SOKUYAKUメディカルコラム
ユーザー向け

頭痛や生理痛にロキソニンは効果的?市販薬との違いは?成分や効果、副作用について解説

2022年03月12日
2022年03月12日
頭痛や生理痛にロキソニンは効果的?市販薬との違いは?成分や効果、副作用について解説のイメージ
頭痛・生理痛、熱さましとしても有名な解熱鎮痛薬の一つである「ロキソニン」。

近年では第一類医薬品としても販売され、より多くの方が使用できるよう手に入りやすくなっています。

今回は医療用医薬品の「ロキソニン」について効果や副作用など、市販薬との違いも含め解説していきます。

当コラムの掲載記事に関するご注意点

  • 当コラムに掲載されている情報については、執筆される方に対し、事実や根拠に基づく執筆をお願いし、当社にて掲載内容に不適切な表記がないか、確認をしておりますが、医療及び健康管理上の事由など、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。
  • 当コラムにおいて、医療及び健康管理関連の資格を持った方による助言、評価等を掲載する場合がありますが、それらもあくまでその方個人の見解であり、前項同様に内容の正確性や有効性などについて保証できるものではありません。
  • 当コラムにおける情報は、執筆時点の情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。
  • 前各項に関する事項により読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は一切責任も負うものではありません。

ロキソニンとは

頭痛・生理痛、熱さましとしても有名な解熱鎮痛薬の一つである「ロキソニン」。

近年では第一類医薬品としても販売され、より多くの方が使用できるよう手に入りやすくなっています。

今回は医療用医薬品の「ロキソニン」について効果や副作用など、市販薬との違いも含め解説していきます。

ロキソニンに含まれる成分は?

ロキソニンに含まれる有効成分はロキソプロフェンナトリウム水和物といいます。

医療用医薬品である「ロキソニン錠60mg」について、製造元の第一三共株式会社の添付文書情報より効能効果、用法用量は下記の通りです。

販売名:ロキソニン錠60mg

一般名:ロキソプロフェンナトリウム錠 

どんな症状に効果的?

頭痛・月経痛 (生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・腰痛・関節痛などの痛みや炎症(腫れ)に効果的なお薬です。

詳細な効能・効果/用法及び用量

1.下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛
関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛
通常成人にロキソプロフェンナトリウム(無水物として)1回60mg、1日3回経口投与する。頓用の場合は、1回60〜120mgを経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

2.手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎
通常、成人にロキソプロフェンナトリウム(無水物として)1回60mg、1日3回経口投与する。頓用の場合は、1回60〜120mgを経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

3.下記疾患の解熱・鎮痛
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)
通常、成人にロキソプロフェンナトリウム(無水物として)1回60mgを頓用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。ただし、原則として1日2回までとし、1日最大180mgを限度とする。

また、空腹時の投与は避けさせることが望ましく注意が必要です。

なお、上記の用法用量は医療機関に受診した際に医師の判断で処方されるお薬の量となりますので実際にお手元にロキソニンがあったとしても勝手に自己調節をすることはやめ、必ず医師・薬剤師に相談するように注意しましょう。

ロキソニンの種類は?

錠剤の他にも「ロキソニン細粒」、外用薬の貼り薬「ロキソニンパップ」「ロキソニンテープ」などがあります。

主な作用鎮痛作用、抗炎症作用、解熱作用で、同類の薬の中では特に鎮痛作用が強く整形外科や歯科など鎮痛効果が求められる診療科でもよく使われます。

「カロナール」には挙げられない「ロキソニン」の抗炎症作用について

処方や市販されている薬のうち解熱鎮痛剤は大きく分けて2つあり、「ロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)」をはじめとした「NSAIDs」と呼ばれる解熱や鎮痛、抗炎症作用のある非ステロイド性の抗炎症薬と「カロナール(一般名:アセトアミノフェン)」のような脳の体温調節中枢や中枢神経などに作用して解熱、鎮痛作用があります。

発熱のメカニズムとしては、脳の体温調節中枢というところに情報が伝わって、体温調節中枢から発熱の指令が身体の各部に伝わることで生じるのですが「カロナール」は体温調節中枢に作用し、熱を体外へ逃がす作用を増強するお薬として知られています。

また、発熱や頭痛などの痛みの情報を伝える物質(PG:プロスタグランジン)を阻害する作用があります。

NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)である「ロキソニン」はCOX(シクロオキシゲナーゼ)を阻害し、かつ起炎物質・発痛増強物質として知られるプロスタグランジンE2(PGE2)の合成抑制もあるため、「ロキソニン」には抗炎症作用があります。

市販薬

医療用医薬品「ロキソニン」の製造元である第一三共株式会社より、内服薬としては第一類医薬品として3つのシリーズが販売されています。

ロキソニンS

ロキソニンSプラス

ロキソニンSプレミアム

使い方のポイント

医療用医薬品と市販の大きな違いといえば、1日あたりの服用量でしょう。

医師からの処方の場合は1日3回までとし症状に合わせ適宜増減となっているのに対し市販薬では1日2回までが基本的な適応量とされているため使用時には注意が必要です。

医療用医薬品よりも少ないのは薬局、薬店で誰でも薬剤師の指導のもととはいえ購入できる成分の種類や含有量などの観点から、指示されている用量の範囲では比較的副作用の可能性も低くなり安全とされ、また、誰にでも使いやすいようにと考慮されているためです。

ロキソニンの副作用や注意点

主な副作用として、胃部不快感、みぞおちの痛み、腹痛、吐き気・嘔吐、食欲不振、浮腫・むくみ、発疹、蕁麻疹、眠気、発熱、そう痒感などが報告されています。

このような副作用に当てはまりそうな症状に気づいたら、必要に応じて担当の医師または薬剤師に相談してください。

次にあげる疾患などお持ちの方は事前に医師に報告するようにしましょう。

1. 消化性潰瘍のある患者
2. 重篤な血液の異常のある患者
3. 重篤な肝障害のある患者
4. 重篤な腎障害のある患者
5. 重篤な心機能不全のある患者
6. 本剤の成分に過敏症の既往歴のある患者
7. アスピリン喘息又はその既往歴のある患者
8. 妊娠末期の婦人

また、下記の点にも注意が必要です。

消炎鎮痛剤による治療は原因療法ではなく対症療法であることに留意すること。あくまでも今ある痛みを抑えるお薬であって痛みの原因を治癒させるものではありません。

15歳未満は服用不可該当するお子様には年齢に応じた痛み止めを使用するよう注意し、市販薬など購入される際には必ず薬剤師・登録販売者に年齢を伝え相談後に適した医薬品を購入するようにしましょう。

高齢者高齢者の方には副作用の発現を最小限に抑えるために必要最小限にとどめるよう注意すること。

胃が弱い自覚がある方副作用の説明にもありますように、「ロキソニン」を服用することで胃に負担がかかる場合があるため患者として医療機関に受診される際は必ずその旨を医師に相談しましょう。そうすれば胃の粘膜を保護する胃薬などを「ロキソニン」と一緒に処方してくださる場合があります。また、胃に負担をかけないためにも必ず食後に服用するようにし、空腹時は避けましょう。

妊娠中に使用妊娠中の投与に関する安全性は確立していないため、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与することとされています。また使用を続けていると胎児の心臓や血圧など悪影響がでる可能性があるため特に妊娠後期の28週以降は注意し、使用を避けること、とされていることから妊娠されている方は必ず担当の医師に相談をするようにしましょう。

授乳中授乳の場合は授乳を中止することが望ましいとされています。この場合もかかりつけの医師に相談し判断を仰ぎましょう。

他にもお薬を飲んでいる方「ロキソニン」と他のお薬の飲み合わせ、または「ロキソニン」と食品(飲み物/嗜好品含む)の食べ合わせによっては、よくない影響が出る組み合わせがありますので必ず他のお薬を飲んでいる場合は医師・薬剤師にお薬手帳などを見せて相談するよう注意しましょう。

ロキソニンはどうすれば購入できる?

市販の第一類医薬品をお求めの際には、薬剤師が勤務している薬局または薬店での購入が可能です。

一方医療用医薬品に指定されている「ロキソニン錠60mg(一般名:ロキソプロフェンナトリウム)」は、通常購入することができません。

しかしながら「ロキソニン」は「処方箋以外の医療用医薬品」(非処方箋医薬品)に指定されているため、「零売」(れいばい)の取り組みを行なっているという薬局であれば、医師の処方箋がなくても薬剤師との対面によるカウンセリングのもと可能です。

ロキソニンを購入するにはどうしたらいい?

ロキソニンは「医療用医薬品」に指定されているため、処方箋なしでドラッグストアなどで購入することはできません。

ロキソニンを購入するには、医師の診察を受けて処方箋を発行してもらう必要があります。しかし、薬をもらうためだけに病院に行くのは面倒と感じる方もいるのではないでしょうか。

薬をもらうためだけに時間をかけて行きたくない

待ち時間が長いのに診察はすぐに終わる

感染リスクが怖い

このように考えている方は、オンライン診療の利用を検討してみましょう。

オンライン診療とは「病院に行かなくても、スマートフォンやタブレットのカメラを繋いで診察を受けられるサービス」です。

現在感染症拡大を受けての特例措置として、初診でのオンライン診療も可能になっています。オンライン診療アプリSOKUYAKUなら、事前予約をすることで待ち時間なしでおうちで受診できます。
普段の診察や薬にかかる料金に加えてかかるのはサービス利用料の165円(税込)のみ。病院に行く時間や交通費を考えると、お金も時間も浮く方も多いのではないでしょうか。

薬はオンライン服薬指導を受けていただいた後郵送、または送付した処方箋を近くの薬局にお持ちいただき、お受け取りいただくことができます。

通院時間や長い待ち時間なし、スキマ時間で診察を受けてみませんか?
頭痛や生理痛にロキソニンは効果的?市販薬との違いは?成分や効果、副作用について解説のイメージ
この記事が気に入ったら
いいねしよう!
最新記事をお届けします。

オンライン診療アプリ
SOKUYAKUの使い方

  • STEP1

    SOKUYAKUの使い方STEP1

    診療予約

  • STEP2

    SOKUYAKUの使い方STEP2

    オンライン問診

  • STEP3

    SOKUYAKUの使い方STEP3

    オンライン診療

  • STEP4

    SOKUYAKUの使い方STEP4

    オンライン服薬指導

  • STEP5

    SOKUYAKUの使い方STEP5

    おくすり配達

SOKUYAKUメディカルコラム