SOKUYAKUメディカルコラム
ユーザー向け

医療用医薬品のカロナール(アセトアミノフェン)は処方箋なしでも購入可能?

監修薬剤師 佐生佳子
2022年03月19日
2022年03月19日
医療用医薬品のカロナール(アセトアミノフェン)は処方箋なしでも購入可能?のイメージ
頭痛や発熱といった症状はいつ現れるかわからないため、カロナールを常備している人も多いのではないでしょうか。カロナールは処方薬であるため、医療機関の受診が求められます。しかし、「仕事が忙しく受診する時間がなかなか取れない」といった悩みも少なくありません。

そういった悩みを応えるために、一部の医療用医薬品が処方箋なしで購入できる零売という方法があります。

当コラムの掲載記事に関するご注意点

  • 当コラムに掲載されている情報については、執筆される方に対し、事実や根拠に基づく執筆をお願いし、当社にて掲載内容に不適切な表記がないか、確認をしておりますが、医療及び健康管理上の事由など、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。
  • 当コラムにおいて、医療及び健康管理関連の資格を持った方による助言、評価等を掲載する場合がありますが、それらもあくまでその方個人の見解であり、前項同様に内容の正確性や有効性などについて保証できるものではありません。
  • 当コラムにおける情報は、執筆時点の情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。
  • 前各項に関する事項により読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は一切責任も負うものではありません。

カロナールの特徴

カロナールは、鎮痛剤・解熱剤として使用され、以下のような特徴があります。

効きめが穏やかなため、小児、妊婦、高齢者にも使用できる。

インフルエンザに使用できる。

リウマチなどの強い痛みを抑えることには向いていない。

肝機能障害が起きる可能性がある。

カロナールは原則としては処方箋が必要な医薬品

市販薬と処方薬は、同じ名称でも配合されている成分量や添加物などが異なります。市販薬は安全性を考慮しているため、処方薬に比べて効き目が緩やかであることが特徴です。カロナールの場合、処方薬と同じ名称で市販薬として販売されていません。

したがって、処方薬のカロナールが欲しい場合は原則として医療機関を受診し、医師による処方箋の発行が必要です。

カロナールを購入するにはどうしたらいい?

カロナールは「医療用医薬品」に指定されているため、処方箋なしでドラッグストアなどで購入することはできません。

カロナールを購入するには、医師の診察を受けて処方箋を発行してもらう必要があります。しかし、薬をもらうためだけに病院に行くのは面倒と感じる方もいるのではないでしょうか。

薬をもらうためだけに時間をかけて行きたくない

待ち時間が長いのに診察はすぐに終わる

感染リスクが怖い

このように考えている方は、オンライン診療の利用を検討してみましょう。

オンライン診療とは「病院に行かなくても、スマートフォンやタブレットのカメラを繋いで診察を受けられるサービス」です。

現在感染症拡大を受けての特例措置として、初診でのオンライン診療も可能になっています。オンライン診療アプリSOKUYAKUなら、事前予約をすることで待ち時間なしでおうちで受診できます。
普段の診察や薬にかかる料金に加えてかかるのはサービス利用料の165円(税込)のみ。病院に行く時間や交通費を考えると、お金も時間も浮く方も多いのではないでしょうか。

薬はオンライン服薬指導を受けていただいた後郵送、または送付した処方箋を近くの薬局にお持ちいただき、お受け取りいただくことができます。

通院時間や長い待ち時間なし、スキマ時間で診察を受けてみませんか?
医療用医薬品のカロナール(アセトアミノフェン)は処方箋なしでも購入可能?のイメージ
この記事が気に入ったら
いいねしよう!
最新記事をお届けします。
監修薬剤師 佐生佳子

オンライン診療アプリ
SOKUYAKUの使い方

  • STEP1

    SOKUYAKUの使い方STEP1

    診療予約

  • STEP2

    SOKUYAKUの使い方STEP2

    オンライン問診

  • STEP3

    SOKUYAKUの使い方STEP3

    オンライン診療

  • STEP4

    SOKUYAKUの使い方STEP4

    オンライン服薬指導

  • STEP5

    SOKUYAKUの使い方STEP5

    おくすり配達

SOKUYAKUメディカルコラム