SOKUYAKUメディカルコラム
ユーザー向け

ムコダインはつらい風邪の痰や鼻詰まりに効果的?ジェネリックはある?ムコダインに含まれる成分や効能効果など気になる疑問をまとめて解説

2022年03月15日
2022年03月15日
ムコダインはつらい風邪の痰や鼻詰まりに効果的?ジェネリックはある?ムコダインに含まれる成分や効能効果など気になる疑問をまとめて解説のイメージ
ムコダインは有効成分としてカルボシステインを含有する、風邪などでよく処方される医療用医薬品です。小児から高齢者まで広く感冒などの疾患に使用されていますので服用したことのない人を探す方が難しいほどです。有効成分のカルボシステインは痰を出しやすくしたり鼻水を出しやすくする、一般的に去痰薬と呼ばれる効能効果を持つ薬です。

カルボシステインは多くの患者様の様々な症状の治療に使用されており、有効性・安全性が確認されている薬の1つです。医薬品の剤形としては、錠剤だけでなく、粉薬やシロップなど様々な剤形があるため、小児や高齢者といった患者様の年齢や条件および症状など患者様の状態に合わせて最適な剤形を選択することができます。

当コラムの掲載記事に関するご注意点

  • 当コラムに掲載されている情報については、執筆される方に対し、事実や根拠に基づく執筆をお願いし、当社にて掲載内容に不適切な表記がないか、確認をしておりますが、医療及び健康管理上の事由など、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。
  • 当コラムにおいて、医療及び健康管理関連の資格を持った方による助言、評価等を掲載する場合がありますが、それらもあくまでその方個人の見解であり、前項同様に内容の正確性や有効性などについて保証できるものではありません。
  • 当コラムにおける情報は、執筆時点の情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。
  • 前各項に関する事項により読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は一切責任も負うものではありません。

ムコダインとはどのような薬?風邪や副鼻腔炎に効果的?

ムコダインは有効成分としてカルボシステインを含有する、風邪などでよく処方される医療用医薬品です。小児から高齢者まで広く感冒などの疾患に使用されていますので服用したことのない人を探す方が難しいほどです。

有効成分のカルボシステインは痰を出しやすくしたり鼻水を出しやすくする、一般的に去痰薬と呼ばれる効能効果を持つ薬です。
カルボシステインは多くの患者様の様々な症状の治療に使用されており、有効性・安全性が確認されている薬の1つです。医薬品の剤形としては、錠剤だけでなく、粉薬やシロップなど様々な剤形があるため、小児や高齢者といった患者様の年齢や条件および症状など患者様の状態に合わせて最適な剤形を選択することができます。
このように広く使用されるムコダインですが、その有効成分はどのような働きをするのでしょうか。ムコダインの有効成分について解説していきます。

ムコダインにはどんな成分が含まれている?市販の医薬品にも含まれる?

先ほど少しふれたように、ムコダインの有効成分はカルボシステインという成分です。有効成分としてカルボシステインを含有する製品は多く、医療用医薬品としてはムコダインが有名です。乳幼児から高齢者まであらゆる年齢層の方に向けて風邪などの症状に処方されています。

また市販薬の中にも有効成分としてカルボシステインを含有する商品はたくさん販売されており、多くが総合感冒薬、いわゆる風邪薬の成分の1つとして配合されています。医療用医薬品・市販薬どちらの場合もカルボシステインは痰や鼻水のネバネバをサラサラにして出しやすく効果があります。

カルボシステインはこのように痰切りとしての効果をもちますが、実は痰切り薬は多くの場合複数の薬を併用して服用します。カルボシステイン以外の有名な痰切りの薬としてはムコソルバン(成分名:アンブロキソール)やビソルボン(成分名:ブロムヘキシン)があります。

ムコソルバンやビソルボンはのどや鼻の粘膜にへばりついた痰を洗い流す作用があり、相乗効果を狙いカルボシステインとブロムヘキシンやビソルボンを併用することも少なくありません。

ムコダインにジェネリック医薬品はあるの?

ムコダインは販売開始から長い年月が経過しており、安全性や効能効果がよく知られた医薬品です。長期間使用されてきた医薬品なので、ジェネリック医薬品はいくつか販売されています。実際の製品名としてはカルボシステイン錠などといった有効成分の名称がそのまま製品名となった医薬品が販売されています。

みなさんはジェネリック医薬品というと価格が安くなるといったイメージをお持ちの方が多いかと思います。実際ほとんどの医薬品の場合にジェネリック医薬品に変更することで薬の価格である薬価を大きく下げることができます。

ただし医薬品の価格の違いは研究開発費などの違いによるもので効果が弱い・質が悪いといったことではありません。先発品と同様の効能効果や安全性が国の規定を満たす製品のみがジェネリック医薬品として販売されていますので安心してご利用いただけます。

ムコダインに含まれるカルボシステインはどんな症状に効果的?去痰や鼻詰まりへの作用も期待できる?

先ほど述べたとおり、ムコダインの有効成分であるカルボシステインは痰や鼻水をサラサラにし、出しやすくさせる作用があり、痰が絡んでのどに不快感がある症状や、鼻詰まりで呼吸が苦しい等の症状を改善してくれます。

このような痰や鼻詰まり症状を改善することで間接的にのどの痛みや咳症状に対する効果も期待できます。喉の痛みは口呼吸で喉が乾燥することが原因の1つになっていますし、咳がからむことで咳を繰り返し起こしてしまうこともあります。
カルボシステインは鼻づまりを改善させて口呼吸を改善させるため、喉の痛みを改善し、痰が原因で咳が出て止まらない場合では痰をサラサラにして不快な症状を改善してくれるため結果的に咳が収まります。
咳止めは眠気が出やすいので痰が原因の咳の場合はカルボシステインは効果的です。カルボシステインはこのような風邪症状の他に蓄膿症(慢性副鼻腔炎)の治療でも用いられ、鼻水・膿の排出を促し改善させます。

花粉症など鼻水の症状から蓄膿症になりやすい方はアレルギーを抑える薬と一緒に使うと効果的です。また、痰や鼻水を出しやすくさせて症状を改善させるため一時的に痰・鼻汁の量が増えますが問題はありません。

専門的にはなりますが、医療用医薬品の説明書である添付文書では次のような症状の改善に効果があるとされています。

上気道炎(咽頭炎、喉頭炎)

急性気管支炎

気管支喘息

慢性気管支炎

気管支拡張症

肺結核・慢性副鼻腔炎の排膿

このように様々な症状に効果的なムコダインですが、服用する機会が多い医薬品であるのでその副作用も心配になりますよね。カルボシステインの副作用についても解説していきます。

ムコダインを服用する上での注意点や副作用はある?安全性の高い薬?

ムコダインは副作用が少なく、他の薬やサプリメントとの飲み合わせもほとんど問題が起こらない医薬品の1つなので、用法用量をしっかり守って服用すれば小児やお年寄りなど年齢問わず使用できる安全性の高い薬です。しかし用法用量を守って正しく使用したとしても、どんな薬にも副作用の可能性があるため服用する際は注意が必要です。ムコダインの副作用としては食欲不振、腹痛・下痢があります。

まれに下記のような症状があらわれた場合も副作用の初期症状である可能性があります。

全身がだるく食欲がない、吐き気がする、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる

眼の充血や皮膚・口の周りの発疹や発赤、水ぶくれができる

発熱、喉の痛みなどの粘膜や皮膚症状が起きる

呼吸困難、浮腫、蕁麻疹などのアレルギー

このような症状に気づいた場合はすぐに医薬品を服用するのを中止して医師または薬剤師に相談してください。またこれらの症状以外にも気になる症状があった場合は医師または薬剤師に相談しましょう。

ムコダインは通販で購入可能?

ムコダインの有効成分であるカルボシステインを含有する医薬品は病院などの医療機関で処方される医療用医薬品とドラッグストアなどで購入可能な市販薬に大別され、それぞれ通販の可否が異なります。まずムコダインなど処方薬の場合ですが、医療用医薬品の通販での販売は法律で禁止されていますので、残念ながら通販で購入することはできません。

一方、市販薬の場合は通販での購入が可能です。ドラッグストアや薬局で販売されている市販薬の中でカルボシステインを含有する具体的な商品をいくつか紹介します。

佐藤製薬 ストナ去たんカプセル【第2類医薬品】

杏林製薬 クールワン去たんソフトカプセル【第2類医薬品】

協和薬品工業 スルーロン去たん錠

上記の市販薬の成分はL-カルボシステインとブロムヘキシン塩酸塩が含まれています。

ブロムヘキシン塩酸塩は気道粘液の分泌を促進し、たんを出しやすくする作用があるため、カルボシステインとの相乗効果で去痰作用を発揮します。ただし医療用医薬品と市販薬では配合されている有効成分量など異なる部分もあるので注意してください。医療用医薬品と全く同じ効果を期待することは難しいでしょう。

また医療用医薬品と市販薬の大きな違いの1つとして有効成分の数があげられます。ムコダインなどの医療用医薬品は薬効成分が単独で配合されている場合が多いですが、咳止め薬や総合風邪薬のような市販薬は複数の薬効成分を配合している場合がほとんどです。実際、カルボシステイン単独配合の市販薬は販売されていません。(2020年10月時点)

ムコダインはどこで買えるの?

医療用医薬品の通販は法律で禁止されています。ムコダイン・カルボシステインは医療用医薬品なので通販で購入することはできません。

市販薬でもカルボシステイン単剤のみでは販売されておらず(2020年10月時点)、また、市販薬では配合できる有効成分の上限量が医療用と比較し少なく設定されているため同様の効果を得るのは難しいでしょう。
一部医薬品の個人輸入のようないわゆる「抜け道」もありますが、カルボシステインなど医療用医薬品は正しく使用しないと症状の悪化や副作用リスクなどが高くなってしまう可能性があります。このような安全性を考えると、購入する方法は2つです。

1つが病院を受診し、医師の診察を受けて発行された処方箋を用いて薬局で薬を購入する方法。もう1つが薬剤師の指導・管理のもと保険を使用せず零売で購入する方法です。
実は病院で処方される医療用医薬品の中には、処方箋がなくても購入できるものがあります。

ムコダインを購入するにはどうしたらいい?

ムコダインは「医療用医薬品」に指定されているため、処方箋なしでドラッグストアなどで購入することはできません。

ムコダインを購入するには、医師の診察を受けて処方箋を発行してもらう必要があります。しかし、薬をもらうためだけに病院に行くのは面倒と感じる方もいるのではないでしょうか。

薬をもらうためだけに時間をかけて行きたくない

待ち時間が長いのに診察はすぐに終わる

感染リスクが怖い

このように考えている方は、オンライン診療の利用を検討してみましょう。

オンライン診療とは「病院に行かなくても、スマートフォンやタブレットのカメラを繋いで診察を受けられるサービス」です。

現在感染症拡大を受けての特例措置として、初診でのオンライン診療も可能になっています。オンライン診療アプリSOKUYAKUなら、事前予約をすることで待ち時間なしでおうちで受診できます。
普段の診察や薬にかかる料金に加えてかかるのはサービス利用料の165円(税込)のみ。病院に行く時間や交通費を考えると、お金も時間も浮く方も多いのではないでしょうか。

薬はオンライン服薬指導を受けていただいた後郵送、または送付した処方箋を近くの薬局にお持ちいただき、お受け取りいただくことができます。

通院時間や長い待ち時間なし、スキマ時間で診察を受けてみませんか?
ムコダインはつらい風邪の痰や鼻詰まりに効果的?ジェネリックはある?ムコダインに含まれる成分や効能効果など気になる疑問をまとめて解説のイメージ
この記事が気に入ったら
いいねしよう!
最新記事をお届けします。

オンライン診療アプリ
SOKUYAKUの使い方

  • STEP1

    診療予約

    SOKUYAKUの使い方STEP1
  • STEP2

    オンライン問診

    SOKUYAKUの使い方STEP2
  • STEP3

    オンライン診療

    SOKUYAKUの使い方STEP3
  • STEP4

    オンライン服薬指導

    SOKUYAKUの使い方STEP4
  • STEP5

    おくすり配達

    SOKUYAKUの使い方STEP5

SOKUYAKUメディカルコラム