SOKUYAKUメディカルコラム

ユーザー向け

アレグラ錠(フェキソフェナジン塩酸塩)に含まれている成分や効果、副作用などについて解説

監修薬剤師 小村 稜
2021年08月30日
アレグラ錠(フェキソフェナジン塩酸塩)は、アレルギー性鼻炎や花粉症の症状を抑えるお薬で、他のアレルギー薬と比べて薬を飲んだ時に感じる眠気が少ないという特徴があります。

現在、アレグラ錠の主な成分であるフェキソフェナジンは家庭用医薬品(OTC医薬品)としてドラックストアだけでなくインターネットでも販売されており、病院を受診することなくお薬を購入することができます。この記事では、フェキソフェナジン塩酸塩を成分とするアレグラ錠の効果や副作用だけでなく、お薬を飲む際に特に気をつけるべき点について詳しく解説していきましょう。

アレグラ錠(フェキソフェナジン塩酸塩)とは

アレグラ錠はアレルギーや皮膚のかゆみを抑える薬で、日本では2000年に外資系製薬会社のサノフィが発売を開始しました。販売開始から20年以上が過ぎた現在では薬の特許が切れているため、サノフィ以外の多くの製薬会社がアレグラ錠の有効成分であるフェキソフェナジン塩酸塩の名前でジェネリック医薬品※を販売しています。

アレグラ錠はアレグラ錠30mg、アレグラ錠60mg、アレグラ OD 錠60mgの3種類が販売されています。アレグラ錠30mgは主に小児に使用されます。またOD錠とは口腔内崩壊錠とも呼ばれ唾液や少量の水で溶けるように作られた薬剤のことです。高齢の方や飲み込みが難しい方、水分の摂取に制限がある方にも飲みやすいように製剤の工夫がされたお薬です。錠剤以外ではアレグラドライシロップ5%が販売されています。

※ジェネリック医薬品
先発品(今回の場合であればアレグラ錠)の特許が切れた後に、新薬と同じ有効成分を主成分としている医薬品のことです。効果や安全性については先発品と比較して同等と認められています。

薬に含まれる添加剤などには違いがあるため、人によっては薬の効果に違いを感じる場合があります。現在は「オーソライズド・ジェネリック(AG)」と呼ばれる先発品を販売している会社が認めて、有効成分や添加物だけでなく製造方法についても同一の方法を用いて製造されているものもあります(厳密にはAGのグレードもAG1、AG2、AG3の3つがあり、製造方法や製造技術まで同一なものはAG1のみになっています)。

アレグラ錠(フェキソフェナジン塩酸塩)の成分について

アレグラ錠(フェキソフェナジン塩酸塩)の有効成分は、フェキソフェナジンです。フェキソフェナジンは、医療現場では第2世代の抗ヒスタミン薬と位置づけられ、アレルギーによる鼻炎やかゆみ、蕁麻疹などのアレルギー症状を抑えるために広く使用されるお薬です。

花粉やダニなどアレルギーの原因となるアレルゲンに触れると、体の中では大量のヒスタミンが分泌され、鼻水やかゆみ、蕁麻疹などの症状が出ます。抗ヒスタミン薬とは、その名のとおりヒスタミンの作用をブロックすることでアレルギー症状を抑えることができます。

第2世代の抗ヒスタミン薬が登場する以前の、初期に開発された抗ヒスタミン薬は第1世代の抗ヒスタミン薬と呼ばれ、薬の効果は即効性がある反面、眠気や口の渇き、それ以外にも眠気を感じることがなくても、集中力や判断力、作業能率などの自覚しにくい能力が低下(インペアード・パフォーマンス※)しているといった副作用があります。

そこで、これらの副作用を改善するために試行錯誤が行われて、フェキソフェナジンに代表される眠気や口の渇きなどの副作用が軽減された第2世代の抗ヒスタミンが開発されました。フェキソフェナジンはインペアード・パフローマンスを起こしにくいとされています。薬の副作用は軽減されましたが、くすりの効果が出るまでには少し時間がかかる点があります。

※インペアード・パフォーマンス:眠気のような本人の自覚はないが、気づかないうちに集中力や判断力、作業能率が低下していること。体内で吸収された有効成分が脳に移行することで起こります。

アレグラ錠(フェキソフェナジン塩酸塩)はどんな症状に効果がある?

アレグラ錠(フェキソフェナジン塩酸塩)の有効成分は、フェキソフェナジンです。フェキソフェナジンは、医療現場では第2世代の抗ヒスタミン薬と位置づけられ、アレルギーによる鼻炎やかゆみ、蕁麻疹などのアレルギー症状を抑えるために広く使用されるお薬です。

アレグラ錠(フェキソフェナジン塩酸塩)の用法・用量は?

アレグラ錠30mg・アレグラ錠60mg・アレグラ OD 錠60mg
通常、成人にはフェキソフェナジン塩酸塩として1回60mg を1日2回経口投与する。
通常、7歳以上12歳未満の小児にはフェキソフェナジン塩酸塩として1回30mg を1日2回、 12歳以上の小児にはフェキソフェナジン塩酸塩として1回60mg を1日2回経口投与する。 なお、症状により適宜増減する。

アレグラ錠は継続して服用することで効果が得られるお薬です。おおよそ12時間毎に1日2回服用するようにしましょう。食事の影響を受けませんので、空腹時の服用も可能です。

アレグラ錠(フェキソフェナジン塩酸塩)の副作用

アレグラ錠は比較的安全性が高いお薬で、発現の頻度の高い副作用としては、頭痛、眠気、嘔気などが挙げられます。服用する上で注意が必要となる重大な副作用としては「ショック、アナフィラキシー」「肝機能障害、黄疸」「無顆粒球症、白血球減少、好中球減少」の報告があります。重大な副作用は、投与を中止し適切な処置を行う必要があります。早期に発見するために重大な副作用の初期症状をご確認ください。

「ショック、アナフィラキシー」
初期症状として呼吸困難、血圧低下、意識消失、血管浮腫、胸痛、潮紅などが挙げられます。

「肝機能障害、黄疸」
初期症状として全身倦怠感、発熱、食欲不振、腹痛、肝腫大、腹部不快感、そう痒感、褐色尿などが挙げられます。

「無顆粒球症、白血球減少、好中球減少」
初期症状として発熱、咽頭痛などが挙げられます。

アレグラ錠(フェキソフェナジン塩酸塩)に関する注意点

アレグラ錠を花粉症等の季節性アレルギーを防ぐ目的で服用する場合は、花粉症であれば花粉が飛び始める直前から終了するまで服用を続けるようにしましょう。花粉症等の季節性アレルギー症状に毎年悩んでいる方は、アレルギーが発現するより以前に受診することをおすすめします。服用を継続していてもアレルギー症状が改善されない場合は医師、または薬剤師に相談しましょう。

アレグラ錠は制酸剤(水酸化アルミニウ ム・水酸化マグネシウム含有 製剤)やエリスロシン錠(エリスロマイシン)と一緒に服用すると作用に影響が出る薬があります。他にお薬をお飲みの場合は医師、または薬剤師に相談しましょう。

高齢者や妊産婦、低出生体重児、新生児、乳児、幼児への投与は注意が必要とされています。医師の指示の下に服用するようにしましょう。授乳婦への投与は乳汁へお薬が移行するため避けましょう。

アレグラ錠(フェキソフェナジン塩酸塩)と同じ成分のOTC医薬品(市販薬)はある?

アレグラ錠は医療用医薬品の有効成分をそのままにOTC医薬品として販売されています。このように医療用医薬品を一般用医薬品へ転用した(スイッチした)医薬品のことをスイッチOTC※1(OTC:Over The Counter)といいます。OTC医薬品は商品名を「アレグラFX」、「アレグラFX ジュニア」として久光製薬株式会社より販売されています。

これらはアレルギー専用鼻炎薬として、鼻みず、鼻づまり、くしゃみなどの鼻のアレルギー症状緩和を目的としています。医療用医薬品のアレグラ錠とは異なりアレルギー専用鼻炎薬として販売されており、蕁麻疹や皮膚疾患の改善の目的では販売されていませんのでご注意ください。「アレグラFX」、「アレグラFX ジュニア」は第2類医薬品に分類され、セルフメディケーション税制※2 対象商品です。薬剤師または登録販売者のいる薬局やドラッグストアで購入することが可能です。

※1:スイッチOTC:医療用医薬品として長い間使われた実績があり、お薬としての有効性が確立され、比較的安全性が高い成分を、OTC医薬品として販売しています。
※2:セルフメディケーション税制:2017年より開始したセルフメディケーション推進を目的に作られた税控除制度です。定期検診などを受けてる人が対象となるOTC薬を年間1万2千円以上購入した場合に所得控除を受けることができます。
参考資料
・アレグラ錠30mg/アレグラ錠60mg/アレグラOD錠60mg|添付文書
・AG とジェネリック、正しく理解して使おう|No.49(2020年9月)Towa Communication Plaza
・アレルギー性鼻炎治療における抗ヒスタミン薬の 最近の話題 総 説|日耳鼻123: 24-29,2020
・アレルギー専用鼻炎薬 アレグラFX|久光製薬株式会社
・小中学生用(7~14才用)アレルギー専用鼻炎薬「アレグラFXジュニア」|Hisamitsu
・税制について|知ってトクする セルフメディケーション税制|日本一般用医薬品連合会
この記事が気に入ったら
いいねしよう!
最新記事をお届けします。
監修薬剤師 小村 稜
医療編集プロダクションMEDW代表
Webディレクター / 薬剤師

今後の医療に変化をもたらすために、デジタルチーム医療を発足。
「メディアから医療を支える」をミッションに活動している
オンライン診療サービス
SOKUYAKUの使い方
  • STEP1
    診療予約
  • STEP2
    オンライン問診
  • STEP3
    オンライン診療
  • STEP4
    オンライン服薬指導
  • STEP5
    お薬配達

    ※配送時間は当日の配送状況やエリアによって異なります。

    ※配送エリアは23区内、横浜市内、大阪市内になります。順次拡大予定です。

詳しい使い方は動画でチェック

メディカルコラム