SOKUYAKUメディカルコラム
  1. トップページ
  2. メディカルコラム
  3. 医薬品
  4. 肩や腰、関節の痛みに効くロキソニンSテープとはどんな商品?用法用量、使用時の注意点など特徴を紹介
医薬品

肩や腰、関節の痛みに効くロキソニンSテープとはどんな商品?用法用量、使用時の注意点など特徴を紹介

監修薬剤師 廣瀬安國
2020年11月29日
ロキソニンSテープという商品を耳にしたことはありますか?医療用医薬品であるロキソニンテープと同じ有効成分が配合された市販薬で鎮痛効果の高い湿布です。しかし、医療用医薬品と同じ有効成分ですが、効能や注意点などいくつか違いがあります。今回は、ロキソニンSテープの効果や注意点など解説します。

ロキソニンSテープとは?

ロキソニンSテープは、医療用医薬品であるロキソニンテープと同じ有効成分が使用され、腰痛や、筋肉痛などの幅広い痛みに使用される外用薬です。
市販薬の中でもスイッチOTCに分類されている商品です。。 スイッチOTCは、医療用医薬品が長い期間副作用が少なく安全性が高いと認められ、市販薬としても販売できるようになった商品です。
ロキソニンSテープよりもサイズが大きいロキソニンSテープLという商品も販売されているので使用する部位によって使い分けることができます。

他のロキソニンS商品について

ロキソニンSには様々な商品が販売されています。解熱鎮痛薬としてロキソニンS、ロキソニンSプラス、ロキソニンSプレミアム、外用薬としてはロキソニンSテープ、ロキソニンSテープL、ロキソニンSパップ、ロキソニンSゲルがあります。
内服薬としてのロキソニンSは有効成分としてロキソプロフェンが含まれていますが、特徴的な副作用として胃腸障害があります。この副作用を抑えるために酸化マグネシウムが配合されているのがロキソニンSプラスです。
さらに、ロキソニンSプレミアムは、鎮痛成分であるアリルイソプロピルアセチル尿素と鎮痛効果を高めるために無水カフェイン、胃粘膜保護のためにメタケイ酸アルミン酸マグネシウムが配合されているので副作用が気になるけど痛みもしっかり抑えたい方にはおすすめです。
外用薬としてはロキソニンSテープとロキソニンSパップ、ロキソニンSゲルがありますが、有効成分、効能としては同じで使い方に違いがあります。
ロキソニンSテープやロキソニンSパップは、貼り付けるためかぶれなどの皮膚トラブルを起こしたり、間接などに貼ると剥がれてしまう可能性があるというデメリットがあります。ロキソニンSゲルでは塗るタイプのお薬であるため剥がれてしまう心配もなく関節など動きの大きい部位の使用に適しています。

製造販売しているメーカーは?

製造販売しているメーカーは、第一三共ヘルスケア株式会社です。
医療用医薬品のロキソニンテープの販売メーカーは、第一三共株式会社で第一三共ヘルスケア株式会社とグループ会社です。

成分のロキソプロフェンは熱や痛みを抑える解熱鎮痛薬

ロキソニンSテープの有効成分は、ロキソプロフェンという名称で非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に分類されています。非ステロイド性抗炎症薬は様々な解熱鎮痛薬に使用される身近な医薬品で作用としてはプロスタグランジンが体内で作られないようにします。体内でプロスタグランジンが産生されると神経を刺激して痛みを起こしたり、炎症や熱を発生させます。非ステロイド性抗炎症薬は、プロスタグランジンが産生されるために必要な触媒であるシクロオキシゲナーゼを阻害して解熱鎮痛効果を発揮します。
しかし、痛みや発熱を抑えられる便利なお薬の非ステロイド性抗炎症薬は特徴的な副作用として胃腸障害があります。プロスタグランジンは、胃の粘膜を保護する粘液の分泌を促進させる効果を持ってますが、プロスタグランジンの産生が抑制されることで胃が荒れます。
ロキソプロフェン は、プロドラッグという体内に入って代謝を受けることで効果を発揮できるようになる仕組みを持っています。プロドラッグ設計をすることで胃腸障害などの副作用を軽減できます。

効能効果は肩や腰の痛み、関節痛を抑える

肩や腰の痛み、関節痛などの幅広い痛みを抑えることができます。
しかし、ロキソニンSテープですが、慢性的に続く痛みに対応した商品ではありません。関節リウマチや変形性関節症など治療期間が長なる傾向があり、継続した痛みがある場合には治療に専門的な医薬品やリハビリが必要な疾患である可能性もあります。ロキソニンSテープを2週間以上使用しても痛みが続く場合には医療機関へ受診してください。

用法用量は?

1日1回患部に貼るようにしてください。痛みが継続するからと1日を超えて貼らないようにしましょう。有効成分は1日でなくなるので長時間貼っても効果がなく、かぶれなどの皮膚トラブルが起きる可能性が高くなります。痛みが続く場合には新しく湿布を貼り替えてください。

副作用は?

ロキソニンSテープの副作用として発疹、あかみ、ヒリヒリ感、かぶれなどの皮膚に起きる症状が多いです。皮膚に貼り付けるため敏感肌の人には強い刺激です。また、アレルギー症状として皮膚症状があらわれることもあります。
テープから有効成分が皮膚に浸透して体内に吸収されるので非ステロイド性抗炎症薬にはよくある胃の不快感などが起きることがあります。
その他にも、アスピリン喘息という副作用が存在します。アスピリン喘息は、非ステロイド性抗炎症薬で誘発される喘息です。過去に解熱鎮痛薬で喘息を起こしたことがある方はロキソニンSテープの使用を控えてください。

湿布薬の特徴について

ロキソニンSテープ以外にも様々な湿布薬が存在しています。
非ステロイド性抗炎症薬は、高い鎮痛効果があるため現在ではロキソニンSテープを含めた多くの外用鎮痛薬に含まれています。
しかし、主流のタイプとは別に古い世代のタイプの湿布も使われています。古いタイプの湿布にはサリチル酸メチルという鎮痛効果を持った成分とメントール、ハッカ油などの冷感作用を持った成分を配合した冷湿布とサリチル酸メチルにトウガラシエキスなどの温感成分を配合した温湿布があります。これらのタイプの湿布は、水分が多く含まれているので水分が蒸発することで温度を下げる効果を持っています。そのため、温湿布や冷湿布はどちらも患部を冷やしています。どちらも患部の温度を下げますが、体感温度に違いはあるので好みによって温感と冷感を使い分けられます。
共通していることは、痛みがある患部に湿布を貼り付けることで皮膚から有効成分が浸透して効果を発揮することにあります。

有効成分が皮膚から浸透

ロキソプロフェンが皮膚から浸透することで体内に吸収されて鎮痛効果を発揮します。
皮膚を温めてから湿布を貼ることで有効成分が吸収されやすくなるので、お風呂上がりに貼ることで効果的に使用できます。しかし、お風呂が上がり直後は皮膚がふやけている状態なので湿布を貼ると負担がかかります。お風呂上がりから1時間あけて湿布を貼るといいでしょう。

テープとパップの製品の違いは?

ロキソニンSテープ以外にロキソニンSパップという商品も販売されています。湿布には大きく分けて2種類あり、テープ剤とパップ剤それぞれ特徴があります。
テープ剤は、不織布に有効成分と接着剤が塗られた製品で粘着力が高い特徴があります。そのため、寝ている時や膝や肘などの動きの大きい関節に貼っても剥がれにくいうメリットがあります。しかし、剥がれにくいの剥がす時に皮膚への負担が大きくかぶれやすいのがデメリットです。
パップ剤は、布に有効成分と水分を多く含んだ基剤が塗られた製品です。パップ剤には水分を多く含んでいるため、水分が蒸発した時に熱を奪う気化熱効果を持っているのでひんやりとした使用感です。また、テープ剤に比べると剥がれやすいので就寝時や関節に貼ると剥がれやすいというデメリットがありますが、皮膚への負担が少ないのでかぶれにくいというメリットもあります。
使用する部位や使用する時間帯、皮膚への負担などを考慮して商品を選ぶといいでしょう。

使用時の注意点

ロキソニンSテープは、皮膚から有効成分を浸透させるように設計されているので目の周囲や粘膜などに使用することが想定されていません。特に傷口に当たってしまうと悪化する可能性もあるので注意しましょう。かぶれや化膿が起きている場合に湿布を使うと悪化するので医療機関へ受診してください。

通販や薬局での入手方法について

医療用医薬品のロキソニンテープは、医師の診断のもとで発行される処方箋がないと入手できませんが、市販薬であるロキソニンSテープは薬局で購入できます。また、ロキソニンSテープは第2類医薬品に分類されているので薬剤師が店舗に不在でも購入できます。大手通販サイトでも購入できるので入手しやすい商品です。
大手通販サイトで購入は、近くに店舗がない地域で住んでいる人や日中、店舗で購入できない人にはメリットがありますが、送料があるので店舗で購入するより価格が上がることもあります。セールやポイント還元などを活用するといいでしょう。

痛みが続くようであれば医師か薬剤師に相談しましょう

市販薬は医師の診断がなくても購入できるので簡単に使うことができます。
しかし、市販薬は長期間使用することを想定されて販売されていません。非ステロイド性抗炎症薬は痛みを抑えることはできますが、痛みの原因となる疾患を治すことはできません。ロキソニンSテープを5〜6日間貼っても症状に改善が見られない場合には専門的な治療が必要な疾患である可能性もあるので病院などへ受診してください。
また、2週間以上以上ロキソニンSテープを使用する必要があるぐらいに痛みが継続する場合にも医療機関への受診が必要です。
参考文献:湿布を効果的に使おう!~シップの種類や用途の確認~
https://www.home-ally.jp/media/uncategorized/a58
ロキソニンSテープ商品ページ、第一三共ヘルスケア株式会社
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/loxonin-s_tape/
ロキソニンSテープ添付文書
この記事が気に入ったら
いいねしよう!
最新記事をお届けします。
監修薬剤師 廣瀬安國
調剤薬局で薬剤師として従事。 薬剤師として学んだ知識と経験を活かして、医療用医薬品だけでなく身近に存在している市販薬についてもわかりやすく伝えることを意識して記事を執筆しています。
オンライン診療サービス
SOKUYAKUの使い方
  • STEP1
    病院検索・予約
    病院を検索して
    オンライン診療を予約
  • STEP2
    オンライン診療
    予約した日時で
    ビデオ通話による受診
  • STEP3
    オンライン薬局
    薬剤師がビデオ通話で
    薬の説明を行います
  • STEP4
    お薬配達
    薬局からお薬を発送
    首都圏なら最短翌日到着
病院検索・オンライン診療は
2020年年末にリリース予定です
メディカルコラム