SOKUYAKUメディカルコラム
  1. トップページ
  2. メディカルコラム
  3. 医薬品
  4. つらい花粉症に!効果の強いアレロックのジェネリックであるオロパタジンの成分や効果について解説!アレロックとの違いは?市販で購入できる?
医薬品

つらい花粉症に!効果の強いアレロックのジェネリックであるオロパタジンの成分や効果について解説!アレロックとの違いは?市販で購入できる?

2020年12月22日
オロパタジンとは、抗ヒスタミン薬「アレロック」のジェネリック医薬品で、オロパタジン塩酸塩を有効成分とする第2世代の抗ヒスタミン剤です。沢井製薬、東和薬品、日医工、ファイザーなど多くの製薬メーカーから発売されています。剤形も、一般的な錠剤から、OD錠、ドライシロップのほか、ジェネリック医薬品ならではのODフィルムという剤形もあります。OD錠及びODフィルムのODとはOrally Disitegrationの略称で、口腔内崩壊錠をいいます。
口腔内崩壊錠(OD錠及びODフィルム)はその名の通り口の中で唾液で溶かすことが可能な薬であるため、水がすぐに用意できない時にも服用できますし、少量の水で服用することもできます。錠剤が苦手なお子様や、唾液分泌の少なくなった高齢者でもやさしく、服用しやすい剤形です。

オロパタジンとは?

オロパタジンとは、抗ヒスタミン薬「アレロック」のジェネリック医薬品で、オロパタジン塩酸塩を有効成分とする第2世代の抗ヒスタミン剤です。沢井製薬、東和薬品、日医工、ファイザーなど多くの製薬メーカーから発売されています。剤形も、一般的な錠剤から、OD錠、ドライシロップのほか、ジェネリック医薬品ならではのODフィルムという剤形もあります。OD錠及びODフィルムのODとはOrally Disitegrationの略称で、口腔内崩壊錠をいいます。
口腔内崩壊錠(OD錠及びODフィルム)はその名の通り口の中で唾液で溶かすことが可能な薬であるため、水がすぐに用意できない時にも服用できますし、少量の水で服用することもできます。錠剤が苦手なお子様や、唾液分泌の少なくなった高齢者でもやさしく、服用しやすい剤形です。

オロパタジンは、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどアレルギー性鼻炎をはじめとしたアレルギーによる症状や、蕁麻疹、湿疹、発疹など皮膚疾患に伴うかゆみの治療にも用いられます。その他、オロパタジンには点眼薬もあり、パタノール点眼という商品名で販売されています。花粉症による目のかゆみをはじめ、アレルギー性の目のかゆみによく処方されるお薬です。なお、パタノール点眼にはジェネリック医薬品がありませんので、原則、病院などを受診し、処方箋の発行が必要です。

国民病の1つとされる花粉症の患者は増加しており、厚労省によると全国の有病率は20%を超えるとの報告もあります。また近年では花粉症発症年齢が低下してきており、小児の花粉症も増えてきています。鼻水や鼻づまりなどの鼻炎症状は、生活の質(QOL)を著しく低下させるため、多くの方がオロパタジン などの処方薬を服用しています。オロパタジンは、小児から成人まで広く多くの方に処方され服用されているアレルギーのお薬で、用法用量を守って使用すれば比較的安全なお薬とも言えます。医師または薬剤師にご相談の上、指示にしたがって正しく服用してください。

オロパタジンにはどんな成分が含まれる?

オロパタジンは、第2世代の抗ヒスタミン剤「オロパタジン塩酸塩」が配合されているお薬です。オロパタジン塩酸塩は、鼻粘膜のヒスタミンを減少させ、抗アレルギー作用を示すことにより、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの鼻症状を改善し、また、肥満細胞の膜安定化作用によりヒスタミンの遊離を抑制することで、かゆみなどの皮膚症状や目の症状に効果があります。抗ヒスタミン剤の副作用として有名なのは眠気ですが、これは脳内のヒスタミン受容体にも作用してしまうために起こる副作用です。

アレロックとの違いは?

オロパタジンはアレロックのジェネリック医薬品であり、有効成分はどちらもオロパタジン塩酸塩で同じお薬です。有効成分が同じなのでどちらも同じようにアレルギー性鼻炎やかゆみなどの皮膚症状など、アレルギー症状に効果がある薬です。
一方、両者で異なるのは薬価(薬の価格)です。ジェネリック医薬品は、開発費用が抑えられているため、先発医薬品よりも安くお手頃に購入することができます。
ジェネリック医薬品と聞くと安価で良いイメージを持たれないことがありますが、効能効果は同じですし、国も認めている医薬品が販売されていますので安心してお使いいただけます。

参考までに、薬価(2020年現在)を比べてみます。アレロック錠5mgは1錠41.20円、ジェネリック医薬品だと13.80円であり、その差27.40円です。1錠あたりを考えると大した金額ではありません。しかし、ひどい花粉症をお持ちの場合、花粉が飛び始める前の1月から、6月ごろまで服用する方もいます。この場合、アレロックを180日間、1日2錠服用したとすると、その総額14,832円となります。しかしジェネリックだと4,968円です。アレルギー性鼻炎に使われるお薬は比較的安価なものが多いですが、服用期間が長期になる場合は、1錠では小さな金額差でも、長期で服用する場合は大きな金額差になります。
ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ効果効能で、先発医薬品より安価であるため、費用対効果に優れた医療用医薬品です。お薬を選ぶ際は、価格も選ぶ基準に加えてはいかがでしょうか。

花粉症薬第何世代?オロパタジンの強さは?

オロパタジンは抗アレルギー薬第2世代です。抗ヒスタミン薬は、発売された年代によって第1世代と第2世代に分けられ、第2世代は第1世代に比べて眠気などの副作用が起こりにくいとされていますが、オロパタジンは個人差があるものの、 眠気が出やすいので注意が必要です。
第2世代の抗ヒスタミン薬は、アレロック(オロパタジン)の他に、アレグラ、ザイザル、クラリチン、タリオン、アレジオンなどがあり、さらに近年、ビラノア、デザレックス、ルパフィン、アレサガが発売されています。そのほとんどが病院などから処方される処方薬で、鼻炎などのアレルギー症状があるときや、風邪で鼻水や鼻づまりの症状、点眼薬であれば目のかゆみに対して処方されています。オロパタジン ではない他のお薬の効き目が不十分なためにオロパタジンに切り替える人もいるので、割と効き目の強い印象があります。

市販薬はある?

アレロック及びオロパタジン塩酸塩錠には一般用医薬品として発売されている商品はなく、通販はできないため、原則、医師の処方箋が必要な処方薬です。また、オロパタジンと同じ有効成分を配合した市販薬も現在のところありません。ただし、零売と呼ばれる販売方法があり、薬剤師から直接購入することが可能な薬局もあります。
なお、同じ第2世代の抗ヒスタミン薬であるアレグラ(有効成分フェキソフェナジン塩酸塩)やクラリチン(有効成分ロラタジン塩酸塩)、アレジオン(有効成分エピナスチン塩酸塩)には市販薬があり、amazonや街のドラッグストアなど市販で購入でき、鼻炎のセルフメディケーションとして活用されています。また、オロパタジン を含有する点眼薬も市販にはないので、目のかゆみがある時は点眼薬も一緒に処方してもらう必要があります。

オロパタジンの服用方法は?

アレロックのジェネリック医薬品「オロパタジン塩酸塩錠」の服用方法は、添付文書によると、成人の場合、オロパタジン塩酸塩として1回5mgを朝と就寝前の1日2回服用します。症状・年齢により用法用量が変化する場合がありますが、その際は医師または薬剤師に指示された用法に従って服用してください。自己判断で服用量を調節すると、思わぬ事故や副作用の原因となることがあります。

副作用や注意点はある?眠気は強い?

副作用

オロパタジンに特徴的な副作用はありませんが、眠気には注意が必要なため、オロパタジンを服用中の方は、自動車の運転など危険を伴う機械の操作には従事しないようにしましょう。体質や、風邪などでその日の体調が悪化している時は眠気を感じる可能性がありますので注意してください。添付文書によると、その他に起こりやすい副作用として、倦怠感や口渇、頭痛・頭重感などの副作用が起きる可能性があります。重大な副作用としては劇症肝炎、肝機能障害、黄疸(頻度不明)などが報告されています。このような症状に気づいたら、お薬の服用はすぐに中止し、担当の医師または薬剤師に相談してください。

注意点

長期にわたって服用する場合は、病院などの医療機関で定期的に血液検査を受けましょう。その他、まれにアレロックおよびそのジェネリック医薬品であるオロパタジンの有効成分であるオロパタジン塩酸塩の成分自体にアレルギー症状が出る方、もしくはオロパタジン塩酸塩に対して過敏症をお持ちの方がいらっしゃいます。薬効成分にアレルギーをお持ちで、皮膚に蕁麻疹などの症状が出る方はこのお薬を服用することはできません。

また、高齢者や、その他疾患で腎機能や肝機能が低下している方が成人の通常量を使用すると副作用が発現しやすいため医師、薬剤師の指示の元で使用してください。なお、飲酒により効果がより強く感じられる場合がありますので、飲酒時の服用には注意が必要です。アレロック及びオロパタジンを使用しても効果が認められない場合には、漫然と長期にわたり服用を続けず、医師、薬剤師に相談してください。安全なお薬として広く利用されているからこそ必要な注意として重複服用があります。

例えば病院でオロパタジンが処方されているにもかかわらず、他の病院でもアレロックを処方され服用してしまうなどです。特に花粉症などで長期間アレロック、オロパタジンを服用する方は要注意です。アレルギーの症状以外でも風邪などで病院を受診した際に処方される場合もありますので注意しましょう。飲み合わせなどに注意が必要な薬も少ないのですが、医師または薬剤師の指示にしたがって使用していただくことで安全に治療を行うことができます。

どうすれば購入できる?

アレロック及びオロパタジン塩酸塩錠を薬局で手に入れるためには、病院やクリニックなどの医療機関に受診し、医師の診察後、処方せんを出してもらう必要があります。アレグラやクラリチンのように市販薬がamazonなどにあればいいのですが、アレロック及びオロパタジン塩酸塩錠に市販薬はありません。ですので、病院の受診が必要になるのですが、忙しくてなかなか受診できないという方は「零売」という方法で購入が可能です。
零売はもともと小売りや分割販売という意味があり、一部の医療用医薬品を処方箋なしで購入することができます。医療用の医薬品にはあっても市販のお薬にはないものが購入できます。アレロック及びオロパタジン塩酸塩錠は、非処方箋医薬品であるため零売が可能です。非処方箋医薬品は、医師の処方箋が絶対必要である「処方箋医薬品」より効き目が弱くなっているとか、副作用が少ないということでは決してありません。したがって、使用する上では用法用量を守って使用してください。

零売は薬剤師によるカウンセリングが必要であり、基本的に自分の症状を把握している場合に必要最低限の量のお薬を購入することが可能になります。零売を行う薬局は全国でもごく限られた薬局のみですが、その中でも2019年に赤坂に第1号店をオープンさせた「健康日本堂調剤薬局赤坂店」は、零売をはじめ、全国の病院の処方箋受付(院外処方)、漢方薬の調剤、サプリメントの販売と、医薬品に関する様々なニーズに対応した薬局です。ただし、医療用医薬品は医師の処方せんに基づく薬剤の交付が原則であるため、健康日本堂調剤薬局赤坂店では、購入者に「零売を正しく認識していただく」、「お薬を安心して服用していただく」ために、次のことを実践しています。

医療機関への受診を推奨している

使用は本人のみとしている

お薬によってご購入できる量を制限させていただくことがある

ほかに飲んでいるお薬がある

カウンセリングを行っている

定められた用法用量を守っていただくようお薬の説明を行っている。なお、薬剤師によるカウンセリングを受ける際には、お薬手帳や処方されている医療用医薬品の説明書を持参するとスムーズです。そうすることで、使用中の医薬品情報を明確に示せるほか、自分の体調やお薬に関する相談がしやすくなります。

処方箋なしで購入できる零売について

東京都内で零売を行う健康日本堂調剤薬局赤坂店では、全国処方箋受付も一般の保険調剤薬局と同じように対応しながら処方箋がなくても購入できる「零売」に対応している全国でも数少ない薬局です。

健康日本堂調剤薬局赤坂店の概要

住所:東京都港区赤坂3-14-3 渡林赤坂ビル1階
TEL:0120-060-203
FAX:03-5797-8713
営業日・時間:月~金10:00〜19:00 / 土:9:00~17:00
定休日:日・祝
アクセス:東京メトロ千代田線「赤坂駅」から徒歩2分
この記事が気に入ったら
いいねしよう!
最新記事をお届けします。
オンライン診療サービス
SOKUYAKUの使い方
  • STEP1
    病院検索・予約
    病院を検索して
    オンライン診療を予約
  • STEP2
    オンライン診療
    予約した日時で
    ビデオ通話による受診
  • STEP3
    オンライン薬局
    薬剤師がビデオ通話で
    薬の説明を行います
  • STEP4
    お薬配達
    薬局からお薬を発送
    首都圏なら最短翌日到着
病院検索・オンライン診療は
2020年年末にリリース予定です
メディカルコラム