キーワード

零売(れいばい)

漢方薬の事やからだの悩みは薬剤師に相談してみよう

最近、疲れが取れにくい、体の冷えや生理痛が重くてつらい・・・などの長引く身体の不調にお悩みの女性も多いのではないのでしょうか。  そんな体の不調を改善するために漢方薬を試してみたいけれど、どれを選べばいいのか分からない・・・、ドラッグストアなどで購入できる漢方薬が自分に合うのか不安・・・などと思っている方へ、漢方薬を選び方や注意点などは薬剤師に相談してみましょう。 漢方薬は体質や症状に合ってこそ効果大 漢方薬は、その人の体質や症状に合っていないと十分に効果を発揮してくれません。漢方では症状だけではなく、一人ひとりの体質に合わせて漢方薬が処方されています。体質や体型、体力、抵抗力、症状の現れ方などを考慮して、その人に最も合っている漢方薬を選ぶことが大切になってきます。 ドラッグストアなどで自分の症状に合う市販薬を選ぶように、漢方薬は簡単に選ぶことはできません。 漢方薬を購入する際は薬剤師さんに相談しよう 漢方薬は、症状が同じ場合でも、体質によっては効果が出にくく、症状の改善が見られないこともあります。同じ病名でも、効果的な薬の量や種類が違うこともあります。 また、漢方薬に使われている生薬の中には、他の併用しているお薬によっては副作用の反応を起こしてしまう可能性があります。特に初めて漢方を購入する場合は飲み合わせや体質などの体の状態をしっかり相談しましょう。 正しい服用をすることが症状改善の近道になります。 専門の薬剤師がいる薬局で相談しよう 自分に合う漢方薬を選ぶ際には、症状や体調だけでなく、その人の体質に合ったものを選ぶ必要があるので、ドラッグストアなどで市販されているものでは自分に本当に合っているのか少し不安があります。 漢方に詳しい薬剤師のいる調剤薬局ならば、漢方相談を行っており、じっくり丁寧なカウセリングで、一人ひとりに合った生薬を組み合わせて、その時の体調やその人の体質に合わせて漢方薬を選んでくれます。 また、服用方法や健康面での不安や悩みの相談へのアドバイスもしてもらえるので、安心して漢方薬を試すことができます。 一人ひとりに合った漢方薬の処方を行う健康日本堂調剤薬局赤坂店 健康日本堂調剤薬局赤坂店では、常に来局者に寄り添い、利便性を重視しながら、一人ひとりに合った薬の処方を行っています。 薬剤師によるカウンセリングを行って、その人の体質や症状、ライフスタイルに合う漢方薬を、さまざまな生薬を組み合わせて処方してくれます。 また、アフターフォローもしっかりしているので、服用後の体調の変化などの相談もでき安心して利用できます。 処方箋の受付や一部の医療用医薬品が処方箋なしで購入可能 健康日本堂調剤薬局赤坂店では漢方以外にも処方箋の受付やロキソニンS・ガスター10 などの第一類の医薬品の販売を行っています。 また、一部の医療用医薬品を処方箋なしで購入できる零売を行う全国でも数少ない薬局の一つです。 漢方や来局の予約は専用アプリ「速薬」が便利 専用アプリ「速薬(そくやく)」なら、オンラインで予約から決済までが可能です。オンライン上で問診票の登録もできるので、薬剤師が事前に症状の把握をすることができます。 また、予約日時の指定ができるので忙しい人でも待ち時間を気にせずに受け取りが可能です。 アプリ予約なら最短5分~15分程で受け取りが可能です。 健康日本堂調剤薬局赤坂店の詳細 住所:東京都港区赤坂3-14-3 渡林赤坂ビル1階 TEL:03-5797-8712 FAX:03-5797-8713 営業日・時間:月~金9:00〜20:00 / 土:9:00~17:00 定休日:日・祝 アクセス:東京メトロ千代田線「赤坂駅」から徒歩2分 Google Map

零売(れいばい)

病院や薬局で処方されるリンデロンVG軟膏は通販で購入できる?

肌が腫れたり、かゆみが出たときに、病院やクリニックでリンデロンVG軟膏を処方されたことがあるという方も多いのではないでしょうか? リンデロンVG軟膏は炎症を抑えるステロイドと化膿止めの抗生物質の配合剤です。その為、通常は病院やクリニックの医師が診察したうえで処方箋を作成し、それをもとに調剤薬局の薬剤師が調剤したものを使用します。 しかし、仕事が忙しいときは通販で購入することができないのか、病院で処方してもらう以外に購入方法がないのか気になるところだと思います。 リンデロンVG軟膏は通販で購入できない 医薬品 結論から言うと、リンデロンVG軟膏は、医療用医薬品に指定されているため、通販で購入することができません。 医薬品は、「一般用医薬品」「要指導医薬品」「医療用医薬品」の3つに分類されます。 そのうち、一般用医薬品と要指導医薬品は、薬局やドラッグストアで購入が可能です。 通販で購入できるのは 一般用医薬品に限定されている 一般用医薬品は、さまざまな年齢や体質の人が、自分自身の判断で使用できるようにするため、安全性を重視し、医療用医薬品に比べて有効成分の含有量を少なくしている医薬品です。最近では、薬局やドラッグストアの店頭だけでなく、インターネットでも購入できるようになりました。 例えば、効果の高い鎮痛剤・解熱剤として知られている「ロキソニンS」錠は、一般用医薬品の「第1類医薬品」に指定されており、薬剤師が確認をしたうえでという条件がありますが、インターネットで購入することができます。 通販で購入できないが処方箋がなくても購入することが可能  医療用医薬品は、「処方箋医薬品」と「処方箋以外の医療用医薬品」の2つに分類されます。処方箋医薬品は、医師の処方箋がなければ購入することができない医薬品です。 処方箋以外の医療用医薬品は、通販での購入はできませんが一定の条件を満たせば、医師の処方箋がなくても購入することができる医薬品です。 皮膚科で処方されるリンデロンVG軟膏は、処方箋以外の医療用医薬品に指定されているため、医師の処方箋がなくても、一定の条件を満たせば、「零売」という方法によって購入できるのです。 零売について 「零売(れいばい)」は、あまり聞きなれない言葉ですが、もともとは「小分け」や「小売り」という意味があります。いまでは「処方箋なしで医療用医薬品を販売する」という意味の専門用語として使われています。 医療用医薬品は、高い効果が期待できる反面、使用方法や副作用に注意が必要な医薬品です。健康日本堂調剤薬局赤坂店では、購入者に「零売を正しく認識していただく」、「医薬品を安心して服用していただく」ために、次のことを実践しています。 医療機関への受診を推奨している 使用は本人のみとしている お薬によってご購入できる量を制限させていただくことがある。 ほかに飲んでいるお薬があるかなどカウンセリングを行っている。 定められた用法用量を守っていただくようお薬の説明を行っている。 健康日本堂調剤薬局赤坂店での取り組み 零売に対応できる薬局は、全国でもまだ多くはありませんが、人びとのニーズの多様化により、少しずつその数を増やしています。なかでも、2019年6月に赤坂に第1号店をオープンさせた「健康日本堂調剤薬局」は、現代人のライフスタイルに合わせた新しいスタイルの薬局として注目を集めています。 健康日本堂調剤薬局は、零売はもちろん、全国処方箋受付、漢方薬の調剤、サプリメントの販売と、医薬品に関するさまざまなニーズにワンストップで対応できるようになっており、このような薬局は全国的にも珍しいといえます。 医薬品の専門家である薬剤師が、さまざまな相談に応じています。「処方された医薬品についてくわしく知りたい」「効き目が強い」「効き目が弱い」「副作用が心配」「飲み合わせが心配」など、医師に直接聞きにくいことでも、薬剤師であれば聞きやすいこともあるでしょう。  また、 リンデロンVG軟膏 は虫刺されの書き壊しに出ることもありますが、ステロイド剤も入っているためあまり気軽になんでも使用しようとせず、皮膚科を受診することをお勧めしています。 専用アプリ「速薬」を使えば店頭受取りがもっと便利に 専用アプリ「速薬(そくやく)」なら、予約から決済までが可能です。 リンデロンVG軟膏 のような零売の対象の医薬品も購入が可能です。 また、受け取り時間を指定することができ、医薬品の受け取りをスムーズです。 時間を指定しない場合は受け渡し可能時間がメールで送られてきます。アプリ予約なら最短5~15分ほどで受け渡しが可能です。 「速薬」(Apple Store) 「速薬」(Google Play) 健康日本堂調剤薬局赤坂店の概要 住所:東京都港区赤坂3-14-3 渡林赤坂ビル1階 TEL:03-5797-8712 FAX:03-5797-8713 営業日・時間:月~金9:00〜20:00 / 土:9:00~17:00 定休日:日・祝 アクセス:東京メトロ千代田線「赤坂駅」から徒歩2分 Google Map

零売(れいばい)

処方箋が必要な医薬品は通販可能?通販が可能な医薬品の分類について

風邪をひいた時や頭痛の際にOTC医薬品、いわゆる市販薬を使用している人も多いのではないでしょうか。市販薬はドラッグストアや通販で購入できるため、もしもの時に備えて持っておくと安心です。 ところで日本で流通している医薬品は、含有成分や相互作用といった違いによって複数に分類されていることをご存知でしょうか。 主に医療用医薬品と要指導医薬品、一般用医薬品の3種類に分類されています。このうち医療用医薬品については、原則として医療機関を受診した上で医師が処方箋を発行しないと受け取れない仕組みとなっています。 そのような医薬品の分類と健康日本堂調剤薬局赤坂店での取り組みについて紹介します。 通販可能な医薬品の種類 要指導医薬品と一般用医薬品はOTC医薬品と呼ばれており、ドラッグストアや薬局で手軽に購入できることが魅力です。ただし、要指導医薬品と一部の一般用医薬品は通販で購入することはできません。 ネット上で医薬品を購入する際に注意すること ネットで医薬品を購入する場合、「自分が使用したことがある医薬品だから安心」とは一概に言い切れません。 販売元が怪しくないかをきちんと確認することが大切です。 薬局や薬剤師、登録販売者が従事しているサイトかどうか 個人輸入、代行などの法的に怪しいサイトではないか 一般用医薬品:第3類 ドラッグストアや通販で購入できる一般用医薬品は、副作用などのリスクに応じて第1類、第2類、第3類の3種類に分類されています。 第3類として代表的な一般用医薬品は、湿疹などのかゆみに効く興和の「新レスタミン軟膏」、ニキビなどの肌荒れに効くエーザイの「チョコラBBプラス」が挙げられます。 一般用医薬品:第2類 第2類は、副作用や相互作用などのリスク面で注意が必要となる一般用医薬品です。これらの一般用医薬品は薬剤師や登録販売者による書面での情報提供が必要とされているものの、現在のところは努力義務となっています。 第3類と同様に、第2類も通販でも購入できます。 第2類として代表的な一般用医薬品は、頭痛や生理痛に効くエスエス製薬の「イブA錠」、風邪の諸症状を緩和する大正製薬の「パブロンゴールドA」が挙げられます。 一般用医薬品:第1類 第3類や第2類と異なり、第1類は副作用や相互作用などのリスク面で特に注意が必要となる医療用医薬品です。 ドラッグストアや薬局の店頭では、レジの背面といった消費者が手の届きにくい場所に陳列されていることが特徴です。 そのため薬剤師や登録販売者に声をかけなければ購入できず、書面による情報提供が義務づけられています。 ただし、要指導医薬品と異なり、通販での購入は認められています。第1類として代表的な一般用医薬品は、胃痛や胃もたれに効く第一三共ヘルスケアの「ガスター10 S錠」、頭痛や生理痛に効く第一三共ヘルスケアの「ロキソニンS」が挙げられます。 健康日本堂調剤薬局赤坂店では第1類医薬品の通販を行っている 現在、多くの通販サイトで第1類医薬品が購入できますが、健康日本堂調剤薬局でも第1類医薬品等の通販を行っています。     第一類で取扱い中、取扱い予定の医薬品一覧 ・アクチビア軟膏・アラセナS・エンペシドL・セレキノンS ・ガスター10、ガスター10〈散〉・チェックワンLHII排卵日予測検査薬・ドゥーテストLHa・ニコチネル パッチ10、ニコチネル パッチ20・ハイテスターH・フェミニーナ 腟カンジダ錠・ミクロゲン・パスタ・ミノアップ・ミルコデ錠A・メンソレータムフレディCCクリーム・ロキソニンS、ロキソニンSプラス、ロキソニンSプレミアム 通販で購入することができない医薬品の分類 通販で購入することができない医薬品として要指導医薬品、医療用医薬品があります。 要指導医薬品は通販で購入する事はできない OTC医薬品は処方箋がなくても購入できるため、医療機関を受診しなくてもいつでも購入できます。 このうち要指導医薬品についてはドラッグストアや薬局で薬剤師による対面販売が義務づけられているため、通販では購入できないのが現状です。 なぜなら要指導医薬品は医療用医薬品から一般用医薬品に切り替えられて間もないため、一般用医薬品としてのリスクが確定していないからです。 ただし、要指導医薬品として販売後は原則として3年で一般用医薬品となり、通販で購入できることになります。 処方箋が必要な医療用医薬品は通販で購入する事はできない 処方箋が必要な医療用医薬品は、原則としてドラッグストアや通販で購入できないのが現状です。 なぜなら医療用医薬品は一般用医薬品に比べて、副作用や相互作用といったリスクがより高いからです。 そのため、医療用医薬品の取り扱いは、薬剤師による対面販売と情報提供などが義務づけられています。 一部の医療用医薬品については処方箋なしで購入することが可能 医療用医薬品を手に入れるには、原則として医療機関を受診した上で医師から処方箋を発行してもらう必要があります。 ただし、一部の医療用医薬品については通販で購入できないものの、一定の条件を満たせば処方箋がなくても薬局で購入できます。 医療用医薬品は「処方箋医薬品」と「処方箋医薬品以外の医療用医薬品」の2種類に分類されており、「処方箋医薬品以外の医療用医薬品」は必ずしも処方箋がなくても販売することが可能です。 この販売方法は「零売(れいばい)」と呼ばれており、必要最低限の数量に限定することや薬剤師による対面販売など、5つの条件が設けられています。 零売についての詳しい取り組みは「零売」の基礎知識|購入可能な医薬品や販売時のルールについて解説で紹介しています。 健康日本堂調剤薬局赤坂店の取り組み 健康日本堂調剤薬局 赤坂店の特徴は次の通りです。 全国処方箋受付も一般の保険調剤薬局と同じように対応しながら処方箋がなくても購入できる「零売」に対応している。 薬剤師による漢方の相談が可能 処方箋や零売の予約をアプリ「速薬(そくやく)」で対応可能。 サロン専売品の「BE-MAX」や「タキザワ漢方」のテイクアウト可能な漢方茶など多数取扱いあり。 購入時の医薬品の悩み相談やアドバイスを行っている…

零売(れいばい)

お薬のこと体の悩みは薬剤師に相談しよう かかりつけ薬局を持つ大切さ

体に気になることがあったとき、すぐに病院に行けないこともありますよね。また、「病院に行くほどのことではないのでは?」と思い、ネットで症状や対処法を調べてみようと思う方は多いのではないでしょうか。 しかし、ネットには情報が溢れていて、何が正しいのか判断することが難しいです。そのようなときは、薬局の薬剤師に気軽に相談しましょう。薬剤師に相談する際のポイント、どのようなことを相談できるのかを紹介します。 かかりつけの薬局を持つことが大切 気になる症状ごとにかかりつけの病院が複数あるという方は、それぞれの病院の近くの薬局で薬をもらっているのではないでしょうか。病院の近くの薬局で薬をもらおうとすると、症状によって行く薬局がバラバラになってしまいます。 かかりつけの病院があることは良いことですが、薬局も「かかりつけ」を持つことが大切です。どのような症状だったとしても、なるべくなら薬局を1つに限定しましょう。 すると、病歴や体質など自分のことを理解してくれる薬剤師に、薬や健康のことで困ったとき、またはちょっとした疑問でも気軽に相談ができるようになります。 市販薬や他の薬局でもらった薬の疑問を相談できる 例えば、「頭痛で市販の鎮痛剤を飲みたいけれど、処方された薬と一緒に飲んでも大丈夫なのだろうか」「処方薬が余ってしまったが、残薬の扱いはどうしたらいいのだろうか」などの疑問の声があります。 このように、市販薬との飲み合わせや残薬の扱いに関して悩む方は多いです。他には、薬の保管方法、薬の副作用についてなど、人それぞれ薬に関する疑問を抱えています。薬に関する疑問を抱えているものの、病院に行ったり電話したりして聞くのは大げさな感じがしてなかなかできません。そのようなときには、かかりつけ薬局の薬剤師を頼りましょう。 たとえば、市販薬との飲み合わせを相談した場合は、お薬手帳の記録を見て安全に併用できる市販薬を伝えてくれます。また、他の薬局でもらった薬のことでも相談にのってくれるので、なにか不安なことがあれば遠慮なく薬剤師に聞きましょう。 体の気になる症状の相談が相談できる 体で気になる症状が出たが、病院に行きたくても受診科がわからないと困ったことはありませんか?そのようなときも、かかりつけ薬局の薬剤師に相談すれば、的確な答えをくれるので安心です。他には、「今の症状が少しでも楽になる方法はないか」と相談した場合、生活習慣の改善方法や運動方法など、薬に限らず症状を和らげるための対処法を教えてくれます。 アレルギーや妊娠の可能性など、薬を飲むことに不安がある方は、「薬を飲んでも良いのか」という相談も可能です。また、病院に行かずに市販薬で治したいという方に対しては、体の気になる症状にあう市販薬の選び方のアドバイスもしてくれます。 健康や生活面の相談ができる 薬や体の気になる症状に関することより、もっと身近な相談も可能です。例えば、サプリや食事の栄養のこと、ダイエット、美容、臨床検査値の見方など健康についての相談もできます。 例えば、「最近太ってきたから、ダイエットのために食事やサプリ、運動のアドバイスが欲しい」という相談も可能です。かかりつけ薬局の薬剤師なら、このような内容も世間話のような感覚で気軽に話すことができます。 薬剤師が願っているのは、全ての方が健康でいられることです。そのために、日々の健康や生活面のアドバイスもしてくれます。 健康日本堂調剤薬局赤坂店での来局者との接し方 健康日本堂調剤薬局では「人と社会に夢と喜び」をという弊社理念をもとに 人々の生活に欠かすことのできない「衣・食・住」そして「健・美」を加え病気になる前の予防医学的敵観点からもご来店される方の健康・そして内側からも外側からもあふれる美しさをお一人お一人が実現できるよう 次のようなことを行っています。 栄養・美容カウンセリング 美容と健康のサポート 化粧品、健康食品、漢方茶の販売 また、 外国人の方にも利用していただけるように、 ポケートークを常備して母国語で相談できるようにしたり、 英語・中国語・韓国語の問診票も完備しています。 健康日本堂調剤薬局 赤坂店の取り組み 健康日本堂調剤薬局 赤坂店では、次のような取り組みを行っています。 女性薬剤師によるカウンセリング 一人ひとりに合った漢方の処方 処方箋がなくても医療用医薬品の購入が可能 専用のスマホアプリから30秒で受付完了 一人ひとりに寄り添ったサービスに加えて、利便性も重視しています。 一人ひとりに合った漢方の処方 健康日本堂調剤薬局 赤坂店では、さまざまな生薬を組み合わせて、その人の症状や体質に適した漢方薬を処方しています。 女性の不調、肌荒れ改善、体質改善、病気の予防にもアプローチします。 「なんとなく調子が悪い」というあいまいな症状でも大丈夫です。一人ひとりに合わせた体調の悩みの相談に乗ります。 処方箋がなくても医療用医薬品の購入が可能 必ずしも処方箋が必要でない医療用医薬品が処方箋なしで購入可能です。これは「零売」と呼ばれ、仕事が忙しく、どうしても病院に行くことができない人を中心に利用されています。 零売に関する詳しい詳細は「零売」の基礎知識|処方箋なしでも医療用医薬品が購入できる をご覧ください。 処方箋の予約はアプリ「速薬」が便利 専用アプリは、処方箋の画像を送信して薬の受取予約ができ、処方箋がなくても病院で処方されるものと同じ薬が購入できて便利に活用できます。手順は次の通りです。  処方箋を撮影する ネットで画像を店舗に送信する 受付時間確認メールが届く 処方箋の原本を持って薬局へ行く 忙しくて薬局に行く時間がない方、薬局の待ち時間をカットしたい方、会社の近くなど都合のよい薬局で受け取りたい方など、利便性を求める方におすすめです。 健康日本堂調剤薬局赤坂店の詳細 住所:東京都港区赤坂3-14-3 渡林赤坂ビル1階…

零売(れいばい)

オンライン薬局で購入できる医薬品の種類や注意点|対面販売の重要性について

インターネット上で医薬品が購入できるオンライン薬局を使いたい、と考えていても「インターネット上で買って本当に安心なのか」「薬局で相談できないのは不安」と感じている人もいるのではないでしょうか。 普段は仕事や家事で、病院や薬局に行く時間がなかなか取れない人にとって、インターネット上で購入できるオンライン薬局は一見便利に思えます。しかし、購入にあたり、注意しなければいけないこともあります。 オンライン(ネット)で購入する場合は使用したことがある医薬品でも注意が必要です。とくに次のようなことを確認するようにしましょう。 薬局や薬剤師、登録販売者が従事しているサイトかどうか 個人輸入、代行などの法的に怪しいサイトではないか オンライン薬局で買える医薬品の種類 オンライン薬局では「一般用医薬品」と呼ばれる「市販薬」のみ購入可能です。 2014年6月12日から薬機法に基づく新しい販売ルールによって、使用に特に注意が必要な一部の医薬品は「要指導医薬品」となり、次のような違いがあります。 種類 名称 購入のルール オンライン薬局での可否 市販薬 一般用医薬品 通販でも薬局でも購入可能。自分の症状に合わせて購入できる ○ 市販薬 要指導医薬品 副作用のリスクがまだ不確定な市販薬。薬剤師の説明を受けないと購入できない × 処方薬 医療用医薬品(処方薬) 病院での医師による処方が基本的に必要な医薬品。医師や薬剤師の指導が必要 × つまり、オンライン薬局で購入できるのは、ドラッグストアなどで、購入できる市販薬に限られるということになります。アメリカでは処方薬も含め受け取れますが、日本ではそうした販売方法は認められていません。 また、一般用医薬品には、第1類から第3類までの種類があり、それぞれ次のような違いがあります。 区分 第1類医薬品 第2類医薬品 第3類医薬品 医薬品の例 H2ブロッカーを含む一部の胃薬、毛髪用薬など かぜ薬、解熱鎮痛薬、胃腸薬など ビタミン剤、整腸剤など リスクの程度 作用などにより、日常生活に支障をきたす程度の健康被害を生じるおそれがあり、特に注意が必要。 副作用などにより、日常生活に支障をきたす程度の健康被害が生じるおそれがある。 比較的副作用などのリスクは低い オンライン薬局で医薬品を購入する時に注意すること オンライン薬局は、市販薬を時間を気にせずに買いたい人にとっては便利な方法です。しかし、自分の判断だけで医薬品を購入することはリスクも存在します。 薬剤師による対面販売での購入ができない オンライン薬局では、薬剤師によるカウンセリングや医薬品の説明、服薬指導などは全てメールやアプリのツール、テレビ電話などで行われます。もし、自分が症状をうまく伝えられなかったり、薬剤師にアレルギーがあることを伝え忘れたりすると、副作用のリスクが高まる可能性もあります。 医薬品の安全性に不安がある インターネット上には、一般用医薬品の販売許可がない違法な販売サイトや、海外の医薬品や偽造の医薬品を販売しているサイトも存在します。 通常は、薬局または店舗販売業の許可を受けた実店舗を持つ薬局や薬店がオンライン薬局を運営しており、開設には薬剤師または登録販売者の常駐など、様々な条件があります。 しかし、購入者にはそういった判別がつきにくいというのが現状です。 悪質な販売サイトに注意する 利用予定のオンライン薬局について、安心して利用できるかどうかを調べるには、2つのポイントがあります。 厚生労働省「一般用医薬品の販売サイト一覧」に掲載されている 販売サイトのチェックポイントをクリアしている 販売サイトの信用性を調べるには次のようなポイントがあります。 店舗の正式名称や住所が掲載されているか 店舗の開設者や所管自治体など、許可証の内容が掲載されているか 相談用の連絡先が掲載されているか(電話番号、メールアドレスなど) 実際の店舗の写真が掲載されているか…

零売(れいばい)

零売をおこなう薬局の特徴と健康日本堂調剤薬局の取り組みについて

調剤薬局といえば、「病院で処方してもらう処方箋」を持って行くのが一般的ですが、近年、病院で処方される医療用医薬品と同じものが購入できる「零売」と呼ばれる形態が広がりを見せています。 零売ではそれぞれの薬局が薬の値段を設定して販売しています。 認知度はまだ低いのが現状ですが、忙しくて病院に行く時間が取れない、いつも飲んでいる薬と同じものをもらいたい、という方に多く利用されています。 その中で、健康日本堂調剤薬局は、処方箋の受付だけでなく、零売を行う薬局として赤坂に一号店をOPENしました。 零売を行う薬局と一般的な調剤薬局、ドラッグストアとの違い、また、零売で購入できる医療用医薬品の種類について詳しく紹介します。 零売をおこなう薬局の特徴 医薬品の販売業には3つの種類があります。 1つめは、薬剤師が常駐し、調剤室がある「調剤薬局」です。 2つめは、薬剤師はいても調剤ができない「店舗販売業」、 3つめは家庭向けの配置薬を販売する「配置販売業」となっています。 健康日本堂調剤薬局も調剤室がある「調剤薬局」に該当しますが、一般的な薬局とは違いがあります。 処方箋なしで「処方箋医薬品以外の医療用医薬品」の購入が可能 健康日本堂調剤薬局赤坂店では「処方箋医薬品以外の医療用医薬品」を処方箋なしで購入できる「零売」を行っています。 医薬品は、大きく「一般用医薬品」、「要指導医薬品」、「医療用医薬品」の3つに分けられます。 そのうち、医療用医薬品には「処方箋医薬品」と「処方箋医薬品以外の医療用医薬品」があります。 健康日本堂調剤薬局赤坂店では「処方箋医薬品以外の医療用医薬品」の一部を購入できる「零売」を行っています。 処方箋医薬品の指定については厚生労働省で次のように定められています。 耐性菌が生じやすかったり、重篤な副作用が出やすいため、医師が患者の病状や体質等に応じて適切に選択しなければ安全・有効に使用できない医薬品 定期的な医学的検査をする必要があるなど、患者の状態を把握する必要がある医薬品 依存性があるなど、本来の目的以外の目的に使用されるおそれがある医薬品 医療用医薬品は、使用方法や副作用に注意が必要です。そのため、零売を行うには次のような条件を満たす必要があります。 薬局において薬剤師が、使用するご本人様に対面で販売をする 販売においては、必要最低限の数量に限定する 参照:厚生労働省「処方せん医薬品の指定について」 一人ひとりに合わせたカスタマイズが可能 例えば風邪の症状の場合、ドラッグストアでは「風邪薬10日分」などでの販売している例が多くあります。 しかし、零売なら「解熱剤1日分+鼻炎剤3日分」のように来局者が自分の症状に合わせて医療用医薬品の購入ができます。 ドラッグストアとの違い ドラッグストアの中にも薬剤師が常駐し、薬局の許可をとっている店舗もありますが、ドラッグストアとの大きな違いは、販売できる医薬品の種類です。 要指導医薬品・第一類医薬品の販売の可否 医薬品の販売を行う場合、管理者として薬剤師または登録販売者を置く必要があります。「薬局」という名前がついていれば薬剤師が管理者ですが、ドラッグストアの多くは登録販売者です。登録販売者は、第一類の一般用医薬品と要指導医薬品を販売することはできません。 たとえば、テレビCMでもよく目にする「ロキソニンS」や「ガスター10」は第一類医薬品に分類されています。 ドラッグストアで購入できるイメージもあるかと思いますが、第一類医薬品については、書面での情報提供義務が薬剤師に求められています。要指導医薬品は、第一類医薬品よりも慎重な扱いが必要です。 薬剤師の対面販売のみで、書面での情報提供義務もあります。 健康日本堂調剤薬局で零売可能な医薬品の種類 健康日本堂調剤薬局で、零売に対応している「処方箋医薬品以外の医薬品」について紹介します。 処方箋なしでも購入できる医薬品 アレロック(ジェネリック医薬品:オロパタジン) シナール(ジェネリック医薬品:シーピー顆粒) トランサミン(ジェネリック医薬品:トラネキサム酸) ロキソニン(ジェネリック医薬品:ロキソプロフェン錠) カロナール(ジェネリック医薬品:アセトアミノフェン錠) ムコダイン(ジェネリック医薬品:カルボシステイン) リンデロンVG ヒルドイドソフト軟膏(ジェネリック医薬品:ビーソフテンクリーム) ヒルドイドローション(ジェネリック医薬品:ビーソフテンローション) アスベリン  この他にも零売で購入可能な医薬品は多数存在します。詳しくは零売で購入できる医薬品の種類|医薬品はどのように分類されているのかを解説 で紹介しています。 健康日本堂調剤薬局では、痛み止め・抗アレルギー剤・胃腸薬・風邪薬(医療用)・漢方薬などの「医療用医薬品に分類される要処方箋医薬品以外の医薬品」を処方箋なしで販売しています。 ただし、上記の医薬品も、基本的には医師の診断を受けて処方されることが望ましいため、健康日本堂調剤薬局でも、販売の際には受診勧奨を行っています。 また、零売での購入は保険の適用外(10割負担ではありません)となり、価格については各薬局が設定した金額で販売しています。 処方箋が必要な医薬品 処方箋医薬品となる、抗高血圧薬・糖尿病薬・抗精神薬・抗生物質・抗がん剤などは、病院で受診し、医師の処方箋をもらう必要があります。具体的には次の通りです。 アムロジン錠…

零売(れいばい)

オンラインで処方箋の登録ができるアプリ「速薬」

病院や調剤薬局での待ち時間が長いと感じたことはありませんか?実はこのような理由から 8~9割 の人が「調子が悪いと感じてもすぐには病院に行かない」というのが現状です。 そういった悩みを改善するために、最近ではネットやスマホアプリから処方箋の登録や受け取り時間を指定してお薬をお渡しする薬局が増えています。 病院や薬局でこんな悩みはありませんか? 待ち時間が長い 処方箋を受け取るまでの待ち時間は25分ほどかかるとされています。 また、病院での診察を合わせると、30分~60分ほどの待ち時間が発生していることになります。そのため仕事が忙しく病院に行く時間が取れないという悩みを抱える人はは少なくありません。 待ち時間での二次感染が心配 例えば、インフルエンザなどのシーズンは病院や薬局も混み合っており、待ち時間も長くなってしまうことから 免疫力の弱い方 は二次感染の危険性があります。二次感染を防ぐために 待合室・診察室が独立した発熱/感染症外来 を設置しているところもありますが、まだまだ一部の病院に限られています。 薬局での待ち時間はどうして長いのか 薬局での待ち時間が長いのにもちゃんとした理由があります。薬剤師は処方箋を受け取った後に薬歴簿(お薬カルテ)から「処方された薬で過去に副作用がおきていないか」、「他の薬との飲み合わせは大丈夫か」などの情報を確認します。 もし、処方箋の中に疑わしい点があった場合、処方箋を交付した医師に確認をした上で調剤を行っています。このように、安心して薬を服用していただくために様々な配慮がなされています。 ただし、仕事が忙しいビジネスパーソンは「待ち時間が長い」、「なかなか薬を受け取る時間がない」と感じているのが現状です。 ネットやアプリで予約ができる薬局が増えている こういった待ち時間を少しでも減らすために最近ではネットやアプリで処方箋の写真を送信することで、時間帯を指定して薬を受け取ることができる薬局が増えています。 健康日本堂調剤薬局赤坂店での待ち時間短縮の取り組み 健康日本堂調剤薬局赤坂店では、「仕事の合間」や、「昼休み」などの時間でスムーズに薬のお渡しができるように、アプリ「速薬」を使ったオンラインでの処方箋の登録、受取日時の指定まで対応しています。 そのため、待ち時間も短縮でき二次感染のリスクも減らすことができます。 アプリ「速薬」の特徴 アプリ「速薬」には、主に次のような特徴があります。 画像を登録するだけで処方箋の事前予約が完了 病院でもらった処方箋をアプリで撮影して送信するだけで事前予約が完了します。例えば、朝の時間に受診し、会社の昼休みの時間に受け取りに行くなど、ご自身のタイミングに合わせて薬の受け取りが可能です。 受取時間を指定できる 月~金9:00〜19:30 土:9:00~16:30 アプリからの予約は24時間可能です。 上記の時間内なら、事前予約の際、受取時間を指定できます。時間指定しない場合は、登録したメールアドレスに受け取り可能時間の通知が届きます。 そのため、受取可能時間に行くと「最短5分~15分程度」で受け取り可能です。 「速薬」(Apple Store) 「速薬」(Google Play) アプリ「速薬」の使い方 「速薬」はiOS、Androidどちらも対応しています。 1.「処方箋なしで予約」、「処方箋予約」の項目から「処方箋予約」を選択。 2.処方箋の写真を登録 3.受け取り希望日、ジェネリックの希望を選択し、薬剤師に伝えたいことがあれば記載 4.保険証の登録をおこない、「確認画面へ進む」をクリック 5.内容に間違いがなければ、「予約する」を選択 【健康日本堂調剤薬局 赤坂店の基本情報】 住所:東京都港区赤坂3-14-3 渡林赤坂ビル1階 TEL:03-5797-8712 FAX:03-5797-8713 営業日・時間:月~金9:00〜20:00 / 土:9:00~17:00 定休日:日・祝 アクセス:東京メトロ千代田線「赤坂駅」から徒歩2分 Google Map

零売(れいばい)

「零売」の基礎知識|購入可能な医薬品や販売時のルールについて解説

「仕事が忙しくてなかなか病院に行く時間がない。」そんな状況のときに病院の薬だけでも購入できたらと考えたことはありませんか? 健康日本堂調剤薬局では、そういった方のために処方箋なしで医薬品が買える「零売」をおこなっています。 零売とは 分割販売とも呼ばれ、自分の症状が把握できている場合、医薬品の専門家である薬剤師がカウンセリングをしたうえで、必要最低限の医療用医薬品を処方箋なしで販売することができます。 本来、医療用医薬品は、医師の処方箋に基づく薬剤の交付が原則です。そのため、零売を行っている薬局は国内で15店舗ほどしかありません。 しかし、ライフスタイルやニーズの多様化が進んだことで「忙しくて病院に行く時間がない」、「病院の薬を継続して使用する事が難しい」という悩みを持つ人も増えてきました。 こうした悩みを解決するために、零売という選択肢も広がりつつあります。 ただし、病院への受診が大前提であり、病院に行く必要がなくなっているわけではありません。 健康日本堂調剤薬局赤坂店でも、来局者の健康を第一に考え、受診をすすめるケースもあります。 零売はどのような人に利用されているのか 健康日本堂調剤薬局赤坂店では「病院の診察時間が終了しており、受診ができない」、「仕事の昼休みが病院の昼休みと重なる時刻のため受診できない」などの理由から、零売を利用して医薬品を購入される方が多くいらっしゃいます。 例えば、花粉症の薬など、継続的に使用している医薬品があり、「病院に行く時間が取れないが、処方されているものを継続して使用したい」というケースです。 零売で購入できる医薬品の種類 健康日本堂調剤薬局赤坂店で処方箋無しで販売可能な医薬品は次の通りです。 アレロック(またはジェネリックのオロパタジン) シナール(またはジェネリックのシーピー顆粒) トランサミン(またはトラネキサム酸) ロキソニン カロナール ムコダイン(またはジェネリックのカルボシステイン) リンデロンVG ヒルドイドソフト軟膏 ヒルドイドローション アスベリン この他にも零売で購入可能な医薬品は多数存在します。詳しくは零売で購入できる医薬品の種類|医薬品はどのように分類されているのかを解説 で紹介しています。 零売で医薬品を購入するまでの流れ 薬剤師と面談する際は、お薬手帳や処方されている医薬品の説明書を持参するとスムーズに受け取りができます。 これまで飲んできた医薬品を明確に示せるほか、普段の体調や健康の変化についても相談しやすくなります。 医薬品の販売時に伝えていること 健康日本道堂調剤薬局赤坂店では、購入者に「零売を正しく認識していただく」、「医薬品を安心して服用していただく」ために、次のことを実践しています。 専用アプリ「速薬」を使えば店頭受取りがもっと便利に 専用アプリ「速薬(そくやく)」を使用していただくと、予約から決済までオンラインで完結でき、病院からの処方箋のお薬と、処方箋なしでも購入可能な医薬品の両方が店頭で受取可能です。 「速薬」(Apple Store) 「速薬」(Google Play) 零売についてのQ&A ジェネリックには対応していますか? 事前に問い合わせをいただければジェネリックでの対応が可能です。 健康日本堂調剤薬局ではアプリ「速薬」から予約を行うことができ、ジェネリックを希望する、しないを選択するだけで当日の受け渡しがスムーズです。 代理人の受け取りは可能ですか? 通販と同じように、来局者の健康状態を把握した上で販売を行っているため、代理人への販売は行っておりません。 代理人を介して医薬品を使用し、なにかトラブルが起きたときに一番つらい想いをするのは購入者自身です。 そのような事を防ぐためにも、本人の使用のみの販売を心がけています。 都内で零売を行う「健康日本堂調剤薬局 赤坂店」 日本全国で零売を行う薬局は国内で15店舗ほど、都内でもまだ数軒しかありません。 その中で、健康日本堂調剤薬局 赤坂店は、零売から処方箋受付、漢方薬、サプリメントまで取り扱い、患者の幅広いニーズにワンストップで応えてくれる薬局として「2019年6月」にオープンしました。 健康日本堂調剤薬局 赤坂店の特徴は次の通りです。 全国処方箋受付も一般の保険調剤薬局と同じように対応しながら処方箋がなくても購入できる「零売」に対応している。 薬剤師による漢方の相談が可能 処方箋や零売の予約をアプリ「速薬(そくやく)」で対応可能。…

零売(れいばい)

処方箋なしで医療用医薬品が購入できる「零売」について

日々の仕事や長期の出張など繁忙期が重なり、体調の変化を感じていてもなかなか病院へ行く時間が確保できないとき、実は意外な対処法が存在します。 通常であれば病院で受診後にもらえる薬が、一部「零売」という手法を用いて購入することができます。 もちろん、医師による診断を受け、薬を処方してもらうことが一番ですが、その時間がなかなか取れない場合、体調不良をそのままにしておくことはできません。 今回はそんな「零売」について詳しく解説していきます。 処方箋とは まず「処方箋」とは、医師が病気の治療に必要な薬の種類・用量・用法を記載する書類です。 これは、法律(医師法第22条、歯科医師法第21条)に基づいて発行され、薬剤師が処方箋の内容が適正であるか確認した後に調剤し、患者様に薬を渡すものです。 なぜ病院ではなく、調剤薬局で薬を出すのかというと、「医薬分業」と言い、医師と薬剤師が処方と調剤を分担し、それぞれの専門分野から患者様をサポートするためです。 処方箋の有効期限は、発行日を含めて4日間(日曜日や祝日を含む)です。有効期限が過ぎると調剤薬局では受付できなくなり、医師に再発行してもらう必要があります。 病院で処方される医薬品は2種類ある 病院で処方される薬のことを「医療用医薬品」と言い、医師の処方箋が必要な「処方箋医薬品」、それ以外の必ずしも医師の処方箋が必要ではない「処方箋医薬品以外の医薬品」とに分けられます。 区分としてはどちらも同じ医療用医薬品にあたるので、医師の指示に基づいた使用が原則になります。 零売について 「処方箋医薬品以外の医薬品」の中の一部の医薬品を薬剤師の対面でのカウンセリングのもと、必要最低限の量を処方箋なしで販売することを「零売」と呼びます。 零売は分割販売とも呼ばれており、病院で処方される医療用医薬品と同じものを購入することができます。 例えば風邪の症状の場合、解熱剤を3日分、咳止めを3日分など、症状に合わせて必要なお薬を購入できるのも零売の特徴です。 ただし、すべての医薬品が零売で購入できるわけではありません。 医療用医薬品は使用方法や副作用に注意が必要です。そのため、零売を行うには次のような条件を満たす必要があります。 薬局において薬剤師が使用するご本人様に対面で販売をする 必要最低限の数量に限定する 参照:厚生労働省「薬局医薬品の取扱いについて」 また、普段使用しているお薬だからといって診察が不要というわけでは決してありません。身体の状態によってはトラブルを起こす危険性はあります。 そのため、病院での受診を推奨しています。 また、そういったトラブルを少しでも防ぐために、本人の使用目的以外での販売はおこなっていません。 なお、零売での購入は保険適用外となり、価格は零売薬局それぞれにて設定しております。 零売で購入できる医薬品の種類 健康日本堂調剤薬局赤坂店で零売として取り扱っている医療用医薬品の代表的なものをいくつか紹介します。 アレロック(ジェネリック医薬品:オロパタジン) シナール(ジェネリック医薬品:シーピー顆粒) トランサミン(ジェネリック医薬品:トラネキサム酸) ロキソニン(ジェネリック医薬品:ロキソプロフェン錠) カロナール(ジェネリック医薬品:アセトアミノフェン錠) ムコダイン(ジェネリック医薬品:カルボシステイン) リンデロンVG ヒルドイドソフト軟膏(ジェネリック医薬品:ビーソフテンクリーム) ヒルドイドローション(ジェネリック医薬品:ビーソフテンローション) アスベリン  この他にも零売で購入可能な医療用医薬品は多数存在します。詳しくは零売で購入できる医薬品の種類|医薬品はどのように分類されているのかを解説 で紹介しています。 処方箋がないと購入できない医薬品 一方、医師の処方箋がないと買うことができない「処方箋医薬品」は、高血圧・糖尿病の薬、抗生物質、精神安定剤、睡眠薬、抗がん剤などがあり、その中で、代表的な薬をいくつか紹介します。 アムロジン錠 ハルナール錠 ダオニール錠 ザファテック錠 ジスマロック錠 クラリス錠 デパス錠 セディール錠 ハルシオン錠、 マイスリー錠など また、「処方箋医薬品以外の医薬品」と表示された薬であっても、健康日本堂調剤薬局ではその全てを零売として販売しているわけではありません。 来局者の健康状態や医薬品の使用履歴を正確に把握した上で、販売を行わずに、病院への受診をすすめる事もあります。 零売で医薬品を購入する方法 健康日本堂調剤で処方箋なしで薬を購入する具体的な方法を解説していきます。来局時には、お薬手帳があると薬剤師とのやり取りがスムーズになります。…