SOKUYAKUメディカルコラム
  1. トップページ
  2. メディカルコラム
  3. 医薬品
  4. 肌のお悩みに!市販で販売されているハイチオールCにはどんな効果がある?ハイチオールCの成分や効果、価格について解説
医薬品

肌のお悩みに!市販で販売されているハイチオールCにはどんな効果がある?ハイチオールCの成分や効果、価格について解説

監修村上菜美子
2020年11月26日
「ハイチオールC」は、エスエス製薬から発売されているビタミン・保健薬に分類される市販薬(一般用医薬品)です。体の代謝を助けるアミノ酸”L-システイン”が含有されており、シミ・そばかすの改善に使用される医薬品です。シミやそばかすの原因になるメラニンは、女性のお肌のお悩みにも深く関わっており、ハイチオールCはそのメラニンの蓄積を予防し、肌の再生機能を正常化することで、シミやそばかすを改善するというメカニズムになっています。

ハイチオールCは第三類医薬品に分類される市販薬として商品化され、ドラッグストアや薬局で手軽に購入できますが、もともとは病院などで処方される処方薬(医療用医薬品)で、商品名は「ハイチオール」です。「L-システイン製剤」として分類される医薬品で、病院(特に内科や皮膚科)で湿疹や蕁麻疹、中毒疹、薬疹などの症状が出ている人に処方される医療用の医薬品で、医師や歯科医師の診断・処方に基づいた使用が義務付けられているおくすりです。

ハイチオールCはどんな薬?

「ハイチオールC」は、エスエス製薬から発売されているビタミン・保健薬に分類される市販薬(一般用医薬品)です。体の代謝を助けるアミノ酸”L-システイン”が含有されており、シミ・そばかすの改善に使用される医薬品です。

シミやそばかすの原因になるメラニンは、女性のお肌のお悩みにも深く関わっており、ハイチオールCはそのメラニンの蓄積を予防し、肌の再生機能を正常化することで、シミやそばかすを改善するというメカニズムになっています。
ハイチオールCは第三類医薬品に分類される市販薬として商品化され、ドラッグストアや薬局で手軽に購入できますが、もともとは病院などで処方される処方薬(医療用医薬品)で、商品名は「ハイチオール」です。「L-システイン製剤」として分類される医薬品で、病院(特に内科や皮膚科)で湿疹や蕁麻疹、中毒疹、薬疹などの症状が出ている人に処方される医療用の医薬品で、医師や歯科医師の診断・処方に基づいた使用が義務付けられているおくすりです。

ハイチオールCに含まれる成分は?

「ハイチオールC」は、Lシステインとアスコルビン酸とで構成されている医薬品です。代謝を促す「L-システイン」はたんぱく質を構成する必須アミノ酸成分で、アスコルビン酸は「ビタミンC」のことです。

ビタミンC

ビタミンCと聞くとかなりなじみのある名前になりますね。ミネラルなどと並んで、私たちの体の代謝の促進やエネルギーを産み出すための重要な物質です。偏った食生活や暴飲暴食、ストレスや生活習慣の乱れ、運動不足などによって、「なんとなく体が重い」「疲れが取れにくい」などの「なんとなく不調」の改善にも役立ちます。

L-システイン

皮膚・髪・爪の元となるタンパク質を構成するアミノ酸の一種です。皮膚や肝臓に多く存在し、さまざまな代謝に関与することで、体の健康維持に大切な働きをしています。「代謝」とは一般的に、「足りないものを補い、いらないものを体外に排出する」身体の新陳代謝の事を言います。

このため、肝臓の機能を強化したり、解毒作用の向上が期待できるとして「二日酔い」や「疲労回復」などのキャッチフレーズを用い、製薬会社がL-システインを主成分とした医薬品を開発、販売しています。

ハイチオールC医薬品のラインナップと価格について

もとは1970年代にL-システインを主成分とする医療用医薬品として発売された「ハイチオール」。その後市販薬「ハイチオールC」という商品名で1972年5月に発売されて現在に至りますが、商品の改良を経て、現在はいくつかのラインナップが用意されています。(商品情報やメーカーの希望小売価格は2020年10月現在のものです。)

エスエス製薬 ハイチオールcプラス(※現在は生産終了。リニューアル製品「ハイチオールCプラス2」へ移行)・価格税抜1,500円(60錠)(税込1,650円)税抜4,200円(180錠)(税込4,620円)

配合成分
・L-システイン 240mg →シミの原因となる過剰なメラニンを生成抑制、無色化、排出します。
・アスコルビン酸(ビタミンC)500mg→過剰なメラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすを改善します。
・パントテン酸カルシウム 24mg→肌細胞の新陳代謝を正常化し、肌の回復をサポートします。

エスエス製薬 ハイチオールCホワイティア・価格税抜1,650円(40錠) (税込1,815円)税抜4,500円(120錠) (税込4,950円)

配合成分
・L-システイン 240mg
・アスコルビン酸(ビタミンC)500mg
・パントテン酸カルシウム 30mg

ビタミンC、パントテン酸、L-システイン配合。医療用医薬品の「シナール」に配合されているビタミンC、パントテン酸に加えて、L-システインが配合されています。LシステインビタミンCの補給を助ける作用のある成分で、ビタミンB群に分類されるビタミンです。ハイチオールCシリーズの中でもっともパントテン酸カルシウムの配合量が多い商品です

エスエス製薬 ハイチオールCプルミエール・価格税抜4,500円(120錠)(税込4,950円)

配合成分
・L-システイン 240mg
・アスコルビン酸(ビタミンC)300mg
・パントテン酸カルシウム 24mg

1回2錠、1日2回の服用回数で負担なく続けられる商品です。4錠(成人1日量)中 240mgのL-システインを含有しながら小粒の錠剤タイプへと剤型を改良されたのが特徴です。

ハイチオールCプラス2・価格税抜1,500円(60錠) (税込1,650円)税抜4,200円(180錠) (税込4,620円)税抜5,500円(270錠) (税込6,050円)

配合成分
・L-システイン 240mg
・アスコルビン酸(ビタミンC)500mg
・パントテン酸カルシウム 24mg

前述の、「ハイチオールC プラス」のリニューアル製品です。製薬会社独自の新しいフィルムコーティング製法を採用し、錠剤をコンパクトさ、見た目の光沢感などの改良を進めると共に、服用のしやすさを実現したお薬です。従来品の「ハイチオールCプラス」と比べて質量が約半分となり、直径が約2.5mm小さくなりました。内容量も大容量サイズ(270錠タイプ)が展開されており、1錠当たりの価格も安くなっていますので、続けやすさの他、持ち運びや、お仕事などの合間の服用が手軽にできるような改良がされているのが特徴です。

どんな症状に効果的?

アミノ酸やビタミン類等を含有する医薬品の服用を検討する際の背景として、美容に関するお悩みのみならず健康や体調全般に関するお悩みをお持ちの方が多いと思います。特に肌の疲れや荒れ、シミやソバカス、頻繁に口内炎や口角炎に悩まされるなどの他、疲れが取れにくい、なんとなく調子が悪いなどの原因がはっきりしないものも多いかもしれません。

では「ハイチオールC」には主にどのような効能効果があるのでしょうか?次にあげるものを見ていきましょう。

しみ・そばかす・日やけなどの色素沈着症

全身倦怠・二日酔(アセトアルデヒドの分解を助け、二日酔の症状を改善します)

にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ・全身倦怠

肌細胞の新陳代謝を正常化し、肌の回復をサポートする他、代謝を助けることによって「シミやそばかす」と「全身倦怠(疲れ・だるさ)」の両方に効果を発揮できる効果がありますね。肝機能の代謝機能を助ける事から「二日酔い」などにもアプローチすることができます。

お肌の悩み全般(シミ、そばかすなど)への効果として、ハイチオールCを構成するL-システインやビタミンC(アスコルビン酸)、パントテン酸が、メラニン色素の生成を抑える作用があります。特にL-システインは必須アミノ酸の一種で、皮膚・髪・爪などに含まれるタンパク質ケラチンの構成成分となっているため、健康・美容に有益な効果を発揮します。

また、ビタミンC(アスコルビン酸)は、「酸化や老化を防ぐビタミン」と呼ばれています。コラーゲンの生成や鉄分の吸収に必要不可欠で、お肌を丈夫にしたり、粘膜を強くしたり、さまざまなストレスへの抵抗力を高める働きがあります。「体のサビ」と言われる「過酸化脂質」を抑える抗酸化作用もあり、アンチエイジングや美容の強い味方。美容関連の化粧品や、サプリメントなどに多数も使用されています。

ビタミンCがL-システインと協力する事で、日焼けや加齢などが原因のシミやそばかす、色素沈着の元となるメラニン色素の生成を抑え、しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着、肌のトーンを明るくしたいなどの症状の改善、コラーゲン生成を促す作用などを助け、肌荒れ、吹き出物などの肌トラブルにも効果があるのです。

代謝を促す作用、疲労を回復する働きは、内臓機能の底上げをすることにより、二日酔いの回復や疲労回復に役立ちます。成分の相乗効果を期待しつつ、足りない栄養素を補う目的で取り入れてみるのが良いのではないでしょうか。

ハイチオールCの用法・用量や使用におけるポイントは?

保健薬分類の市販薬ではこのように、数種類の有効成分を複数配合して製造販売されています。ビタミン類など、体内で産生できない物質については、食事などから継続して摂取するしか方法がなく、しかも、体内でどんどん消費されていくので、継続的に補給することが必要です。よって、短期間で効果を期待するよりも、ある程度の期間服用することで徐々に効果が表れるとされています。
一方、L-システインは体内で合成することが可能な必須アミノ酸と言われています。L-システイン合成の元となる「メチオニン」を含む食品(魚介類、大豆・大豆製品、鶏肉など肉類)を積極的に摂取する事で補う事ができるのですが、必要量を確保し続ける事が意外に難しく、胃腸機能が弱い人や食事が不規則な人は欠乏状態になりやすい傾向にあります。

このように、生活習慣のみだけでは、補給が間に合わないといった場合に保健薬(滋養強壮作用や健康増進を目的として医薬品)を上手に使用するというのは一つの選択肢だといえるでしょう。もちろんこれらは医薬品成分を含むおくすりです。不調の改善は、薬だけで行うのではなく、食生活や生活習慣の改善なども合わせて行う必要があります。

ビタミン類やアミノ酸成分で構成されている薬でも、過剰摂取に注意しなければならないものもあるので、ご自身の体の調子をよく把握して、適切な医薬品を選ぶ事ができると良いでしょう。

服用方法と注意点、副作用はある?

L-システインやビタミンC(アスコルビン酸)は、副作用の心配はほぼないとされています。医薬品分類も市販薬の中で最もリスクの低い「第三類医薬品」に分類されています。ですが、L-システインの過剰摂取によるメラニンの減少が白髪の原因になる可能性が指摘されていたり、吸収されなかったビタミンCが胃腸を刺激して一過性の下痢や吐き気、胃けいれんといった症状が現れることがあります。

ビタミンCは水に溶けやすい性質状、尿中に排出されてしまうのですが、大量摂取が尿管結石の原因になるという研究結果もあります。(最近の研究ではその研究結果に否定的なデータも出ているようです。)これらのデータを総合して考えても、ハイチオールCに関して、重大な副作用につながるような医薬品ではないというのが一般的な見解ですが、体に負担をかけない程度に摂取すれば副作用の心配もなく、効果を最大限に期待できます。一度に大量に摂取するような事はせずに、用法用量を守り、適量を継続して摂取するようにしましょう。

また、ハイチオールCシリーズを小児に服用させる場合は、保護者の監督のもと、服用させるようにしてください。7歳未満の小児は服用することができません。妊娠中や妊娠している可能性のある方も基本的には問題ないとされていますが、妊娠期間中は体質が敏感になっていることがあるので、かかりつけの医師に相談されることをおすすめします。

医薬品を使用して、皮膚のかゆみや発疹、下痢、嘔吐などの症状が現れた場合は、すぐに服用をやめ、医療機関を受診するようにしましょう。(副作用やアレルギーなどの可能性があります。)

製品の品質の維持のため、一度開封したら誤用や使用期限、湿気などに注意し、ビンや容器の蓋をきっちり閉めて保管するようにして下さい。

医薬品の服用の際は、付属の添付文書等の詳細情報を確認し、少しでも服用に関して不安のある方は、薬剤師や登録販売者に相談することをお勧めします。医薬品は用法・用量を正しく守り安全に使用しましょう。

どうすれば購入できる?

アミノ酸やビタミン類配合の商品は、医薬品分類として「第3類医薬品」のものが多く、街のドラッグストア店や薬店などで比較的手軽に購入することができます。

また、第1類、第2類、第3類のすべての一般用医薬品は、一定の条件の下、インターネットや電話などで販売できるようになりました。ただし、使用に特に注意が必要な「要指導医薬品」は対面販売に限ります。
※商品購入時に専門家からの情報提供を受ける場合があります。また医療用医薬品の「ハイチオール」は、保険薬局で医師の処方箋をもとに薬剤師が販売する処方薬ですが、零売薬局等で医師、歯科医師の処方箋がなくても購入できる薬としても位置付けられています。

詳細に関しては、店頭および各ショップ、または健康日本堂調剤薬局までお問い合わせください。

処方箋なしで購入できる零売について

医療用医薬品のなかでも「処方箋以外の医療用医薬品」(非処方箋医薬品)に指定されているものは一定の条件の元、医師の処方箋がなくても、「零売」(れいばい)という方法で購入できます。

健康日本堂調剤薬局赤坂店の概要

住所:東京都港区赤坂3-14-3 渡林赤坂ビル1階
TEL:0120-060-203
FAX:03-5797-8713
営業日・時間:月~金10:00〜19:00 / 土:9:00~17:00
定休日:日・祝
アクセス:東京メトロ千代田線「赤坂駅」から徒歩2分
この記事が気に入ったら
いいねしよう!
最新記事をお届けします。
監修村上菜美子
オンライン診療サービス
SOKUYAKUの使い方
  • STEP1
    病院検索・予約
    病院を検索して
    オンライン診療を予約
  • STEP2
    オンライン診療
    予約した日時で
    ビデオ通話による受診
  • STEP3
    オンライン薬局
    薬剤師がビデオ通話で
    薬の説明を行います
  • STEP4
    お薬配達
    薬局からお薬を発送
    首都圏なら最短翌日到着
病院検索・オンライン診療は
2020年年末にリリース予定です
メディカルコラム