零売をおこなう薬局の特徴と健康日本堂調剤薬局の取り組みについて

調剤薬局といえば、病院での受診でもらう処方箋を持って行くのが一般的ですが、近年、処方箋なしでも医薬品を購入できる「零売」と呼ばれる形態が広がりを見せています。 認知度はまだ低いのが現状ですが、セルフメディケーションの推進において、注目され始めています。

その中で、健康日本堂調剤薬局は、処方箋の受付だけでなく、零売できる薬局として赤坂に一号店を設けました。 零売を行う薬局と一般的な薬局やドラッグストアとの違いや、零売で購入できる医薬品の種類についても詳しく紹介します。

零売をおこなう薬局の特徴

医薬品の販売業には3つの種類があります。 1つめは、薬剤師が常駐し、調剤室がある「調剤薬局」です。 2つめは、薬剤師はいても調剤ができない「店舗販売業」、 3つめは家庭向けの配置薬を販売する「配置販売業」となっています。

健康日本堂調剤薬局も調剤室がある「薬局」に該当しますが、一般的な薬局とは違いがあります。

処方箋なしで「処方箋医薬品以外の医療用医薬品」の購入が可能

医薬品は、大きく「一般用医薬品」、「要指導医薬品」、「医療用医薬品」の3つに分けられます。 そのうち、医療用医薬品には「処方箋医薬品」と「処方箋医薬品以外の医療用医薬品」があります。

健康日本堂調剤薬局赤坂店では「処方箋医薬品以外の医療用医薬品」を処方箋なしで購入できる「零売」を行っています。

ドラッグストアとの違い

ドラッグストアの中にも薬剤師が常駐し、薬局の許可をとっている店舗もありますが、ドラッグストアとの大きな違いは、販売できる医薬品の種類です。

要指導医薬品・第一類医薬品の販売の可否

医薬品の販売を行う場合、管理者として薬剤師または登録販売者を置く必要があります。「薬局」という名前がついていれば薬剤師が管理者ですが、ドラッグストアの多くは登録販売者です。登録販売者は、第一類の一般用医薬品と要指導医薬品を販売することはできません。

たとえば、テレビCMでもよく目にする「ロキソニンS」や「ガスター10」は第一類医薬品に分類されています。ドラッグストアで購入できるイメージもあるかと思いますが、第一類医薬品については、書面での情報提供義務が薬剤師に求められています。要指導医薬品は、第一類医薬品よりも慎重な扱いが必要です。薬剤師の対面販売のみで、書面での情報提供義務もあります。

セルフメディケーション控除対象を確認できる

また、薬剤師常駐のドラッグストアだとしても、調剤室がなく、薬局の許可を得てなければ医療用医薬品の取扱いはできません。健康日本堂調剤薬局では、処方箋が必要な医薬品を含め、幅広い医薬品を取り扱っています。

セルフメディケーション税制が、2017年1月1日以降から導入されました。スイッチOTC医薬品の購入にかかった金額が年間12,000円を超えるときは、88,000円を上限として、所得税から控除できるという制度です。健康の維持推進・疾病の予防への取り組みを目的としています。

スイッチOTC医薬品は、処方箋が必要な医療用医薬品だった成分が、長年の実績や副作用の少なさなどが認められ、市販薬(OTC医薬品)に転換されたものです。スイッチOTC医薬品か、一般的な市販薬かの違いは、特定の成分が含まれているかどうかによります。

健康日本堂調剤薬局では、セルフメディケーション控除対象になるスイッチOTC医薬品なのかどうか、希望に合わせて確認を行っています。

医薬品の相性などの情報も伝えている

単体では副作用のリスクが低い医薬品も、飲み合わせによって副作用をもたらしたり、一方の効能を失わせてしまうことがあります。 例えば「解熱鎮痛剤」と「咳止めの風邪薬」を同時に購入 したが、どちらにも同じ鎮痛成分が実は入っていた というようなケースです。

ドラッグストアで購入する場合は、常備薬として購入するとか、「解熱剤」と「咳止め」を同時に飲むとか、特に伝えることはないと思います。ただし、薬剤師は第一類医薬品でなくとも併用の確認を行っています。

健康日本堂調剤薬局でも、購入する医薬品と、他に併用しているものとの相性や副作用が起きる危険性がないかも確認したうえで販売をしています。また、常用している医薬品との飲み合わせもチェックしています。

来局者一人ひとりに合わせたカスタマイズが可能

例えば風邪の症状の場合、ドラッグストアでは「風邪薬1瓶」での販売がほとんどだと思います。しかし、零売なら「解熱剤1日分+鼻風邪用3日分」のように来局者の症状に合わせて医薬品の販売を行っています。

健康日本堂調剤薬局で零売可能な医薬品の種類

健康日本堂調剤薬局で、零売に対応している「処方箋医薬品以外の医薬品」について紹介します。

処方箋なしでも購入できる医薬品

  • アレロック(またはジェネリックのオロパタジン)
  • シナール(またはジェネリックのシーピー顆粒)
  • トランサミン(またはトラネキサム酸)
  • ロキソニン
  • カロナール
  • ムコダイン(またはジェネリックのカルボシステイン)
  • リンデロンVG
  • ヒルドイドソフト軟膏
  • ヒルドイドローション
  • アスベリン

この他にも零売で購入可能な医薬品は多数存在します。詳しくは零売で購入できる医薬品の種類|医薬品はどのように分類されているのかを解説 で紹介しています。

健康日本堂調剤薬局では、痛み止め・抗アレルギー剤・胃腸薬・風邪薬(医療用)・漢方薬などの「医療用医薬品に分類される要処方箋医薬品以外の医薬品」を処方箋なしで販売しています。

ただし、上記の医薬品も、基本的には医師の診断を受けて処方されることが望ましいため、健康日本堂調剤薬局でも、販売の際には受診勧奨を行っています。

処方箋が必要な医薬品

処方箋医薬品となる、抗高血圧薬・糖尿病薬・抗精神薬・抗生物質・抗がん剤などは、病院で受診し、医師の処方箋をもらう必要があります。具体的には次の通りです。

  • アムロジン錠
  • ハルナール錠
  • ダオニール錠
  • ザファテック錠
  • ジスマロック錠
  • クラリス錠
  • デパス錠
  • セディール錠
  • ハルシオン錠、
  • マイスリー錠など

健康日本堂調剤薬局での医薬品の受け渡しについて

薬剤師は病状の診断を行っていません。そのため、来局者の病状を特定して、医薬品をおすすめすることはありません。

たとえば、頭痛を抑えたいという方に、いくつかの鎮痛剤を提示することはあっても、購入する鎮痛剤の最終決定は購入者にお願いしています。来局者の健康状態によっては医薬品の販売をおこなわず、病院への受診をすすめるケースもあります。

健康日本堂調剤薬局赤坂店の特徴

  • 住所:東京都港区赤坂3-14-3 渡林赤坂ビル1階
  • TEL:0120-060-203
  • FAX:03-5797-8713
  • 営業日・時間:月~金9:00〜20:00 / 土:9:00~17:00
  • 定休日:日・祝
  • アクセス:東京メトロ千代田線「赤坂駅」から徒歩2分 Google Map

隙間時間での薬の受け取りが可能

健康日本堂薬局では事前予約を受け付けています。電話・メール・アプリのいずれかで、購入する医薬品を伝えていただければ、予約した時間でスムーズに受け取れます。平日は9:00~20:00まで営業しているため、定時退社後や昼休みのちょっとした時間にも医薬品の受け取りが可能です。

医薬品購入の流れ

電話、メール、問い合わせフォーム、アプリから事前予約ができ(当日予約可能)、 来局から平均15~20分で購入可能です。 また、より安全に医薬品を使用していただくために、来局時に次のことを伝えています。

  • 医療機関への受診を推奨している
  • 使用は本人のみとしている
  • お薬によってご購入できる量を制限させていただくことがある。
  • ほかに飲んでるお薬があるかなどカウンセリングを行っている。
  • 定められた用法用量を守っていただくようお薬の説明を行っている。

処方箋医薬品の受け取りが可能

健康日本堂は調剤薬局であるため、病院でもらった処方箋の受け付けも行っています。健康日本堂調剤薬局近くの病院の処方箋はもちろん、自宅近くの病院で受診し、職場がある赤坂で医薬品を受け取りたい、といった場合にも活用いただけます。

速薬」アプリが便利

健康日本堂調剤薬局の「速薬」というアプリの活用で、処方箋が必要な医薬品も待ち時間なく受け取れます。撮影またはスキャンした処方箋の画像をアプリで送信いただければ、事前予約は完了です。送信後、受取ができる時間の確定メールをお届けします。ただし、受取時は処方箋の原本が必要です。

もちろん、処方箋なしの零売の場合も、アプリ内で医薬品名を選択すれば事前予約いただけます。また、速薬アプリからの予約は24時間受け付けており、ネット決済も可能です。