SOKUYAKUメディカルコラム

ユーザー向け

カロナールは頭痛・生理痛に効果的?鎮痛作用・解熱作用をもつ?ジェネリックはある?市販で購入できる?医薬品の成分や効能効果について解説

2020年12月9日
カロナールは有効成分としてアセトアミノフェン を含有する医療用医薬品です。アセトアミノフェンは熱を下げる解熱剤としての作用、痛み・炎症を和らげる鎮痛剤として作用を持ち、一般的に広く使用されている医療用医薬品の解熱鎮痛薬です。その鎮痛効果から生理痛薬・頭痛薬に、熱を下げ症状を和らげる作用から風邪薬にも配合されます。

病院など医療機関で処方されるカロナールは長きに渡り、多くの患者様の様々な症状に鎮痛剤・解熱剤として使用されており、有効性・安全性が確認されている薬の1つです。医薬品の剤形としては、カロナール錠だけでなくカロナール坐剤、カロナールドライシロップという粉薬やカロナールシロップなど様々な剤形が販売されているため、小児や高齢者といった患者様の条件および症状など患者様の状態に合わせて最適な剤形を選択することができます。

カロナールとはどんな薬?頭痛・生理痛や発熱にも効果的?

カロナールは有効成分としてアセトアミノフェン を含有する医療用医薬品です。アセトアミノフェンは熱を下げる解熱剤としての作用、痛み・炎症を和らげる鎮痛剤として作用を持ち、一般的に広く使用されている医療用医薬品の解熱鎮痛薬です。
その鎮痛効果から生理痛薬・頭痛薬に、熱を下げ症状を和らげる作用から風邪薬にも配合されます。病院など医療機関で処方されるカロナールは長きに渡り、多くの患者様の様々な症状に鎮痛剤・解熱剤として使用されており、有効性・安全性が確認されている薬の1つです。

医薬品の剤形としては、カロナール錠だけでなくカロナール坐剤、カロナールドライシロップという粉薬やカロナールシロップなど様々な剤形が販売されているため、小児や高齢者といった患者様の条件および症状など患者様の状態に合わせて最適な剤形を選択することができます。

このように広く使用されるカロナールですが、その有効成分はどのような働きをするのでしょうか。カロナールの薬効成分について解説します。

解熱鎮痛作用をもつ薬カロナールの有効成分のアセトアミノフェンとは?

先ほど述べたようにカロナールは有効成分としてアセトアミノフェンを含有した医薬品です。医療用医薬品としてはカロナール、市販薬としてはタイレノールAという製品を中心にいくつかの製品が販売されています。いずれの医薬品も長期間の使用実績があり安全性・有効性が確認されている薬です。

長期間使用されている古い薬ではありますが、現在も解熱剤・鎮痛剤として多くの市販薬に含まれていますし、病院などの医療機関でも風邪や痛み・炎症症状の治療目的で広く処方される薬です。解熱鎮痛薬という特性上、小児から高齢者まで広い年齢層の患者様に対して有効な医薬品が理想的です。

カロナール

カロナールは実際、小児から高齢者、さらには妊産婦の患者様まで使用することができる、とても身近な医薬品の1つとなっています。同様に広く使用されている解熱鎮痛薬にロキソニン(成分名:ロキソプロフェン)やイブ(成分名:イブプロフェン)などの医薬品もありますが、アセトアミノフェンとは薬の効き方が異なります。

アセトアミノフェン

アセトアミノフェンは、ロキソニンやイブと比べると効果はマイルドですが、そのぶん胃痛など胃腸障害の副作用が少なく長期の使用も比較的安全です。ロキソニンやイブなどで胃痛が起きた場合、胃腸障害の少ないアセトアミノフェンへ変更することもあります。

また、15歳未満の小児に対しては、ウイルス性疾患にかかっている場合、ロキソニンやイブなどを使用すると脳症という副作用症状を起こす危険がありますが、アセトアミノフェンの場合はその点においては心配することなく使用することが可能です。そのため小児の解熱鎮痛薬としては医療機関でも基本的にアセトアミノフェンが使用される場合が多くなっています。

医療用医薬品のカロナールにジェネリックはあるの??

先ほど述べたようにカロナールは長期間使用されている医薬品なので実は先発品が存在しない薬なのです。みなさんが使用するカロナールに関しては錠剤・細粒・シロップは全てがジェネリック医薬品に分類されているので、患者様としては先発品・後発品と区別することに意味はありません。

ただし例外的に小児などに処方されるカロナール坐剤、アンヒバ坐剤などの坐剤は先発医薬品に分類されており、ジェネリック医薬品としてはパラセタ坐剤・アセトアミノフェン坐剤が先発品と区別して販売されています。これらは単純に薬の販売開始になったタイミングの問題で医薬品としての効能効果に影響するものではありません。

解熱剤?鎮痛剤?カロナールはどんな症状に効果的?

先ほども述べた通り、カロナールの有効成分であるアセトアミノフェンは解熱鎮痛成分なのでその働きは大きく2つあり、解熱作用と鎮痛作用です。解熱作用は文字通り、風邪やインフルエンザなど様々な理由によって引き起こされた発熱を和らげる効果があります。

症状によって効果の出方は異なりますが多くの原因に対して解熱作用を示します。もう1つの鎮痛作用に関しても文字通り、様々な原因による痛みを抑える痛み止めとしての効果があります。
もう1つの鎮痛作用に関しても文字通り、様々な原因による痛みを抑える痛み止めとしての効果があります。一般的に使用される具体例としては、生理痛・頭痛・歯痛・腰痛などがあげられます。

解熱鎮痛作用以外を期待して使用されることはありませんので様々な原因による発熱・痛みの対症療法医薬品といえます。
広い年齢層に使用でき、胃腸障害などの副作用を起こすリスクは低いため、解熱剤を使用したい・痛み止めを使用したいなど対象の症状がある際はとても使いやすい医薬品であるといえます。
また少し専門的な内容にはなりますが、医療用医薬品の説明書である添付文書では次のような症状の改善に効果があるとされています。

頭痛

生理痛

腰痛

歯痛

癌性疼痛

変形性関節症などの痛み

風邪症状(急性上気道炎)

小児の発熱

中耳炎や頭痛

打撲

カロナールの副作用や使用上の注意点はある?

カロナールは小児やお年寄り、妊娠中の方も使える安全性の高い薬です。しかし長期服用・過量服用により肝臓の機能が悪くなる肝機能障害が起こる可能性があるので注意が必要です。飲酒は肝臓の機能障害の副作用を起こしやすくする恐れがありますので注意しましょう。薬を服用中は飲酒は控えるべきです。

またカロナールの効果はあくまで対処療法です。薬の効果で一時的に痛み・発熱などの症状は緩和しますが、原因そのものを治療ことはできません。ウイルス感染や細菌感染などの感染症の場合、カロナールは殺菌作用を持つ薬ではないため症状が続くようなら医師の診察を受け、必要に応じて適切な抗生物質を使用する必要があります。

肝臓や胃腸の障害を起こすリスクは低いですが、空腹時は副作用予防の観点からも服用は避けた方が良いでしょう。胃や腸の調子が悪く、胃腸薬を服用されている方は特に注意が必要です。

薬を服用中、下記のような症状があらわれた場合は、副作用の初期症状の可能性があります。このような場合には、薬剤の使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

呼吸困難

動悸

全身潮紅

じんま疹

高熱

水疱

関節痛

皮膚粘膜眼症候群

息苦しい

喘鳴発作

全身けん怠感

食欲不振

皮膚や白目が黄色くなる

咽頭痛

カロナールは市販で購入可能?OTCなど市販薬はある?

カロナールなどアセトアミノフェンを含有する医薬品は病院などの医療機関で処方される医療用医薬品とドラッグストアなどで購入可能な市販薬に大別され、それぞれ市販購入の可否が異なります。

まず処方薬の場合ですが、医療用医薬品の市販での販売は法律で禁止されていますので市販での購入は不可能です。したがってカロナールを市販で購入したい場合はカロナールと同一の有効成分を含有する市販薬の購入を検討する形になります。市販薬の場合、こちらは通販での購入も可能ですので利便性も高いといえます。

アセトアミノフェンを含有する市販薬の具体的例をいくつか紹介します。市販薬としてアセトアミノフェンは風邪薬・鎮痛剤などの有効成分の1つとして含有される場合がほとんどです、また最近は漢方薬と一緒に配合されている製品も販売されています。アセトアミノフェンを含有する市販薬は以下の通りです。(対象となる商品を全て表示しているわけではありません)

タイレノールA【第2類医薬品】

ラックル速溶錠【第2類医薬品】

小児用バファリン チュアブル【第2類医薬品】

タイレノールAとラックル速溶錠は1錠中にアセトアミノフェンが300mg含まれており、使用方法は成人(15歳以上)、1回1錠、1日3回を限度とされています。

タイレノールAは解熱、生理痛、頭痛薬などの痛み止めとして、ラックル速溶錠は腰痛や肩こりに対した効果をターゲットに販売されていますが、どちらも1錠あたりのアセトアミノフェンの含有量は同じなので期待できる効能効果も概ね同じです。

ラックル速溶錠は口の中で素早く溶ける口腔内崩壊錠のため水がなくても飲みやすい薬になっています。小児用バファリンチュアブルは1錠中にアセトアミノフェンが50mg含まれており、年齢ごとに服用錠数が決めれています。小児の成長に合わせ、薬の服用錠数を変更するだけで長く同じ薬を服用することができるので安心ですね。

カロナールはどこで買えるの?

先ほど紹介したようにカロナールの有効成分であるアセトアミノフェン を含有する医薬品はドラッグストアなどで市販薬として手軽に購入することができる医薬品です。また市販薬の場合は通販での購入もできる点を紹介しました。
市販で購入することができるのであれば医療用医薬品は不要なように感じる方もいらっしゃるかと思いますが実は市販薬中に含まれるアセトアミノフェンの成分量は医療用医薬品中に含まれる成分量より少なくなる場合があります。同じ有効成分のアセトアミノフェンですが、含有されている成分量が異なるため、同一の効果が期待できない可能性があります。このような違いは医薬品の安全な使用という観点から判断されています。
医師・薬剤師のような専門家の指導がない市販薬として医療用医薬品と同程度の効果の医薬品の使用は副作用や症状悪化などのリスクが高くなってしまうため、患者様への予期せぬ影響を防止する策の1つというわけです。

このような安全性を考えると、医療用医薬品は医師・薬剤師など専門家の指導下で使用した方が安全に使用できることは明らかです。安全性を気にすることなく購入する方法は2つです。1つが病院を受診し、発行された処方箋を用いて薬局で薬を購入する方法。もう1つが薬剤師の指導・管理のもと保険を使用せず零売で購入する方法です。実は病院で処方される医療用医薬品の中には、処方箋がなくても購入できるものがあります。

これは「零売」(レイバイ)と呼ばれる、医療用医薬品を薬剤師によって対面販売する制度になります。

処方箋なしで購入できる零売について

東京都内で零売を行う健康日本堂調剤薬局赤坂店では、全国処方箋受付も一般の保険調剤薬局と同じように対応しながら処方箋がなくても購入できる「零売」に対応している全国でも数少ない薬局です。
「速薬アプリ」をダウンロードして、カロナールの購入予約をすれば、あとは店舗で受け取るだけです。商品の価格については、薬剤師までお問い合わせください。ぜひご活用ください。

健康日本堂調剤薬局赤坂支店の概要

住所:東京都港区赤坂3-14-3 渡林赤坂ビル1階
TEL:03-5797-8712
FAX:03-5797-8713
営業日・時間:月~金10:00〜19:00 / 土:9:00~17:00
定休日:日・祝
アクセス:東京メトロ千代田線「赤坂駅」から徒歩2分
この記事が気に入ったら
いいねしよう!
最新記事をお届けします。
オンライン診療サービス
SOKUYAKUの使い方
  • STEP1
    診療予約
  • STEP2
    オンライン問診
  • STEP3
    オンライン診療
  • STEP4
    オンライン服薬指導
  • STEP5
    お薬配達

詳しい使い方は動画でチェック

メディカルコラム