SOKUYAKUメディカルコラム
ユーザー向け

乳酸菌を含んでいる医薬品、ビオスリーとは?成分や効果について解説

2022年03月12日
2022年03月12日
乳酸菌を含んでいる医薬品、ビオスリーとは?成分や効果について解説のイメージ
ビオスリーは腸内環境を正常化する作用によって、下痢、軟便、便秘、腹部膨満感などの腹部症状を改善する目的で使用される医療用医薬品です。

ビオスリーのことを止瀉薬(下痢止め)、胃消化薬(胃薬)、便秘薬と思われている方も多くいらっしゃいますが、ビオスリーの下痢・軟便・便秘などの諸症状への作用は間接的な作用であり、ビオスリーの直接的な効能・効果としては腸内細菌の環境を整える整腸効果にとどまり、一般的には整腸薬と薬効分類される医薬品です。

医療用医薬品のビオスリーは錠剤タイプのビオスリー配合錠・ビオスリー配合OD錠(唾液で溶ける錠剤)、粉薬タイプのビオスリー配合散が発売されています。

整腸剤というとビオフェルミンをイメージされる方が多いですよね。

そこでビオスリーに含まれる成分や、ビオフェルミンとの違いについて解説します。

当コラムの掲載記事に関するご注意点

  • 当コラムに掲載されている情報については、執筆される方に対し、事実や根拠に基づく執筆をお願いし、当社にて掲載内容に不適切な表記がないか、確認をしておりますが、医療及び健康管理上の事由など、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。
  • 当コラムにおいて、医療及び健康管理関連の資格を持った方による助言、評価等を掲載する場合がありますが、それらもあくまでその方個人の見解であり、前項同様に内容の正確性や有効性などについて保証できるものではありません。
  • 当コラムにおける情報は、執筆時点の情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。
  • 前各項に関する事項により読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は一切責任も負うものではありません。

ビオスリーとは

ビオスリーは腸内環境を正常化する作用によって、下痢、軟便、便秘、腹部膨満感などの腹部症状を改善する目的で使用される医療用医薬品です。

ビオスリーのことを止瀉薬(下痢止め)、胃消化薬(胃薬)、便秘薬と思われている方も多くいらっしゃいますが、ビオスリーの下痢・軟便・便秘などの諸症状への作用は間接的な作用であり、ビオスリーの直接的な効能・効果としては腸内細菌の環境を整える整腸効果にとどまり、一般的には整腸薬と薬効分類される医薬品です。

医療用医薬品のビオスリーは錠剤タイプのビオスリー配合錠・ビオスリー配合OD錠(唾液で溶ける錠剤)、粉薬タイプのビオスリー配合散が発売されています。

整腸剤というとビオフェルミンをイメージされる方が多いですよね。

そこでビオスリーに含まれる成分や、ビオフェルミンとの違いについて解説します。

ビオスリーに含まれる成分は?

先ほど紹介したように医療用整腸薬のビオスリーはビオスリー配合錠・ビオスリー配合OD錠、ビオスリー配合散の3つの剤形があります。

いずれの製剤も有効成分は乳酸菌・酪酸菌・糖化菌という善玉菌(有用菌)に含まれる細菌です。
ビオスリーに含まれる細菌類はお互いに非常に相性が良く、糖化菌が乳酸菌の増殖を促進し、乳酸菌は酪酸菌の増殖を促進します。

糖化菌自体はサポート役としてその他の善玉菌の増殖を促進させます。

ラクトミン(乳酸菌)は主にヒトや動物の腸管内に存在しており、加えて乳製品・発酵食品などなど一部の食品中にも存在します。

酪酸菌が生成する酪酸は近年注目されている成分で、大腸のエレルギー源となり大腸が正常に働くために大切な菌と考えられています。

それぞれ菌株・働きは異なりますが、整腸剤として腸内環境を整えるという効能・効果に関しては同じような働き方をします。

整腸剤の服用目的は腸内の細菌のバランスを整えることです。

最近よく耳にする言葉だと、腸内フローラを整えるために服用します。

善玉菌と悪玉菌

私たちの腸内には酪酸菌・乳酸菌を含めた多種多様な細菌が生息しており、それらは1000種類1000兆個以上といわれています。

これらの細菌は大きく善玉菌と悪玉菌に分けられます。

悪玉菌が増えることで便秘・軟便・下痢のような症状が発生します。

また悪玉菌が増えると起こる症状は便秘などの消化器症状のみではありません。

腸内環境はエネルギーやビタミンなどの吸収に大きな影響を与えるので全身の健康状態に大きな影響を与えます。

様々な良くない症状の原因となる悪玉菌の増殖を抑える働きをしているのが善玉菌です。

赤ちゃんの腸内は善玉菌でいっぱいの状態ですが、加齢・ストレス・生活習慣など様々な要因・原因によって善玉菌の数は減っていきます。

善玉菌がどのように悪玉菌の増殖を防いでいるのか

善玉菌は乳酸や酢酸と呼ばれる成分を腸内で生産しています。

善玉菌によって生産された乳酸や酢酸が悪玉菌にとっては苦手な成分なので善玉菌を増やして乳酸や酢酸の生産量を増やすことで悪玉菌の増殖を抑えています。

ビオスリーに含まれているラクトミン(乳酸菌)は腸内で乳酸をたくさん生成しますし、酪酸菌は大腸のエネルギー源になり腸が正常に働くようにサポートします。

乳酸菌・酪酸菌のいずれも悪玉菌が生息しにくい腸内環境をつくるように働いています。

このような乳酸菌・酪酸菌・糖化菌の働きによって腸内環境が整うことで具体的にどのような症状が改善されているのか解説します。

ビオスリーはどんな症状に効果的?

先ほど述べたようにビオスリーは善玉菌を増やすことによって腸内フローラ(腸内環境)を整えます。

腸内環境が整えられることによって下痢、軟便、便秘、腹部膨満などの消化器関連の症状を改善します。

また食事などで摂取した食品の栄養素の吸収も腸内で行われるため、腸内環境が整っていることによって貧血の患者様の鉄分の吸収が促進されたり、免疫力に影響を与えたりします。

そのほかにも肥満やうつ病やガンなど様々な病気に対して腸内フローラが影響を与える事がわかってきています。

冒頭に述べたようにビオスリーの直接的な働きは腸内フローラ(腸内環境)を整えることのみですが、腸内環境が整えられたことによって現れる間接的な健康状態の変化は無数にあります。

あなたが感じている体の不調も腸内フローラの改善によって軽減・解消される可能性もあります。

ビオフェルミンとの違いは?

ビオフェルミン、ビオスリー共に整腸作用をもち、どちらの医薬品も広く使用されています。

この2つの薬の特徴の違いはどこにあるのでしょうか。

ビオスリー の働きを基準に、ビオフェルミンとの違いを解説します。

ビオフェルミン錠剤はビフィズス菌、ビオフェルミン配合散はラクトミン(乳酸菌)が主な成分です。

このようにビオフェルミンは錠剤と散剤で有効成分に違いがあります。

ビオフェルミン配合散の乳酸菌はビオスリーにも配合されており、働きは先ほど述べた通りです。

ビオフェルミン配合錠に含まれるビフィズス菌はもともと腸管内に生息している善玉菌の1つです。

ビフィズス菌の働きは乳酸菌と似ています。

乳酸菌が乳酸を生成して悪玉菌の増殖を抑えるように、ビフィズス菌は乳酸と酢酸を生成して同様に悪玉菌の増殖を抑えます。
このように2つの薬の働きに大きな違いはなく、主な違いは配合されている菌の種類です。

ではどのようにこれらの医薬品の使い分けを行うのか気になるかと思いますが、結論としてはケースバイケースです。

先ほど少しふれましたが、腸内には1000種類1000兆個以上の細菌が生息しています。

このため患者様それぞれにどの菌株の服用が症状改善に効果的であるかは服用してみないとわからない部分があります。

薬剤を服用してみて、症状の改善がみられない場合は次の薬を試すというのが一般的な整腸剤の使われ方です。

ビオスリーの使い方のポイント

用法用量としてビオスリー配合剤・ビオスリー配合OD錠は通常、成人は1回1〜2錠を1日3回、ビオスリー配合散は通常、成人は1回0.5〜1gを1日3回服用します。

どちらの薬剤も年齢や症状により用法用量は調整されますので必ず医師または薬剤師に指示された服用方法に従ってください。

また医薬品を服用する際に注意するポイントは以下のとおりです。

薬を飲み忘れた場合は、気がついたときにできるだけ早く1回分を飲んでください。ただし、次の通常飲む時間が近い場合は、忘れた分は飲まないで1回分を飛ばしてください。

誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。

医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

またビオスリー配合錠・ビオスリー配合散は便秘や軟便などの症状が医薬品を服用する際のきっかけになる事が多くあります。

そのため、便秘薬など整腸剤と合わせて服用したい、薬剤を併用したいと思うケースが多くあるかと思いますので、そのような場合、飲み合わせの判断は症状や患者様それぞれの場合によりますので、医師または薬剤師に相談してください。

ビオスリーの注意点や副作用はある?

ビオスリーは大きな副作用が起こるリスクも非常に低く、子供から高齢者まで広い年齢層で使用されている薬です。

副作用として報告されている症状はありません。

製薬メーカーが実施している調査では副作用症状の報告はありませんが、体質によって合う・合わないなどで何かしらの症状が現れる可能性がありますので注意しましょう。

気になる症状があった場合は医師または薬剤師に相談してください。

副作用がなく、安全性が高いとはいってもビオスリーは医療用医薬品なので医師・薬剤師に指示された用法・用量に従って適量を使用してください。

ビオスリーはどうすれば購入できる?

ビオスリーは医療用医薬品なので通販などで購入することはできません。(2020年7月現在)

しかし有効成分としてビオスリーと同じ乳酸菌・酪酸菌・糖化菌を含む市販の医薬品は通販で購入することができますので、ビオスリーを購入したい場合はこれらの市販医薬品の購入をおすすめします。

ビオスリーの市販薬としてはビオスリーHi錠・ビオスリーHが市販薬として販売されており、医療用医薬品のビオスリーと同一の成分を含有しています。

薬価:ビオスリーHi錠42錠¥980、ビオスリーH36包¥1,380

ただし、病院を受診し、医師の処方により発行された処方箋を用いて薬局で薬を購入する方法と比較すると健康保険の使用などはできませんので、価格は高くなる傾向がありますので注意してください。

長期間服用する場合は価格のみではなく、安全利用の観点からも医師・薬剤師などの専門家の指導のもと、使用することをおすすめします。

ビオスリーを購入するにはどうしたらいい?

ビオスリーは「医療用医薬品」に指定されているため、処方箋なしでドラッグストアなどで購入することはできません。

ビオスリーを購入するには、医師の診察を受けて処方箋を発行してもらう必要があります。しかし、薬をもらうためだけに病院に行くのは面倒と感じる方もいるのではないでしょうか。

薬をもらうためだけに時間をかけて行きたくない

待ち時間が長いのに診察はすぐに終わる

感染リスクが怖い

このように考えている方は、オンライン診療の利用を検討してみましょう。

オンライン診療とは「病院に行かなくても、スマートフォンやタブレットのカメラを繋いで診察を受けられるサービス」です。

現在感染症拡大を受けての特例措置として、初診でのオンライン診療も可能になっています。オンライン診療アプリSOKUYAKUなら、事前予約をすることで待ち時間なしでおうちで受診できます。
普段の診察や薬にかかる料金に加えてかかるのはサービス利用料の165円(税込)のみ。病院に行く時間や交通費を考えると、お金も時間も浮く方も多いのではないでしょうか。

薬はオンライン服薬指導を受けていただいた後郵送、または送付した処方箋を近くの薬局にお持ちいただき、お受け取りいただくことができます。

通院時間や長い待ち時間なし、スキマ時間で診察を受けてみませんか?
乳酸菌を含んでいる医薬品、ビオスリーとは?成分や効果について解説のイメージ
この記事が気に入ったら
いいねしよう!
最新記事をお届けします。

オンライン診療アプリ
SOKUYAKUの使い方

  • STEP1

    SOKUYAKUの使い方STEP1

    診療予約

  • STEP2

    SOKUYAKUの使い方STEP2

    オンライン問診

  • STEP3

    SOKUYAKUの使い方STEP3

    オンライン診療

  • STEP4

    SOKUYAKUの使い方STEP4

    オンライン服薬指導

  • STEP5

    SOKUYAKUの使い方STEP5

    おくすり配達

SOKUYAKUメディカルコラム