、ベタつきが強いため不快感を訴える方もいます。
例えば、やけどをした場合は肌が敏感になってしまっているため軟膏が推奨されます。クリームはベタつきがなく伸びも良い一方、あせ等で落ちやすいです。軟膏では不快感が強いためクリームを好まれる方も少なくありません。
ローションは液体なので頭皮などの塗りにくいところへの使用に適しています。上記をふまえて症状、部位に応じて医師または薬剤師と相談しましょう。
リンデロンVGに含まれているステロイドは長期にわたって広範囲に使用し続けると副作用が出てしまう可能性が高くなるため、用法用量を必ず守ってお使いください。数日間使用しても改善が見られない場合は使用を中止し、医師または薬剤師に相談しましょう。

起こりうる副作用としては薬を塗布した皮膚の刺激感、潮紅、かぶれなどの皮膚炎等が報告されています。大量または長期にわたる広範囲への使用を続けると白内障や緑内障などの重大な副作用が現れる可能性があります。このような症状に気づいた場合、またはこれらの症状以外にも気になる症状があった場合は医師または薬剤師に相談しましょう。

妊婦又は妊娠している可能性がある方および高齢者、低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対して使用する場合は医師または薬剤師に相談してください。薬は乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、火気、湿気を避けて保管してください。また一部リンデロンVGが使用できない患者様もいらっしゃいます。

下記のような症状がある方は使用することができません。

薬効成分に対して過敏症の既往歴のある患者

真菌

スピロヘータ

ウイルス皮膚感染症及び動物性皮膚疾患(疥癬、けじらみ等)

鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎

重症度の高い熱傷・凍傷

リンデロンVGは通販で購入できる?市販薬など代用薬の購入はできる?

一般的に医療用医薬品の通販は法律で禁止されています。リンデロンVGも例外ではなく医療用医薬品なので通販での購入はできません。病院で処方される薬と同一の医薬品は通販購入する事はできませんが、処方薬の中には、同一または類似した有効成分を含む市販薬が販売されている医薬品があります。先ほど述べたとおり、リンデロンVGの有効成分はベタメタゾン吉草酸エステル・ゲンタマイシン硫酸塩の2種類です。
残念ながら2020年9月現在、リンデロンVGと全く同じ成分を含有する市販薬は販売されていませんが、ほぼ同様の成分を含有する市販薬が販売されています。

具体例をあげると、ベトネベートN軟膏ASという軟膏があげられます。ベトネベートN軟膏ASはリンデロンVG軟膏と同じようにステロイドと抗生物質が含まれている外用薬です。抗生物質の有効成分は異なりますが、同様の効果効能を期待することができます。リンデロンVGには軟膏・クリーム・外用液と、異なる剤型が3つありますが、ベトネベートは軟膏のみとなる点は注意してください。

市販薬は医師・薬剤師などを介さずとも薬を使用することができるのでセルフメディケーションという面では非常に良いことです。加えてベトネベートは外用薬なので内服などに比べて手軽に使用でき、速効性、有効性が高いため、多くの場合、十分な効き目を感じることができます。

しかし数日間使用しても症状の改善が見られない場合や、治癒と悪化を繰り返す場合は、ご自身の判断で使用を継続しないようにしてください。ステロイド薬の長期投与につながり副作用発現のおそれや、別の疾患の発見が遅れ悪化してしまう可能性もあります。

ベトネベートは市販薬といっても含まれているステロイドの量はリンデロンVGと同じため使用上注意が必要です。疾患に関する正確な情報は医師・薬剤師などの専門家に確認するようにしましょう。

リンデロンVGはどうすれば購入できる?

先程述べた通り、リンデロンVGは医療用医薬品なので原則、市販購入やネット通販などを利用した購入方法はありません。一部個人輸入のようないわゆる「抜け道」もありますが、リンデロンVGは正しく使用しないと副作用の発現などのリスクが高くなってしまうため医療知識をもつ専門家の指導下で使用すべきです。

このような安全性を考えると、購入する方法は2つです。1つが病院を受診し、発行された処方箋を用いて薬局で薬を購入する方法。もう1つは薬剤師の指導・管理のもと保険を使用せず零売で購入する方法です。実は病院で処方される医療用医薬品の中には、処方箋がなくても購入できるものがあります。

処方箋なしで購入できる零売について

医療用医薬品のなかでも「処方箋以外の医療用医薬品」(非処方箋医薬品)に指定されているものは一定の条件の元、医師の処方箋がなくても、「零売」(れいばい)という方法で購入できます。

これは「零売」(レイバイ)と呼ばれる、医療用医薬品を薬剤師によって対面販売する制度になります。東京都内で零売を行う健康日本堂調剤薬局赤坂店では、全国処方箋受付も一般の保険調剤薬局と同じように対応しながら処方箋がなくても購入できる「零売」に対応している全国でも数少ない薬局です。

「速薬アプリ」をダウンロードして、リンデロンVGの購入予約をすれば、あとは店舗で受け取るだけです。商品の価格については、薬剤師までお問い合わせください。ぜひご活用ください。

健康日本堂調剤薬局赤坂店の概要

住所:東京都港区赤坂3-14-3 渡林赤坂ビル1階
TEL:0120-060-203
FAX:03-5797-8713
営業日・時間:月~金10:00〜19:00 / 土:9:00~17:00
定休日:日・祝
アクセス:東京メトロ千代田線「赤坂駅」から徒歩2分
この記事が気に入ったら
いいねしよう!
最新記事をお届けします。
オンライン診療サービス
SOKUYAKUの使い方
  • STEP1
    病院検索・予約
    病院を検索して
    オンライン診療を予約
  • STEP2
    オンライン診療
    予約した日時で
    ビデオ通話による受診
  • STEP3
    オンライン薬局
    薬剤師がビデオ通話で
    薬の説明を行います
  • STEP4
    お薬配達
    薬局からお薬を発送
    首都圏なら最短翌日到着
病院検索・オンライン診療は
2020年年末にリリース予定です
メディカルコラム