SOKUYAKUメディカルコラム

ユーザー向け

ムコダインの市販薬はある?使用方法や効果、副作用などの注意点について薬剤師が解説

2020年12月7日
ムコダインとは有効成分L-カルボシステインを含有する医療用医薬品の去痰薬です。去痰剤とは、痰や鼻水を出しやすくする目的で使用される医薬品です。感冒症状(風邪)などで処方される場合が多く、なかでもムコダインは服用したことがない方の方が少ないといえるほど、日本では小児から高齢者まで多くの年齢層の患者様に使用されている薬です。

ムコダインとは?

ムコダインとは有効成分L-カルボシステインを含有する医療用医薬品の去痰薬です。去痰剤とは、痰や鼻水を出しやすくする目的で使用される医薬品です。
感冒症状(風邪)などで処方される場合が多く、なかでもムコダインは服用したことがない方の方が少ないといえるほど、日本では小児から高齢者まで多くの年齢層の患者様に使用されている薬です。
病院・薬局では通常の錠剤以外にも小児で多く使用されているシロップ剤や粉の散剤など多くの剤形が用意されています。

ムコダインにジェネリックはある?

ムコダインは先ほど紹介した通り病院・薬局で長年、広く使用されていますのでジェネリック医薬品も多くのメーカーから発売されています。有効成分のL-カルボシステインを同量含有した薬としてカルボシステイン錠が販売されており、錠剤の他シロップや散剤などの剤形も同様にジェネリック医薬品が販売されています。

どんな症状にきくか?(一般的な効果効能)

カルボシステインは大きく分けて2つの服用方法で使用されている場合が多いです。

1つは風邪症状など短期間の服用です。もう1つは慢性気管支炎・慢性副鼻腔炎を中心とした慢性疾患の治療で継続服用する場合です。どちらの場合も薬を使用する目的は同じで、たんや鼻詰まりの解消に用いられています。

ムコダインの効能効果をまとめると、一般的に気道粘液調整作用、粘膜正常化作用といった働きによって、たんや鼻汁を出しやすくし、鼻づまりをやわらげます。たんや鼻水が詰まりやすい慢性疾患の場合は継続服用する場合もあります。

慢性疾患の具体例

上気道炎

急性気管支炎

気管支喘息

慢性気管支炎

気管支拡張症

肺結核の去痰

慢性副鼻腔炎

使い方のポイント

通常成人の用法・用量は1回1錠(500mg)を1日3回服用です。ただし治療を受ける患者様の年齢や症状によって薬の服用量は変わりますので医師・薬剤師の指示にしたがって服用してください。また同じ有効成分で多くの剤形があります。

錠剤が苦手であったり、小児科の場合など散剤ではなくシロップが良いなど希望があれば剤形を変更できる場合も多い薬なので診察を受ける際や薬局に処方箋を出す際に医師・薬剤師に相談してみてください。粉薬の場合は飲みやすくなるように薬の表面を甘くコーティングしています。柑橘類のジュースなどで薬のコーティングが剥がれてしまう可能性があるので水で服用してください。

注意点、副作用はある?

ムコダインやそのジェネリックであるカルボシステインは長年の使用実績で安全性が高い薬と考えられています。副作用のリスクも低く、薬の飲み合わせといわれる相互作用が問題になるケースも非常に少ない薬なので患者様に安心して使用していただける薬であると言えます。そのような薬でも副作用のリスクは0にはなりませんし、成分自体のアレルギーなどもあり得ます。アレルギーの場合は使用することはできません。

副作用としてはどのような症状があるのか紹介します。主な副作用として、食欲不振、下痢、腹痛、発疹、湿疹、紅斑、浮腫、発熱などが報告されています。
また稀に次のような症状が現れる場合があります。眼の充血や皮膚・口周囲の発疹・発赤・水疱、発熱、咽頭痛、倦怠感、食欲不振、白目や皮膚が黄色くなる、呼吸困難、浮腫、蕁麻疹このような症状が現れた場合は薬の服用を中止して速やかに医師・薬剤師に相談してください。

他にも気になる症状がある場合は医師・薬剤師に相談してください。またムコダインの有効成分であるL-カルボシステインは市販の風邪薬などにも含まれています。病院の薬と市販の薬を併用してしまうと有効成分の服用量が多くなってまう可能性がありますので、注意してください。

市販薬はあるの?その価格は?

ムコダインの有効成分であるL-カルボシステインを含有する市販薬は複数販売されています。ただし処方箋医薬品のムコダインと完全に同じ市販薬は日本国内で販売されていません。では市販薬と医療用医薬品とでは何が異なるのか気になりますよね。

両者の異なるポイントは大きく3つあります。

1つは複数の薬用成分が含有されている点です。医療用医薬品は単一成分といって多くの場合、薬1錠中に1種類の有効成分だけが含まれています。一方市販薬は通常咳止めや他の痰切り成分などを含めた複数の成分が含有されており、相乗的に効果を出しています。

2つ目は1錠に含まれている薬の成分量です。一般成人に処方される医療用医薬品のムコダインは1錠中に500mgの有効成分を含有しているのに対し、市販薬の場合は1錠中に250mg含有しています。薬1錠中に含まれる有効成分の量が半分になっています。また薬の有効成分量が半分の量になっているからといって薬を倍量服用すれば良いというわけでは決してありません。市販薬は同封されている使用上の注意をよく読み、用法用量を守って服用してください。

3つ目は価格です。医師の処方による処方箋を薬局に持っていき薬を購入する場合の金額は薬価として法律で決められています。ムコダインの場合500mg錠 1錠で¥13です。カルボシステイン500mgの場合は1錠¥7.9です。

市販薬は先ほど述べた通り複数の成分を含有しているので単純な比較はできませんが、ムコダインの有効成分と同じカルボシステインを含む広く使用されている市販薬と比較しても価格に差があることは明らかです。

ベンザブロックLプラス錠 30錠 ¥1,500 (武田コンシューマーヘルスケア)

新エスエスブロンエース錠 36錠 ¥1,280 (エスエス製薬株式会社)

パブロンメディカルT 18錠 ¥1,380 (大正製薬株式会社)

どうすれば購入できる?

ムコダイン及びそのジェネリックのカルボシステインは医療用医薬品なので市販購入やネット通販などを利用した購入方法はありません。市販薬にも同一成分を一部含有する市販薬はありますが、処方箋医薬品と同量の有効成分を含む商品はありませんので、ムコダインと全く同じ薬を購入する方法は2つです。

1つが病院など医療機関を受診し、医師の処方により発行された処方箋を用いて薬局で薬を購入する方法。もう1つが薬剤師の指導・管理のもと保険を使用せず零売で購入する方法です。実は病院で処方される医療用医薬品の中には、医師の処方による処方箋がなくても購入できるものがあります。

処方箋なしで購入できる零売について

これは「零売」(レイバイ)と呼ばれる、医療用医薬品を薬剤師によって対面販売する制度になります。東京都内で零売を行う健康日本堂調剤薬局赤坂店では、全国処方箋受付も一般の保険調剤薬局と同じように対応しながら医師の処方がなくても購入できる「零売」に対応している全国でも数少ない薬局です。
「速薬アプリ」をダウンロードして、ムコダインの購入予約をすれば、あとは店舗で受け取るだけです。ぜひご活用ください。


健康日本堂調剤薬局赤坂支店の概要

住所:東京都港区赤坂3-14-3 渡林赤坂ビル1階
TEL:03-5797-8712
FAX:03-5797-8713
営業日・時間:月~金10:00〜19:00 / 土:9:00~17:00
定休日:日・祝
アクセス:東京メトロ千代田線「赤坂駅」から徒歩2分
この記事が気に入ったら
いいねしよう!
最新記事をお届けします。
オンライン診療サービス
SOKUYAKUの使い方
  • STEP1
    診療予約
  • STEP2
    オンライン問診
  • STEP3
    オンライン診療
  • STEP4
    オンライン服薬指導
  • STEP5
    お薬配達

    ※配送時間は当日の配送状況やエリアによって異なります。

    ※配送エリアは23区内、横浜市内、大阪市内になります。順次拡大予定です。

詳しい使い方は動画でチェック

メディカルコラム