SOKUYAKUメディカルコラム
ユーザー向け

トラネキサム酸は肝斑治療、シミ治療、美白に効果的?トラネキサム酸の成分と効果、その使用方法と副作用について薬剤師が解説

2020年12月24日
年齢とともにシミが気になりだした方は多いのではないでしょうか。シミに対するサプリメントや医薬品は数多くありますが、今回はトラネキサム酸という成分について、添付文書をもとに効能・効果、服用方法、注意点などの情報について解説していきます。また医療用のトラネキサム酸を病院を受診せずに購入する方法についても紹介します。

トラネキサム酸はどんな薬?

トラネキサム酸錠(またはトランサミン錠)は止血作用や抗炎症作用をもつため、もともとは医療機関では出血性の疾患や蕁麻疹、喉の痛みなどに対し処方されてきました。しかし1979年に蕁麻疹の患者にトラネキサム酸を投与したときに、偶然併発していた肝斑が改善したという報告をきっかけに、現在では肝斑の治療薬としても汎用されています。市販薬では風邪薬や咳止め、肝斑治療薬に含まれていますが、市販薬は医療用医薬品と比較するとトラネキサム酸の含有量が少なくなっています。

トラネキサム酸ってどんな薬?医薬品に含まれる成分は何?

トラネキサム酸という成分は、プラスミンというタンパク質の働きを阻害する抗プラスミン作用のあるアミノ酸です。プラスミンが働くと下記のような反応が起こります。

血栓が溶ける:血を固めるフィブリンという成分を分解する作用があります。

アレルギー、炎症反応が起こる:プラスミンが様々なタンパク質を分解する際にアレルギーや炎症反応を引き起こす物質が産生されます。

シミができる:プラスミンが表皮に存在するメラノサイトを活性化することで、シミの原因であるメラニンの生成を促進します。

トラネキサム酸がこのプラスミンの働きを阻害することにより、止血作用、抗炎症・アレルギー作用、また肝斑などメラニンの増加が原因で生じるシミを抑制する作用を示します。

トラネキサム酸の作用は?肝斑治療やシミ治療、美白に効果的?

トラネキサム酸の一般的な効能効果として、出血(肺出血、鼻出血、性器出血、腎出血、前立腺手術中・術後の異常出血)の止血、湿疹や蕁麻疹、扁桃炎や咽頭炎、口内炎、肝斑(医療用医薬品は保険適応外)があります。特に肝斑治療についての一般的な効果をご紹介します。

そもそも、シミには老化に伴うものや色素沈着によるものなどさまざまな種類があります。肝斑とは頬骨から目の下周辺の左右対称に生じるシミで、大半は30~40歳代の女性に発症し、原因は妊娠や経口避妊薬など女性ホルモンのバランスが大きく関与しているといわれています。肝斑の方は表皮のメラニンが増加しています。通常、メラニンは紫外線から皮膚を守るために作られます。そのため紫外線に当たるとさらに肝斑が悪化することがあります。トラネキサム酸はメラニンを生成するメラノサイトの活性化を抑制する作用があるため、メラニンの増加を伴う肝斑や紫外線によるシミに効果的です。

また抗酸化作用やメラニン生成を抑制する作用による美白効果をもつビタミンCを併用すると、その効果はより高くなることが知られています。実際に皮膚科では医療用医薬品であるビタミンC(商品名:シナール)がトラネキサム酸と一緒に処方されることがよくあります。また市販の肝斑治療薬であるトランシーノにもトラネキサム酸とビタミンCが配合されています。

トラネキサム酸の服用方法について。使用時の注意点や薬の副作用はある?

血、湿疹や蕁麻疹、扁桃炎や咽頭炎、口内炎の治療

通常、成人は1日750〜2,000mgを3〜4回に分けて服用します。年齢・症状により適宜増減されます。

肝斑

肝斑は保険適応外になりますが1日750mg~1500mgを3回に分けて1~3か月程度内服します。皮膚科ではトラネキサム酸は1日1500mgで処方されることが多いです。一方で、市販の肝斑治療薬の含有量は1日750mgであり皮膚科で処方される半分の量であるため、より高い効果を得るには病院で医療用のトラネキサム酸を処方してもらう必要があります。

注意点

トラネキサム酸は血栓を溶かしにくくしてしまうため、血栓(脳血栓、心筋梗塞、血栓性静脈炎など)、血栓症のおそれ、消費性凝固障害、手術後寝たきり、腎不全といった疾患をお持ちの方は使用できない可能性があります。

過去にアレルギーを生じた経験がある方は使用できない可能性があります。

妊娠中または授乳中の方は薬剤師に相談してください。

市販の風邪薬にも同成分が含まれている可能性があるため注意が必要です。他に薬などを使っている場合は薬剤師に相談してください。

副作用

トラネキサム酸は副作用の少ない薬ですが、食欲不振、悪心、嘔吐、胸やけ、眠気、そう痒感、発疹などが報告されています。この他にも気になる症状がある場合は、医師または薬剤師に相談してください。

トラネキサム酸錠はどうすれば購入できる?

医療用のトラネキサム酸やシナールを手に入れるためには、医療機関へ受診し、医師の診察後、処方を出してもらう必要があります。しかし忙しくてなかなか受診できないという方は「零売」という方法で購入が可能です。零売はもともと小売りや分割販売という意味があり、一部の医療用医薬品を処方箋なしで購入することができます。零売は薬剤師によるカウンセリングが必要であり、基本的に自分の症状を把握している場合に必要最低限の量の医薬品を購入することが可能になります。
ただし、医療医薬品は医師の処方箋に基づく薬剤の交付が原則であるため、健康日本堂調剤薬局赤坂店では、購入者に「零売を正しく認識していただく」、「医薬品を安心して服用していただく」ために、次のことを実践しています。

医療機関への受診を推奨している

使用は本人のみとしている

お薬によってご購入できる量を制限させていただくことがある

ほかに飲んでいるお薬があるかなどカウンセリングを行っている

定められた用法用量を守っていただくようお薬の説明を行っている

なお、薬剤師によるカウンセリングを受ける際には、お薬手帳や処方されている医薬品の説明書を持参するとスムーズです。 そうすることで、使用中の医薬品情報を明確に示せるほか、自分の体調やお薬に関する相談がしやすくなります。なお、トラネキサム酸は内服により血栓性の疾患を悪化させてしまう可能性があるため、購入の際にそのような疾患をお持ちの方は必ず薬剤師に伝えてください。
健康日本堂調剤薬局赤坂店の取り組み2019年6月に赤坂に第1号店をオープンさせた「健康日本堂調剤薬局」は、現代人のライフスタイルに合わせた新しいスタイルの薬局として注目を集めています。健康日本堂調剤薬局は、零売はもちろん、全国処方箋受付、漢方薬の調剤、サプリメントの販売と、医薬品に関するさまざまなニーズにワンストップで対応できるようになっています。

このような薬局は全国的にも珍しいといえます。また、医薬品の専門家である薬剤師が、さまざまな相談に応じています。「処方された医薬品についてくわしく知りたい」「効き目が強い」「効き目が弱い」「副作用が心配」「飲み合わせが心配」など、医師に直接聞きにくいことでも、薬剤師であれば聞きやすいこともあるでしょう。

処方箋なしで購入できる零売について

東京都内で零売を行う健康日本堂調剤薬局赤坂店では、全国処方箋受付も一般の保険調剤薬局と同じように対応しながら処方箋がなくても購入できる「零売」に対応している全国でも数少ない薬局です。

健康日本堂調剤薬局赤坂店の概要

住所:東京都港区赤坂3-14-3 渡林赤坂ビル1階
TEL:03-5797-8712
FAX:03-5797-8713
営業日・時間:月~金10:00〜19:00 / 土:9:00~17:00
定休日:日・祝
アクセス:東京メトロ千代田線「赤坂駅」から徒歩2分
この記事が気に入ったら
いいねしよう!
最新記事をお届けします。
オンライン診療サービス
SOKUYAKUの使い方
  • STEP1
    診療予約
  • STEP2
    オンライン問診
  • STEP3
    オンライン診療
  • STEP4
    オンライン服薬指導
  • STEP5
    お薬配達

詳しい使い方は動画でチェック

メディカルコラム