SOKUYAKUメディカルコラム

ユーザー向け

美容皮膚科でよく処方されるユベラってどんなお薬?ユベラに含まれる成分や効果について解説

2020年12月22日
ユベラ(一般名:トコフェロール)はトコフェロール酢酸エステルという成分が配合されている医療用の医薬品です。医療用の医薬品とはいえその正体はビタミン剤なので体に強く作用する成分が含まれている薬ではなく、体内で必要な量のビタミンを食事などから補給できない時に、不足するビタミンを補給するために使用される薬です。ユベラは錠剤のユベラ錠とふりかけのような顆粒状のユベラ顆粒の2つの剤形がある薬剤です。

ユベラってどんな薬?

ユベラ(一般名:トコフェロール)はトコフェロール酢酸エステルという成分が配合されている医療用の医薬品です。医療用の医薬品とはいえその正体はビタミン剤なので体に強く作用する成分が含まれている薬ではなく、体内で必要な量のビタミンを食事などから補給できない時に、不足するビタミンを補給するために使用される薬です。ユベラは錠剤のユベラ錠とふりかけのような顆粒状のユベラ顆粒の2つの剤形がある薬剤です。
ビタミンは大切という話は様々なところで耳にしますよね。しかしビタミン類が体の中でどのような仕事をしているのか、なぜ大切なのか説明されることは少ないです。ビタミンというのは炭水化物・タンパク質・脂質の3大栄養と違って体のエネルギーになったりすることはありませんが、体内でビタミンが関係しない仕事はないといっても過言ではない程、多くの仕事をサポートしてくれています。そのため病気の方、妊産婦・授乳婦の方は体に通常以上の負担がかかる状態になるのでビタミン消費が多くなります。

このようにビタミン消費が多くなったり、食事等でのビタミン摂取が不足してしまったりする際に医薬品・ビタミン剤としてユベラが使用されています。また肌を紫外線などの刺激から守りにくくなり、シミ・しわができやすくなってしまいます。ユベラの肌に関する効能は後ほど詳しく解説します。このように体内で大切な仕事をするビタミンですが、たくさんの種類があることはよく知られていますね。ではユベラに配合されているビタミンはどのように働くのでしょうか。ユベラの成分について解説していきます。

ユベラにはどんな成分が含まれる?

ユベラに含まれている有効成分はビタミンです。ユベラの有効成分はトコフェロール酢酸エステルでしたね。この成分、一般的にはビタミンEとよばれています。ビタミンは大きく分けて水に溶けやすい水溶性ビタミン、水に溶けにくい脂溶性ビタミンに分けられます。これらの大きな違いは体内に蓄積されやすいかどうかです。水溶性ビタミンは水に溶けやすいので尿中に溶けて、尿と一緒に体内から排出されるので、大量に摂取しても、過剰分は尿中に排泄され、体内に蓄積しにくいのが特徴です。このため一度に大量のビタミンを摂取するのではなく、コンスタントに摂取することが必要です。

一方の脂溶性ビタミンは水に溶けにくく、尿中に排泄されることはありません。そのため大量に摂取してしまうと過剰症を起こしてしまいます。過剰症とは適切な用量を超えた摂取によって本来、体に良い働きをする成分が、体にとって毒となって副作用症状が強くでてしまうことです。ユベラに含まれるビタミンEは脂溶性ビタミンです。健康に良いから積極的に摂取すべきと広く言われているビタミンですが、ビタミンEのような脂溶性ビタミンは過剰症に要注意です。

トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)には紹介しきれないほどたくさんの効能効果があります。代表的な効能効果をいくつか紹介すると以下のような働きがあります。

血液の流れをスムーズにする血行促進作用

ホルモンバランスを整える作用

血管の老化を予防・防止し体内で発生する過酸化脂質の増加をおさえる作用

ビタミンEを摂取すると、血液の流れがスムーズになり、体内のすみずみまで新鮮な酸素と栄養素を届けられるので、血行不良からくる疲れ・肩こりを和らげ、冷えやすい手足などをあたためることができるのです。また強い抗酸化作用があるので肌の状態を整える働きにも期待できます。ユベラの肌に対する効果に注目して解説していきます。

ユベラは肌の悩みに効果的?

肌の悩みは吹き出物や乾燥、赤み、かゆみ、毛穴が目立つ等様々な症状を指します。個人差が大きく、複数の症状が一気に出ている場合もありますよね。原因も日常生活の乱れ、顔を洗う回数や刺激性のある洗浄剤の使用、タオルでの強い摩擦など様々です。このほかにも肌の代謝が落ちたことによるバリア機能の低下も考えられます。ユベラの有効成分であるトコフェロール(ビタミンE)は実際美容皮膚科などで処方されており、若返りのビタミンといわれるほどです。
これほどまでにビタミンEが肌荒れに効果的と言われるのは、肌の細胞を作り出す材料のひとつとなっているためです。これにより肌トラブルの種類や原因によらず、肌の代謝機能があがり、ターンオーバーがしっかり行われ、肌のバリア機能を高めてくれます。1周期後に新しい肌が出てくるときには、今よりキレイな肌が生まれることになります。

さらにビタミンEは強い抗酸化作用が特徴です。肌は紫外線にさらされるだけでもどんどん錆びていきます。肌の細胞膜が酸化してしまうと、シワやシミなどの原因になり、老化を早めてしまいます。ビタミンEはその酸化を抑えて、老化を防止してくれます。同じく抗酸化作用のあるビタミンCと一緒に摂っていただくと互いに相乗効果があり効果的です。

副作用や注意点はある?

ユベラはビタミン製剤ではありますが、医薬品なので副作用のリスクがあるので注意が必要です。通常、成人は1回1〜2錠(主成分として50〜100mg)を1日2〜3回服用しますが、治療を受ける疾患や年齢・症状により用法用量は変化します。必ず指示された服用方法に従ってください。

また主な副作用として、胃不快感、便秘、胃部不快感、下痢、発疹、かゆみなどが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。また、医薬品に限らず継続的に服用している健康食品・サプリメントがある場合、過剰なビタミン摂取や相互作用などの予期せぬ影響を及ぼし、副作用を起こす可能性がありますので、担当の医師または薬剤師に相談してください。

用法用量は医師・薬剤師に指示されたとおりに服用してください。薬の効果を早く出そうと、指示された用量以上の薬を服用する患者様がいらっしゃいますが、先ほどお話ししたとおり、ユベラに含まれる成分は過剰に摂取してしまうと過剰症を引き起こす原因になります。医師・薬剤師の指示に従わず、自身の勝手な判断で服用方法を変えてしまうことは治療の妨げとなってしまうので注意してください。

どうすれば購入できる?

ユベラと全く同じ量のビタミンEを含む商品は市販薬・サプリメントなどを含め、たくさん販売されています。市販で販売されているビタミンEとユベラに含まれているビタミンEが異なるなどといったことはありませんので、市販のサプリメントとして購入することができます。ただし、病院を受診し、医師の処方により発行された処方箋を用いて薬局で薬を購入する方法と比較すると健康保険の使用などはできませんので、薬価は高くなる傾向があります。
長期間服用する場合は価格のみではなく、安全利用の観点からも医師・薬剤師などの専門家の指導のもと、使用することをおすすめします。医師・薬剤師などに薬の管理はしてほしい。しかし診療時間内に病院を受診する時間を作ることが難しい。このような方も多いですよね。実は病院に受診しなくても、薬剤師の指導・管理のもと保険を使用せず病院で処方される医薬品を購入する方法があります。病院で処方される医療用医薬品の中には、医師の処方による処方箋がなくても購入できるものがあります。
これは「零売」(レイバイ)と呼ばれる、医療用医薬品を薬剤師によって対面販売する制度になります。

処方箋なしで購入できる零売について

東京都内で零売を行う健康日本堂調剤薬局赤坂店では、全国処方箋受付も一般の保険調剤薬局と同じように対応しながら医師の処方がなくても購入できる「零売」に対応している全国でも数少ない薬局です。
「速薬アプリ」をダウンロードして、ユベラの購入予約をすれば、あとは店舗で受け取るだけです。ぜひご活用ください。

健康日本堂調剤薬局赤坂店の概要

住所:東京都港区赤坂3-14-3 渡林赤坂ビル1階
TEL:03-5797-8712
FAX:03-5797-8713
営業日・時間:月~金10:00〜19:00 / 土:9:00~17:00
定休日:日・祝
アクセス:東京メトロ千代田線「赤坂駅」から徒歩2分
この記事が気に入ったら
いいねしよう!
最新記事をお届けします。
オンライン診療サービス
SOKUYAKUの使い方
  • STEP1
    診療予約
  • STEP2
    オンライン問診
  • STEP3
    オンライン診療
  • STEP4
    オンライン服薬指導
  • STEP5
    お薬配達

    ※配送時間は当日の配送状況やエリアによって異なります。

    ※配送エリアは23区内、横浜市内、大阪市内になります。順次拡大予定です。

詳しい使い方は動画でチェック

メディカルコラム